メインメニューを開く

桑原 隲蔵(くわばら じつぞう、明治3年12月7日1871年1月27日) - 1931年昭和6年)5月24日)は、日本東洋史学者京都帝国大学教授。

桑原 隲蔵
(くわばら じつぞう)
桑原隲蔵.jpg
生誕 (1871-01-27) 1871年1月27日
日本の旗 日本福井県敦賀市
死没 (1931-05-24) 1931年5月24日(60歳没)
日本の旗 日本京都府京都市
研究分野 東洋史
東西交渉史
研究機関 京都大学
出身校 帝国大学学士修士博士
主な指導学生 宮崎市定
主な業績 『中等東洋史』
京都派東洋史
主な受賞歴 帝国学士院賞1923年
プロジェクト:人物伝

目次

生涯編集

学歴編集

研究歴編集

業績編集

清国留学、京都帝大教授就任以前は、東洋史教育の創成に尽力した。1898年に出版された『中等東洋史』は、東洋史教科書の定番となった。

その後、京都帝大赴任後は、東西交渉史等に分野で優れた業績を残した。1923年に、宋代での南海貿易史の研究「蒲寿庚の事蹟」で帝国学士院賞受賞。

内藤湖南狩野直喜とともに京都派東洋史学を確立し、清朝考証学の伝統と西洋の文献学的方法を総合し、中国史・東西交渉史に優れた業績を残した。「大苑国の貴山城に就いて」で、西域歴史地理について、白鳥庫吉藤田豊八らと論争を展開した。主な弟子に宮崎市定らがいる。

「始皇の前に始皇なく、始皇の後に始皇なし」と始皇帝を再評価した。

子息はフランス文化研究者の桑原武夫

著作編集

  1. 東洋史説苑
  2. 東洋文明史論叢
  3. 支那法制史論叢 東西交通史論叢
  4. 中等東洋史 東洋史参考図書 東洋史教授史料
  5. 蒲寿庚の事蹟 考史遊記
  6. 別冊 桑原隲蔵博士所蔵図書目録 全集総索引

回想編集

  • 東方学回想 II 先学を語る〈2〉』(刀水書房、2000年)、弟子達の座談での回想を収録。

外部リンク編集