メインメニューを開く

今市駅

日本の栃木県日光市にある東日本旅客鉄道の駅

今市駅(いまいちえき)は、栃木県日光市平ケ崎にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)日光線である。

今市駅
駅舎(2014年7月)
駅舎(2014年7月)
いまいち
Imaichi
下野大沢 (5.7km)
(6.6km) 日光
所在地 栃木県日光市平ケ崎67
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 日光線
キロ程 33.9km(宇都宮起点)
電報略号 イマ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
1,161人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1890年明治23年)6月1日
備考 業務委託駅
テンプレートを表示
ホームより宇都宮駅方面を望む(2007年2月)
ホームより宇都宮駅方面を望む(2007年2月)
跨線橋上より日光駅方面を望む。遠景は日光連山。(2007年2月)
跨線橋上より日光駅方面を望む。遠景は日光連山。(2007年2月)

目次

歴史編集

駅構造編集

島式ホーム1面2線の地上駅である。2013年秋より駅舎のリニューアル工事が行われており、11月に仮設の駅舎が設置された。

JR東日本ステーションサービスが業務を受託する業務委託駅で、簡易Suica改札機設置駅。みどりの窓口は2014年2月28日をもって営業を終了し、翌日から代替として指定席券売機が新設された(通学定期券の新規購入、学生や株主優待などの割引、寝台券などは日光駅のみどりの窓口が最寄)。

のりば編集

番線 路線 方向 行先 備考
1 日光線 上り 鹿沼宇都宮方面  
下り 日光方面 通常はこのホーム
2 行違い時のみ

(出典:JR東日本:駅構内図

1番線を上下主本線とした一線スルーとなっている。

利用状況編集

JR東日本によると、2018年度(平成29年度)の1日平均乗車人員1,161人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 1,581 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 1,543 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 1,545 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 1,528 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 1,474 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 1,423 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 1,340 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 1,295 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 1,278 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 1,241 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 1,233 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 1,163 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 1,170 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 1,187 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 1,116 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 1,149 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 1,113 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 1,165 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 1,161 [利用客数 1]

駅周辺編集

路線バス編集

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行事業者 備考
  鬼怒川線 大谷向駅前、新高徳駅鬼怒川温泉駅 鬼怒川公園駅 日光交通
  下今市駅
下今市線 今市警察署前、ゴルフ場前、東武日光駅 JR日光駅 日光市営バス
小百線 大谷向、小百 穴沢
大渡線 大谷向駅前、芹沼本田 大渡
温泉線 東武下今市駅前、今市中学校前、今市工業高校前、大室公民館前 温泉保養センター
下野大沢線 東武下今市駅前、日光市役所前、土沢十文字、大沢地区センター JR下野大沢駅
下野大沢線 上今市 今市車庫
下今市線   下今市駅
小百線、大渡線 東武下今市駅前 日光市役所前
温泉線   日光市役所前
小来川地区デマンドバス    

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
日光線
下野大沢駅 - 今市駅 - 日光駅

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

  1. ^ “日光、烏山線6駅舎完成 JR東日本”.下野新聞(下野新聞社). (2014年3月14日)

利用状況編集

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月21日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集