メインメニューを開く
桓国
桓國
xxxx年 - xxxx年 倍達国
首都 不明
元首等
xxxx年 - xxxx年 桓因
変遷
不明 xxxx年xx月xx日
桓国
各種表記
ハングル 환국
漢字 桓國
日本語読み: かんこく
英語表記: Hwan-guk
テンプレートを表示


朝鮮歷史
朝鮮の歴史
考古学 櫛目文土器時代 8000 BC-1500 BC
無文土器時代 1500 BC-300 AD
伝説 檀君朝鮮
史前 箕子朝鮮
辰国 衛氏朝鮮
原三国 辰韓 弁韓 漢四郡
馬韓 帯方郡 楽浪郡

三国 伽耶
42-
562
百済
前18-660
高句麗
前37-668
新羅
前57-
南北国 熊津安東都護府
統一新羅
鶏林州都督府
676-892
安東
都護府
668-756
渤海
698
-926
後三国 新羅
-935

百済

892
-936
後高句麗
901
-918
女真
統一
王朝
高麗 918-
遼陽行省
東寧双城耽羅
元朝
高麗 1356-1392
李氏朝鮮 1392-1897
大韓帝国 1897-1910
近代 日本統治 1910-1945
現代 連合軍軍政期 1945-1948
大韓民国
1948-
朝鮮民主主義
人民共和国

1948-
Portal:朝鮮

桓国(かんこく)は、『三国遺事』などに記載された国名。近代の偽書とされている『桓檀古記』、『神祕集[1]』の超古代史説に出てくる古代国家である。

目次

概要編集

古代朝鮮最古の国は桓国[2]であり光明の国を意味する[3]。桓国は卑離国、養雲国、寇莫汗国、一群国[4]、虞婁国(別名は畢那国)[5]、須密爾国[6]、勾茶川国、勾牟額国、売勾余国(別名は稷臼多国)[7]、斯納阿国、鮮稗国(別名は琢韋国または通古斯国)[8]、客賢汗国[9]の計12ヶ国から構成され、天海(バイカル湖)を中心に、南北が5万里, 東西が2万里[10]とする。

超古代史説編集

桓檀古記編集

吾桓建國最古。有一神,在斯白力[11]之天,爲獨化之神,光明照宇宙,權化生萬物,長生久視,恒得決樂,乘遊至氣,妙契自然,無形而見,無爲而作,無言而行,日降童女、童男八百於黑水白山之地。於是桓因亦以監群居于天界,掊石發火,始敎熱食,謂之桓國,是謂天帝。桓因氏亦稱安巴堅也。傳七世,年代不可考也。 — 安含老 元董仲、桓檀古記/三聖紀


歴代桓仁一覧編集

桓国の君主は桓因とよばれ、7代3301年(別説では6万3112年だともいう)。桓国の中核は紀元前3898年に倍達国を建てた。

  1. 安巴堅
  2. 赫胥
  3. 古是利
  4. 朱于襄
  5. 釈提壬
  6. 邱乙利
  7. 智為利

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 朝鮮王朝実録、太宗実録24冊、太宗12年8月7日、且命曰: "《神秘集》、毋得披閱、而別封以進。" 上覽其集曰: "此書所載、皆怪誕不經之說。" 命代言柳思訥焚之、其餘下春秋館藏之。
  2. ^ 『三国遺事』に登場する檀君の祖父にあたる天神の名「桓因」の因の字の国構えの中の「大」が「士」になっている写本が存在し、これは普通に考えると誤写または「因」の異体字とみられる。しかし、これは「国」の字であって「桓国」と読むべきであり、しいて「因」の字だというのは偉大なる朝鮮民族の栄光の歴史を抹殺しようとする日帝主義者の陰謀なのであり、正しくは「国」の字だったのである、というのが「桓国」説である。『三国遺事』の該当個所を「桓国」とすると桓雄の父の説明がなくなり正体不明な人物となる上、「帝釈なり」の注釈も意味不明になるなど、不審な文章になってしまう。
  3. ^ 「桓」は古代韓国語で光、明、白、大、人、天、日、など全部で22の意味をもち、宇宙の根源を表す言葉である。
  4. ^ 卑離から一群までの4カ国は『晋書裨離等十国伝』からの引用。
  5. ^ 黒水靺鞨の一つ、虞婁部の名から創作したもの。
  6. ^ 須密爾はシュメールのことで、従って古代シュメール文明も韓国が発祥である。
  7. ^ 勾茶川国から売勾余国までは『三国史記』高句麗本紀にでてくる「句茶国」のもじり。
  8. ^ 琢韋は室韋のもじり、室韋はモンゴルの先祖、通古斯はツングースの音訳。従って、モンゴル系とツングース系の諸民族はすべて朝鮮民族の分流である。
  9. ^ 晋書粛慎氏伝』に出てくる寇漫汗国のもじり。
  10. ^ これだとユーラシア大陸をはみ出してしまい、90度横倒しにしてもほぼユーラシア大陸に重なってしまう。十分の一にして南北5千里, 東西2千里と解釈すると、おおよそ朝鮮半島全域に高句麗を併せた地域のようである。
  11. ^ 斯白力はシベリア(Siberia)を連想させて