三国時代 (朝鮮半島)

朝鮮半島で高句麗、百済、新羅が鼎立した時代(紀元前1世紀 - 7世紀)

朝鮮の歴史における三国時代(さんごくじだい)は、朝鮮半島および満州高句麗百済新羅の三国が鼎立した時代をいう。日本の歴史学ではおよそ4世紀ころから7世紀ころまでを指す。韓国では紀元前1世紀から紀元後7世紀をいう。後者の時代区分は高麗時代の史書に依拠する。

三国時代
Three Kingdoms of Korea Map ja.png
三国時代の地図、5世紀終わり頃
各種表記
ハングル 삼국시대
漢字 三國時代
発音 サムグクシデ
ローマ字 Samguk-sidae
テンプレートを表示

歴史編集

三国以前に、また三国と並行して小国や部族国家があった。扶余沃沮伽耶于山国耽羅国などである。

それぞれの建国神話によれば、韓国では伝統的にこの時代は紀元前57年に、斯盧(後の新羅)が朝鮮半島の南東部で前漢から自治権を認められた年に始まったとする。高句麗は鴨緑江以北にあり、紀元前37年に漢から独立した。紀元前18年に高句麗の二王子が王位の継承争いから逃れ、東明王の子温祚が半島の南西部(今日のソウル特別市周辺)に百済を建国したとする。これは中国史料と異なるため、日本の史学界ではこの数字を取らず、高句麗を除く二国の建国年代を多く4世紀におく。百済の都ははじめ熊津(今日の公州或は清州)であったが、のちに泗沘(今日の扶余)へ遷都した。

220年後漢の滅亡が、三国の発展を許した。1世紀から儒教が朝鮮半島の上流階級に広がった。後に儒教は仏教に入れ替わった。三国のうちで最大であった高句麗は、鴨緑江沿いの国内城とその山城である丸都城の二つの並存された都をもっていた。建国の始めには高句麗は漢との国境沿いにあり、ゆっくりと満州の広大な土地を征服していき、最後には313年楽浪郡・玄菟郡を滅ぼし領域に入れた。中国文化の影響は、372年に仏教が国教とされるまで残った。4世紀には百済が栄え、半島の南半分を支配した。斯盧国は503年新羅と国号を改めた。4世紀の始めに、新羅は国境を接していた伽耶を吸収したことが知られている。新羅の都は徐羅伐(今日の慶州)であった。

 
朝鮮の歴史
考古学 櫛目文土器時代 8000 BC-1500 BC
無文土器時代 1500 BC-300 BC
伝説 檀君朝鮮
史前 箕子朝鮮
辰国 衛氏朝鮮
原三国 辰韓 弁韓 漢四郡
馬韓 帯方郡 楽浪郡

三国 伽耶
42-
562
百済
前18-660
高句麗
前37-668
新羅
前57-
南北国 熊津安東都護府
統一新羅
鶏林州都督府
676-892
安東
都護府
668-756
渤海
698
-926
後三国 新羅
-935

百済

892
-936
後高句麗
901
-918
女真
統一
王朝
高麗 918-
遼陽行省
東寧双城耽羅
元朝
高麗 1356-1392
李氏朝鮮 1392-1897
大韓帝国 1897-1910
近代 日本統治時代の朝鮮 1910-1945
現代 連合軍軍政期 1945-1948
アメリカ占領区 ソビエト占領区
北朝鮮人民委員会
大韓民国
1948-
朝鮮民主主義
人民共和国

1948-
Portal:朝鮮

5世紀初めに建てられた高句麗の広開土王の碑には、「新羅や百済はかつて高句麗の属国であり朝貢していたが、辛卯の年(391年)よりこの方、日本が海を渡り来て、百済、〇〇、新羅を破って日本の臣民にしてしまった」と記されている。また「399年、百済は先年の誓いを破って、倭と和通したため、広開土王は百済を討つために、平壌に向う。その際、新羅の使者が「多くの倭人が新羅に侵入し、王を倭の臣下としたので高句麗の救援をお願いしたいと願いだたので、広開土王は救援することにした」「400年、5万の大軍で新羅を救援し新羅の王都を占領していた倭軍を追い払うことに成功した。わらに倭軍を追撃し、任那・加羅に迫ったが、逆を突かれて新羅の王都を占領された」「倭が帯方地方に侵入したため、これを迎撃して大敗させた」という内容も書かれてある[1]

