武末悉昌

武末 悉昌(たけすえ しっしょう、1922年10月4日 - 1998年6月2日)は、福岡県出身のプロ野球選手投手)。

武末 悉昌
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1922-10-04) 1922年10月4日
没年月日 (1998-06-02) 1998年6月2日(満75歳没)
身長
体重
170 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1949年
初出場 1949年
最終出場 1955年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 西鉄ライオンズ (1962 - 1971)

目次

経歴編集

旧制 筑紫中学(現・福岡県立筑紫丘高等学校)を卒業後、野球を続けるために旧満州に渡り、大連高等商業学校を経て、満協中央銀行に入る。その後、帰国し、福岡銀行、杵島炭坑、西日本鉄道の野球部で活躍するが時あたかも太平洋戦争1944年召集令状を受け取り応召する。軍隊生活の間に投手の命というべき肩を痛めてしまう。1945年終戦。復員後、肩痛を庇うためにアンダースローに転向。これが運命を決定的に変える。

武末は1948年第19回都市対抗野球大会に西日本鉄道のエース投手として出場。準々決勝で大島信雄投手の大塚産業を、準決勝で野村武史投手の豊岡物産を破って決勝に進出。決勝の相手の別府星野組はエース投手の荒巻淳を骨折で欠いてはいたものの、西本幸雄一塁手・今久留主淳三塁手・今久留主功二塁手・永利勇吉捕手など、後にプロ野球界に進む野手6人のいる強力チームで(翌年の第20回大会では優勝)、これを4安打1点に抑えて優勝。この大会での武末は胆嚢炎を患っていたが、痛みをこらえて延長戦1試合を含む全5試合を一人で投げ切った。

1949年、黄金時代を迎えつつあった山本(鶴岡)一人監督率いる南海ホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)に入団。プロ入りをめぐっては、南海と大阪タイガース(阪神)とが争った。後年の武末の回想によると、タイガースに入団することを決意して来阪し、阪神の球団事務所を訪れたが、女性の事務員以外は不在で話が要領を得なかったため、南海の球団事務所に赴いて契約するに至ったという[1]。この入団時の経緯は、江藤晴康の二重契約問題につながることとなった(詳細は江藤の項目を参照)。

1年目に21勝17敗の好成績で最多奪三振を獲得。アンダースローの元祖と呼ばれる[2]。この年の日米野球においてサンフランシスコ・シールズ相手に10月29日の第6戦(ステート・サイド・パーク)で好投、「スパイクの横からボールが来た」「マウンドの土の中からボールが浮き上がってきた」と震撼させた。

1950年のリーグ分裂・新規球団多数参入に際して西鉄クリッパース(現・埼玉西武ライオンズ)に移籍。チーム勝ち頭となる12勝をあげる。

1951年セントラル・リーグ加盟の西日本パイレーツと合併し、新たに西鉄ライオンズが誕生。監督に名将・三原脩が就任する。前年とこの年の活躍から第1回オールスターゲームに出場を果たした。しかし、1952年から二桁勝利することもなく低迷。

1954年永田雅一主導で誕生した新規球団・高橋ユニオンズに加入。このとき、高橋球団のために既存球団は選手を提供したが、最盛期を過ぎた選手ばかりであった。このような弱小球団において勝ちが先行する投手はほとんどおらず、武末も28試合に登板し3勝4敗と負け越した。チーム名が高橋ユニオンズからトンボユニオンズにかわった1955年に引退を表明する。

その後、RKB毎日放送野球解説者として活動。1962年選手兼任監督になった中西太の招きで古巣・西鉄の投手コーチになり、翌1963年の優勝に貢献する。1969年黒い霧事件の発覚で先発投手陣のほとんどが永久追放処分となり、西鉄は急速にチーム状況が悪化。同年のシーズンをもって中西監督が辞任・引退し、稲尾和久監督が就任。それに伴い1970年からは二軍監督を務める。コマ不足のチームにあっては二軍で新人を長期育成することもままならず、1971年に二軍監督を退任しその後スカウトに就任し真弓明信を担当した[3]

1998年6月2日、心不全のため福岡市内で死去。享年75。

エピソード編集

刑事ドラマの元祖と呼び声高い黒澤明監督の映画『野良犬』(1949年)において、刑事(志村喬三船敏郎)が殺人犯を張り込むシーンに後楽園球場読売ジャイアンツ対南海ホークス戦が登場する。このとき、投げていたのが武末で、バッターボックスには川上哲治が入っていた。この打席で武末は川上を外野フライに打ち取っている。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1949 南海 51 36 24 3 1 21 17 -- -- .553 1389 333.1 298 18 121 -- 7 183 1 3 136 116 3.13 1.26
1950 西鉄 29 14 11 1 2 12 6 -- -- .667 665 165.1 133 7 54 -- 2 77 1 0 62 57 3.09 1.13
1951 26 16 6 0 0 11 7 -- -- .611 709 167.0 136 4 76 -- 4 65 1 0 68 55 2.96 1.27
1952 23 17 4 1 0 2 8 -- -- .200 483 111.1 96 4 67 -- 1 58 0 0 57 45 3.62 1.46
1953 12 9 0 0 0 0 2 -- -- .000 152 30.1 29 6 29 -- 4 10 2 0 32 26 7.55 1.91
1954 高橋
トンボ
28 19 0 0 0 3 4 -- -- .429 526 125.0 104 12 56 -- 6 78 0 0 47 41 2.95 1.28
1955 4 2 0 0 0 0 2 -- -- .000 40 6.0 15 0 8 0 1 2 0 0 14 13 19.5 3.83
通算:7年 173 113 45 5 3 49 46 -- -- .516 3964 938.1 811 51 411 0 25 473 5 3 416 353 3.38 1.30
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 高橋(高橋ユニオンズ)は、1955年にトンボ(トンボユニオンズ)に球団名を変更

タイトル編集

記録編集

背番号編集

  • 19 (1949年)
  • 18 (1950年 - 1953年)
  • 21 (1954年 - 1955年)
  • 50 (1962年 - 1967年)
  • 65 (1968年 - 1969年)
  • 80 (1970年 - 1971年)

関連情報編集

出演番組編集

脚注編集

  1. ^ ベースボール・マガジン社編『さらば!南海ホークス』ベースボール・マガジン社、1988年。
  2. ^ ただし、河村英文の『西鉄ライオンズ―最強球団の内幕』(葦書房、1983年)では、重松通雄が「最初である」という旨の発言をした記述がみられる。
  3. ^ 『野球小僧 6月号 2012』白夜書房、p.205

関連項目編集