メインメニューを開く

座標: 北緯36度05分25.50秒 東経139度43分32.00秒 / 北緯36.0904167度 東経139.7255556度 / 36.0904167; 139.7255556

権現堂堤(堤下より)

権現堂堤(ごんげんどうつつみ)は、埼玉県幸手市内国府間にある、埼玉県内はもとより関東地方でも有数のの名所である。そのことから、権現堂桜堤とも呼ばれる。周辺に整備された県営公園については権現堂公園を参照。

概要編集

 
権現堂堤とアブラナ

中川の堤防上約1kmにわたって、約1000本の桜並木が続く。桜はソメイヨシノで、4月上旬が見ごろであるが、近年は開花時期が早まっている。桜の開花と同時期に堤下に広がるアブラナも咲くため、ピンクと黄色のコントラストが美しい。堤下には他にも全国から集められた様々な種類の桜が植樹されている。桜祭りの期間中は、中川に架かる外野橋は夜間ライトアップされ、夜桜見物の人の目を惹く。また、100種約15,000株のアジサイや、約100万本の曼珠沙華(ヒガンバナ)が堤に植えられている。

社団法人日本観光協会が主催する平成19年度の「花の観光地づくり大賞」において「フラワーツーリズム賞」を受賞した[1]。また、権現堂堤の桜は2000年(平成12年)5月5日には、埼玉新聞社の「21世紀に残したい・埼玉ふるさと自慢100選」に選出された[2]

歴史編集

画像外部リンク
  大正元年ごろの権現堂堤と権現堂川

江戸時代天正年間に利根川の支流(現在は分流)である権現堂川堤防として築かれたものと言われ[3]、かつては6 kmにわたり約3000本の桜があり、大正時代から桜の名所として賑わっていた。また、1876年明治9年)に明治天皇が東北巡幸の際に立寄ったことから、行幸(みゆき)堤とも呼ばれるようになった。なお、現在の日光街道(現国道4号)の栗橋交差点(国道125号との交差点)付近から中川に架かる行幸橋にかけての道路用地となっている築堤は、かつての行幸堤の名残で一部の地図にはその旨が書かれている事がある。

1920年大正9年)に桜を植え替える運動は既に始まっていたが、利根川や江戸川の流路変更に伴い、権現堂川は明治時代の終わりに締め切られ、1933年昭和8年)に廃川となる。そのため、堤防は荒れ果て、堤防の桜は終戦前後の混乱や燃料にするために、その多くが伐採されてしまった[4]

1949年(昭和24年)、旧権現堂川堤防のうち中川の堤防として残った部分へ改めてソメイヨシノを植樹したものが現在の権現堂堤である。なお、1988年(昭和63年)には周辺の休耕田にアブラナが、1996年平成8年)には堤の一部にアジサイが植えられた。 また2000年(平成12年)には、堤の東半分にヒガンバナ(曼珠沙華)が、2003年(平成15年)には堤の一部にスイセンが植えられた。

2008年(平成20年)、権現堂調節池(行幸湖[5]と合わせ、埼玉県営権現堂公園として整備された。

イベント編集

 
権現堂堤の紫陽花
 
権現堂堤の曼珠沙華

幸手さくらまつり編集

  • 主催:幸手市観光協会[6]
  • 開催時期:3月下旬から4月上旬頃。桜の開花状況に応じた約2週間
花見客で賑わっており、夜桜を楽しむ花見客も多いようである。

幸手あじさいまつり編集

  • 主催:NPO法人幸手権現堂桜堤保存会[7]
  • 開催時期:5月末〜7月初めの約1ヶ月間

曼珠沙華祭り編集

  • 主催:権現堂公園管理事務所、NPO法人幸手権現堂桜堤保存会[8]
  • 開催時期:9月中旬から10月上旬頃の約1ヶ月間

水仙まつり編集

  • 主催:権現堂公園管理事務所、NPO法人幸手権現堂桜堤保存会[9]
  • 開催時期:1月上旬から2月上旬頃の約1ヶ月間

ロケが行われた映画・アニメ等編集

佐和子(菅野美穂)と松本(西島秀俊)が桜並木を歩く場面
オープニングおよび第10話や第15話など
プロモーションビデオでSEAMO本人がベンチに座り歌う場面

アクセス編集

東武日光線幸手駅より朝日バス「五霞町役場」行「権現堂」にて下車、徒歩1分。

開花シーズンには臨時直行バスが運行される。

風景編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 花の観光地づくり大賞 (PDF) - 日本観光復興協会
  2. ^ 21世紀に残したい・埼玉ふるさと自慢100選”. 日本百選 都道府県別データベース. 2019年5月6日閲覧。
  3. ^ 一度に作られたものではなく、河川の締め切り・築堤によって部分的に作られたものがつながり、最終的に一つの堤防となった。
  4. ^ 桜まつりの歩み - 県営権現堂公園 幸手権現堂桜堤(4号公園)
  5. ^ 権現堂川跡が調節池として復活したもので、行幸湖の愛称がつけられ、2004年(平成16年)の国民体育大会カヌー競技会場となった。
  6. ^ イベント「桜まつり」 - 幸手市観光協会
  7. ^ イベント「あじさいまつり」 - 幸手市観光協会
  8. ^ イベント「曼珠沙華祭り」 - 幸手市観光協会
  9. ^ イベント「水仙祭り」 - 幸手市観光協会
  10. ^ 美水かがみ同名4コマ漫画作品を原作としたテレビアニメ。埼玉県ではテレビ埼玉で放送された。

関連項目編集

外部リンク編集