東武ワールドスクウェア駅

日本の栃木県日光市にある東武鉄道の駅

東武ワールドスクウェア駅(とうぶワールドスクウェアえき)は、栃木県日光市鬼怒川温泉大原にある、東武鉄道鬼怒川線である[2]。駅番号はTN 55

東武ワールドスクウェア駅
170825 Tobu World Square Station Nikko Japan02n.jpg
駅舎(2017年8月25日)
とうぶワールドスクウェア
TOBU WORLD SQUARE
TN 54 小佐越 (0.7km)
(1.8km) 鬼怒川温泉 TN 56
所在地 栃木県日光市鬼怒川温泉大原334-10[1]
駅番号 TN55
所属事業者 東武鉄道
所属路線 鬼怒川線
キロ程 10.6km(下今市起点)
電報略号 スク
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[1]
乗降人員
-統計年度-
438人/日
-2018年-
開業年月日 2017年平成29年)7月22日[2]
テンプレートを表示

概要編集

東武鉄道の子会社が運営するミニチュアパーク東武ワールドスクウェアのメインゲートから徒歩1分の位置に2017年7月22日に開業した。

開業当初は、東武ワールドスクウェアの営業時間帯にあたる、日中(9時台 - 18時台)に経由する全列車が停車する一方、朝間・夜間は普通も含めすべて通過していた。JR線直通特急「きぬがわ」は日中時間帯運行ながら通過していたが、2018年3月17日のダイヤ改正より停車するようになった。その後、2020年6月6日のダイヤ改正より、全時間帯の列車が停車するようになった。

当駅開業前、東武ワールドスクウェアは東武鬼怒川線の線路沿いにありながら駅がなく、小佐越駅から徒歩8分もしくは鬼怒川温泉駅からバスを利用する必要があり、鉄道からのアクセスが不便な状況であった。そこで交通利便性を向上させ、観光地としての回遊性を高めるために、メインゲートから徒歩1分の場所に当駅が設置されることになった[1]

また、当駅は鬼怒川温泉郷の南端に位置することから、当駅が最寄駅となるホテルへのアクセス向上も期待されている[3]

とうきょうスカイツリー駅同様、案内上の当駅の英語表記は「TOBU WORLD SQUARE」と、全て大文字で表記される。

歴史編集

東武鉄道の駅開業は2005年(平成17年)開業の流山おおたかの森駅以来12年ぶりであり、また鬼怒川線では1939年(昭和14年)の鬼怒川公園駅以来78年ぶり。

東武グループの「東武」と冠するレジャー施設が駅名になるのは東武動物公園駅に次いで2駅目であるが、東武動物公園開園に伴って杉戸駅から改称されたものであり、開業当初から施設名を冠するのは当駅が初となる。

2019年(平成31年)3月15日までは、当駅の運賃計算は、隣駅の小佐越駅発着の運賃と同額としていた(IC乗車券も同様)。ただし、当駅 - 鬼怒川公園駅をきっぷで利用する場合に限り、同区間の実際の営業キロの運賃となっていたが、IC乗車券利用の場合、小佐越駅発着の運賃となっていた[2]。このため、小佐越駅⇔当駅間のみを乗車する場合、IC乗車券のシステムの関係上、IC乗車券では2区の運賃になってしまう為、乗車券を購入して利用することになっていた。この取り扱いは翌16日に廃止された[6]

駅構造編集

地上駅で、ホームは単式ホーム1面1線[1]。鬼怒川線で唯一交換設備のない棒線駅である。ホームは1面しかないが、「1番線」の表記がある(これは大師前駅葛生駅も同様である)。駅舎の位置はホームの鬼怒川温泉寄りにある[3]自動改札機はなく、PASMO簡易改札機および乗降車駅証明書発行機が設置されている。乗車券・特急券・「SL大樹」座席指定券は、東武ワールドスクウェア入園券うりばの専用ブースで発売する。