宋書には、倭王済が宋の文帝から、451年に「使持節都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事、安東将軍」を加号されたという記録がある。また、478年には、倭王武を、「使持節都督、倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事、安東大将軍、倭国王」に加号したという記録がある[2]

仏教は528年新羅の国教となった。新羅はと結んで(唐・新羅の同盟)、660年に百済を668年に高句麗を滅ぼした。これによって三国時代は終わり、統一された新羅の時代がはじまった。滅ぼされた百済の王族は日本にのがれ、百済王(くだらのこにきし)の姓を賜った。百済王氏からは陸奥国で金を発見した百済王敬福などが出た。

この時代を記述した歴史書に高麗時代の『三国史記』および『三国遺事』がある。隋書には、新羅・百済はみな倭をもって大国で珍物が多いとし、ならびにこれを敬仰し、つねに通使・往来する、と書かれてある[2]

宇山卓栄は、668年唐・新羅連合軍による高句麗を滅亡によって、「新羅の三国統一」を成し遂げたとする見解は誤りであり、新羅が唐の勢力を排除した676年が「新羅の三国統一」であると主張しており、「新羅・高句麗遺民軍は670年、唐軍と戦います。百済の遺民も新羅に協力します。戦争は水陸両面で一進一退でした。大国の唐が苦戦したのはなぜでしょうか。西方のチベット人の国の吐蕃670年安西大都護府を攻め落とし、唐と戦いはじめます。このため、唐は西方と東方の二方面に兵力を割かれました。さらに、北方ではトルコ人の突厥、モンゴル人の契丹、満州人の靺鞨族(後に渤海を建国)なども唐と対立していました。こうした状況の中で、唐軍の士気は上がらず、焦りが募るばかりでした。本来ならば、新羅のような小国が唐に対抗できるはずもありませんが、新羅にとって有利な状況が重なり、676年、唐軍を破りました。新羅の三国統一はこの時点で成ったと言うべきです。よく、668年に高句麗を滅ぼして統一に成功したと誤って解説されますが、唐の勢力を排除した676年の時点が統一と言えます。ただし、朝鮮半島統一とはいえ、新羅が占領したのは平壌の南を流れる大同江までで、平壌を占領しませんでした。平壌は引き続き唐領のままでした」と評している[3]

中華人民共和国国営出版社人民出版社が発行している中国の大学歴史教材『世界通史』は、「三国時代」から高句麗を除外し、「三国時代」を「新羅百済伽耶」と規定、「武帝は、衛氏朝鮮を滅ぼした後、その領土に郡県制を施行した。辰国が衰弱して分裂後、新羅、百済、伽耶の三国が形成された」と記述、高句麗を「玄菟郡管轄下の中国少数民族であり、紀元前37年の政権樹立後、魏晋南北朝にいたるまで全て中原王朝に隷属した中国少数民族の地方政権」と記述、唐・新羅戦争を「中国の地方政権である高句麗が分裂傾向をみせると、中央政府である唐が単独で懲罰し、直轄領とした」と記述している[4]

脚注編集

  1. ^ 拳骨拓史 『韓国人に不都合な半島の歴史』PHP研究所、2012年10月26日、63-66頁。ISBN 978-4569808000 
  2. ^ a b 拳骨拓史 『韓国人に不都合な半島の歴史』PHP研究所、2012年10月26日、62頁。ISBN 978-4569808000 
  3. ^ 宇山卓栄 『朝鮮属国史 中国が支配した2000年』扶桑社扶桑社新書〉、2018年11月2日、21-23頁。ISBN 4594080804 
  4. ^ ““중 교과서 ‘고조선=야만, 삼국=신라·백제·가야’””. ハンギョレ. (2007年3月20日). オリジナルの2021年12月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211229101627/https://www.hani.co.kr/arti/culture/book/197569.html 

関連項目編集

先代:
原三国時代
朝鮮の歴史
三国時代
次代:
統一新羅時代
或いは
南北国時代