メインメニューを開く

天神橋 (大阪市)

大阪市、堂島川と土佐堀川に架かる橋
日本 > 大阪府 > 大阪市 > 北区 > 天神橋

天神橋(てんじんばし)は、大阪府大阪市大川に架けられた。また同市北区町名

天神橋
天神橋(2014年6月)
基本情報
日本の旗 日本
所在地

大阪市北区天神橋)-大阪市中央区北浜東)間

交差物件 大川堂島川土佐堀川
建設 1934年昭和9年)
構造諸元
形式 アーチ橋
全長 210.70m
22.00m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
天神橋
天神橋筋商店街
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 大阪府
市町村 大阪市
北区
人口
2016年(平成28年)9月30日現在)
 • 合計 9,733人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
530-0041

現行行政地名は天神橋一丁目から八丁目まで。2016年平成28年)9月30日現在の人口は9,733人、世帯数は6,191世帯[1]郵便番号は〒530-0041(一丁目 - 六丁目)及び〒531-0041(七丁目、八丁目)。

目次

天神橋(橋梁)編集

天神橋(てんじんばし)は、大川に架かる天神橋筋(大阪市道天神橋天王寺線)ので、大阪市北区天神橋1丁目と大阪市中央区北浜東の間を結んでいる。車道は全線南行き一方通行となる。

1594年文禄3年)の架橋とされ、当初は大阪天満宮が管理していたが、1634年寛永11年)に他の主要橋とともに幕府が管理する公儀橋となった。難波橋天満橋と共に浪華三大橋と称され、真ん中に位置する。

浪華三大橋の中で全長が最も長い。また、1832年天保3年)の天神祭において、橋上からだんじりが大川へ転落して溺死者13名を出す事故があり、「天神橋長いな、落ちたらこわいな」と童歌に歌われた。

明治初期までは木橋だったが、1885年明治18年)の淀川大洪水により流失。1888年(明治21年)にドイツ製の部材を主に用い鋼製のトラス橋として架け替えられた。先述の童歌からもわかるように、天神橋の下に陸地はなかったが、1921年大正10年)以降、大川の浚渫で出た土砂埋め立てによりさらに上流へ拡張された中之島公園を跨ぐようになった。1934年昭和9年)には松屋町筋の拡幅に合わせて、ほぼ現在の形である全長219.7メートルの3連アーチ橋となった。鉄橋の橋名飾板は、現在天神橋北詰に保存されている。

天神橋南詰には、天神橋交差点があり、ここより北を天神橋筋、南を松屋町筋という。大阪シティバスの天神橋停留所もここにある。

地図編集

天神橋(町名)編集

南は天神橋北詰から北は長柄橋南詰まで天神橋筋に沿った南北約3kmの細長い町で、日本一長い商店街として知られる天神橋筋商店街がある。南から北へ順に1丁目から8丁目まであり、ターミナルとして発展した6丁目は特に天六(てんろく)と通称される。なお、天六と同様の通称を他の丁目も商店街などが使用しているが、あまり浸透していない。

町名の変遷編集

  • 1872年(明治5年) 大阪北大組(のちの北区)天満10丁目・摂津国町・夫婦町・池田町の全域および宮之前町・天神筋町・又次郎町・綿屋町の各一部が天神橋筋1 - 4丁目となる。
  • 1900年(明治33年) 北区西成川崎の一部が天神橋筋5 - 6丁目となる。
  • 1927年(昭和2年) 東淀川区川崎町・本庄町・北長柄町の各一部が天神橋筋7 - 9丁目となる。
  • 1943年(昭和18年) 北区天神橋筋6丁目の都島通以北および東淀川区天神橋筋7 - 9丁目が大淀区へ転属となり、大淀区天神橋筋6 - 9丁目となる。
  • 1977年(昭和52年) 大淀区側が天神橋に改称。6丁目が7丁目に、9丁目が8丁目にそれぞれ編入されて、大淀区天神橋7 - 8丁目となる。
  • 1978年(昭和53年) 北区側が天神橋に改称。北区天神橋1 - 6丁目となる。
  • 1989年平成元年) 北区(旧)と大淀区の合区により、全域北区(新)へ転属。

主な施設編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集