メインメニューを開く

松山エクスプレス号(まつやまエクスプレスごう)は、京都市大阪市神戸市徳島県阿波市美馬市東みよし町愛媛県四国中央市東温市松山市内子町大洲市八幡浜市を結ぶ高速バスである。全便座席指定制のため、乗車には予約が必要。

1号~18号は昼行便、19号と20号は夜行便である。便名コードは410xx

バスの乗車券はチケットセンター、コンビニ(ローソンファミリーマートなど)、旅行会社で事前に購入する。電話・インターネットで予約ができる。

目次

運行会社編集

停車停留所編集

※括弧内の数字は駅コード

京都駅 (18) - 大阪駅JR高速BT (17) - 湊町BT (OCAT) (16) - 三宮BT (15) - 高速舞子 (14) - 土成BS (12) - 脇町BS (11) - 三好BS (10) - 三島川之江IC - 川内IC (09)- 松山インター口 (08) - 大街道 (07) - 松山駅 (06) - JR松山支店 (05) - 内子駅 (04) - 伊予大洲駅 (03) - 八幡浜駅 (02) - 八幡浜港(01)

  • 京都駅および八幡浜に発着するのは夜行便の19・20号。なお、松山自動車道の松山IC以西は暫定2車線区間のため、工事のため夜間通行止めになるときがあり、そのときは八幡浜港 - 松山駅間が運休となる。
  • 高速舞子には、下りは5・7・9号のみが、上りは20号(夜行便)を除く全便が停車する。
  • 脇町BS、三好BS、土成BSには下り9号・15号・17号、上り2号・6号・10号のみ停車する。
  • 昼行便では室津PA吉野川SAで休憩を取る。なお、夜行便では乗客が外に出る休憩はない。
  • 夜行便は、松山支店で乗務員が交代する。八幡浜行きのみ実施、<2号車は、松山支店止まり>[1]

運行回数編集

  • 1日10往復。
    • 昼行便:1日9往復(大阪・神戸 - 松山)
    • 夜行便:1日1往復(京都・大阪・神戸 - 松山・八幡浜港)

歴史編集

  • 2003年8月1日 - 大阪駅・難波~松山間で「松山エクスプレス大阪号」として運行開始。1日4往復(昼行便3往復、夜行便1往復)。その年末年始には臨時便も増発されたが、これも大方の座席が埋まるほどの盛況ぶりであった。
  • 2004年7月16日 - 臨時便を定期化する形で2往復増便(計1日6往復)。一部便を三宮BT経由とし、夜行便を八幡浜港まで延長。昼行便がパークアンドライド対応のJR松山支店発着となる。
  • 2005年7月15日 - 夜行便が京都発着となり、全便が三宮BT経由となる。昼行便1往復も八幡浜港発着(JR松山支店経由せず)となる(松山~八幡浜は事前に送り込みまたは八幡浜到着後車内整備のため回送)。また別の昼行便の1往復のみ、大阪との行き来に限り徳島県内での客扱いを開始。
    • 本来は高知エクスプレス号同様、昼行便のすべてで客扱いを実施する予定であったが、地元のバス会社(四国交通)からの反発があったために1往復に抑えられたもの。現在は3往復に拡大している。
    • それと並行して宇和島駅への延長も公式発表されていたが、取り下げられて実施には至っていない。
  • 2008年4月22日 - 昼行便を1往復増便、計1日7往復となる。一部便が高速舞子に停車。上り夜行便(14号)に女性専用席を設定。5号・14号はダブルデッカー車(西日本JRバス)での運行となる。
  • 2009年7月17日 - 昼行便を2往復増便、計1日9往復となる。八幡浜港発着の昼行便を廃止。
  • 2010年12月9日 - 昼行便を1往復増便、計1日10往復となる。ダブルデッカー車での運行を廃止。
  • 2012年4月1日 - 夜行便(19・20号)がJR松山支店に停車。
  • 2012年10月15日 - 上板バスストップの停車を廃止、区間時分を見直し。
  • 2013年7月20日 - すべての昼行便が三島川之江インターに停車。[2]
  • 2017年4月1日 - 西日本ジェイアールバス担当の昼行便2往復(下り1号・3号、上り16号・18号)が夜行仕様のグランドリーム用車両で運行。[3]
  • 2018年4月1日 - 松山市内の停留所に「天山橋」を追加し、合わせて運行ダイヤも改正される。[4]

車内設備編集

  • スーパーハイデッカー車またはハイデッカー車。
  • 3列独立リクライニングシート。八幡浜発夜行便には女性専用席あり。
  • トイレ
  • お茶・コーヒー(ジェイアール四国バス担当便のみ)
  • 無料Wi-Fiスポット
  • 座席コンセント(一部車両のみ)
  • 仕切りカーテン(一部車両のみ)

関連項目編集

  • どっきん松山号 - 1990年から1998年まで西日本ジェイアールバス、四国旅客鉄道(当時)、南海電気鉄道(当時。現在の南海バス)が堺・難波 - 松山間を運行していた、本路線の前身に当たる路線。

注記編集

外部リンク編集