メインメニューを開く

松浦拓弥

日本のサッカー選手

松浦 拓弥(まつうら たくや、1988年12月21日 - )は、静岡県浜松市出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダーJリーグ横浜FC所属。

松浦 拓弥 Football pictogram.svg
名前
愛称 マツ
カタカナ マツウラ タクヤ
ラテン文字 MATSUURA Takuya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1988-12-21) 1988年12月21日(30歳)
出身地 静岡県浜松市
身長 167cm
体重 64kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 横浜FC
ポジション MF
背番号 7
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2018 ジュビロ磐田 211 (17)
2011 アビスパ福岡 (Loan) 32 (3)
2019- 横浜FC
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

少年時代からサッカーでは攻撃的なポジションを務めていた。本人によれば元はパスを得意とする選手だったが、たまたま試合でチャレンジしたドリブル突破がはまったことで足技を磨き、ドリブラーとしての才能を開花させる。また2005年のJFAプリンスリーグU-18東海では得点王になるなどの活躍を見せる。

磐田では左右両アウトサイドを学び(ただし起用はもっぱら右)、守備面でも貢献できるようになったことから、2008年になるとポジション争いに割って入り、日本代表駒野友一と怪我の太田吉彰が不在の間にトップチームでデビューを果たす。シーズン途中にハンス・オフトが監督に就任すると重用されトップ下に定着。ベガルタ仙台と対戦したJ1・J2入れ替え戦では2試合で3得点[1][2]、チームの全得点を挙げる活躍を見せ、チームのJ1残留に大きく貢献した。

2011年アビスパ福岡に期限付き移籍し、スタメンとして活躍した。

2012年、磐田に復帰し、背番号は前年まで西紀寛がつけていた11番となった。

2014年9月28日に行われた名波浩監督初陣となった愛媛FC戦では、8試合ぶりの先発に起用され得点を挙げて、元チームメイトの名波監督の初陣の勝利に貢献した[3]

2017年8月26日に行われたヴィッセル神戸戦でプロ入り後初めてとなるFKから得点を挙げた[4]

2019年シーズンより横浜FCに完全移籍[5]。開幕から2試合はベンチ外となったが、第3節の栃木SC戦でスタメン出場し、第4節のアルビレックス新潟戦では移籍後初ゴールを挙げた[6]

所属クラブ編集

アマ経歴
プロ経歴

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2007 磐田 24 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2008 11 1 3 0 0 0 14 1
2009 10 0 1 0 3 0 14 0
2010 10 0 3 0 2 0 15 0
2011 福岡 14 32 3 2 0 2 1 36 4
2012 磐田 11 26 3 5 2 2 0 33 5
2013 26 2 5 1 0 0 31 3
2014 J2 19 1 - 2 0 21 1
2015 26 3 - 2 0 28 3
2016 J1 26 1 5 0 3 0 34 1
2017 26 3 2 0 4 0 32 3
2018 31 3 4 2 2 1 37 6
2019 横浜FC 7 J2 -
通算 日本 J1 198 16 30 5 18 2 246 23
日本 J2 45 4 - 4 0 49 4
総通算 243 20 30 5 22 2 295 27

その他の公式戦

関連項目編集

脚注編集