開業日から、東武ワールドスクウェアのテーマソングをアレンジした発車メロディ・接近メロディが使用されている。発車メロディは鬼怒川温泉駅で使用されているものの短縮バージョン、接近メロディは当駅のみのアレンジバージョンである。

番線 路線 方向 行先
1   鬼怒川線 下り 鬼怒川温泉方面
上り 下今市方面

利用状況編集

2018年度の1日平均乗降人員438人である[7]

ギャラリー編集

駅周辺編集

バス路線編集

 
自由ヶ丘バス停
  • 駅前の同じ場所に2つの名前のバス停留所が併設されている。
    • 「自由ヶ丘」(日光交通
      • 日光江戸村線 日光江戸村行き、鬼怒川温泉駅行き(※急行便あり)
      • 鬼怒川線 獨協医大日光医療センター・今市駅下今市駅ゆき、鬼怒川温泉駅・鬼怒川公園駅行き(※終バスのみ東武ワールドスクウェア園内へ入らない)
    • 「東武ワールドスクウェア駅」(東武バス日光京浜急行バス
  • (参考)東武ワールドスクウェア園内に、東北急行バスの高速バス 東京駅 - 日光・鬼怒川線が発着している。

隣の駅編集

東武鉄道
  鬼怒川線
快速「AIZUマウントエクスプレス」・区間急行・普通
小佐越駅 (TN 54) - 東武ワールドスクウェア駅 (TN 55) - (鬼怒立岩信号場) - 鬼怒川温泉駅 (TN 56)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e “日光・鬼怒川地区の回遊性・利便性向上を目指して 2017年夏 東武鬼怒川線に新駅「東武ワールドスクウェア」を開業します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東武鉄道, (2016年11月25日), オリジナルの2018年7月29日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180729111852/http://www.tobu.co.jp/file/pdf/f883e7037e77959c7e4757af67657502/161125.pdf?date=20161125131020 2020年6月9日閲覧。 
  2. ^ a b c d “観光拠点として利便性を高め、日光・鬼怒川地区の更なる活性化を目指します! 東武鬼怒川線 新駅「東武ワールドスクウェア」の開業日を7月22日(土)に決定しました! 〜特急列車やSL「大樹」も停車します〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東武鉄道, (2017年2月28日), オリジナルの2019年8月3日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190803062852/http://www.tobu.co.jp/file/pdf/79c334dda9506eee8dc5a17f5b07168c/170228_3.pdf?date=20170228191107 2020年6月9日閲覧。 
  3. ^ a b 特急やSLは止まる? 駅舎の向きは? 東武ワールドスクウェア駅周辺の声”. レスポンス (2017年1月30日). 2017年2月15日閲覧。
  4. ^ “日光・鬼怒川エリアの回遊性と利便性向上を目指して 東武・JR相互直通特急「きぬがわ4号」「きぬがわ5号」も新たに「東武ワールドスクウェア駅」に停車します!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東武鉄道, (2017年12月15日), オリジナルの2019年10月14日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191014150918/http://www.tobu.co.jp/file/pdf/1c65126f7fc9eacb8cd3480574adf071/171215_2.pdf?date=20171215115454 2020年6月9日閲覧。 
  5. ^ “2020年6月6日(土)ダイヤ改正を実施! 東武スカイツリーライン・伊勢崎線・日光線・東武アーバンパークライン【特急列車・THライナー・SL大樹概要が決定】” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東武鉄道, (2020年2月25日), オリジナルの2020年6月6日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200606173654/https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/releases/1748d4629b95c74a8661b243af941bda_200225_3%20.pdf 2020年6月9日閲覧。 
  6. ^ 割引運賃の廃止について (PDF)” (日本語). 東武鉄道. 2019年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月9日閲覧。
  7. ^ 駅情報(乗降人員) | 企業情報 | 東武鉄道ポータルサイト 2019年3月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集