毛里和子

日本の政治学者

毛里 和子(もうり かずこ、1940年1月19日[1] - )は、日本の政治学者(中国政治と外交・東アジアの国際関係)。早稲田大学名誉教授・栄誉フェロー、文化功労者紫綬褒章受章。

もうり かずこ
毛利 和子
Kazuko Mori cropped 2 Kazuko Mori 201111.jpg
文化功労者顕彰に際して
公表された肖像写真
生誕 (1940-01-19) 1940年1月19日(82歳)
日本の旗 東京府
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 政治学
研究機関 日本国際問題研究所
静岡県立大学
横浜市立大学
早稲田大学
華東師範大学
出身校 お茶の水女子大学
文教育学部卒業
東京都立大学大学院
人文科学研究科修了
主な業績 中国政治と外交の研究
東アジアの国際関係の研究
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

日本国際問題研究所研究員、静岡県立大学国際関係学部教授、横浜市立大学国際文化学部教授、早稲田大学政治経済学部教授、日本現代中国学会理事長などを歴任した。

来歴編集

学歴編集

東京生まれ。お茶の水女子大学文教育学部卒業後、東京都立大学大学院人文科学研究科を修了。卒業論文では「浙江財閥と蔣介石政権」を、修士論文では「北伐期の武漢国民政府」を書く[2]

シンクタンクの研究員として編集

1965年から1987年まで日本国際問題研究所研究員。現代中国についての資料集『中国共産党史資料集』、『新中国資料集成』を編集した[2]。1978年末中国を初めて訪れ、1981年から1983年まで上海の日本総領事館で初代の専門調査員。「都市部の失業問題と中国政治」のテーマで研究し、上海の研究機関と交流する[2]

政治学者、大学教授として編集

1987年から1994年まで静岡県立大学国際関係学部教授、1994年から1999年まで横浜市立大学国際文化学部教授を務めた後、1999年から早稲田大学政治経済学部教授[3]2004年「周縁からの中国 民族問題と国家」で早稲田大学博士(政治学)。2010年定年退職、早稲田大学名誉教授。2012年早稲田大学栄誉フェロー[4]。2010年から華東師範大学顧問教授を務める[3]

その間、現代中国研究プロジェクトのリーダーとして、文部科学省科学研究費重点領域研究 現代中国の構造変動(1995~98年)、21世紀COE 現代アジア学の創生(2002~06年)[5]、人間文化研究機構(NIHU)現代中国地域研究拠点連携プログラム(2007年~)を組織した[2]

2004年-2006年日本現代中国学会理事長。新しい日中関係を考える研究者の会代表幹事。

2017年1月11日、講書始の儀において「当代中国研究――系譜と挑戦」のテーマで進講した[6]

賞歴編集

栄典編集

著書編集

単著編集

  • 『中国の議会制度と地方自治――北京市と上海市の場合を中心に』(東京都議会議会局調査部調査課,1988年)
  • 『中国とソ連』(岩波新書,1989年)
  • 『現代中国政治』(名古屋大学出版会,1993年)
  • 『周縁からの中国――民族問題と国家』(東京大学出版会,1998年)
  • 『現代中国政治を読む』(山川出版社[世界史リブレット],1999年)
  • 『現代中国政治 [新版]』(名古屋大学出版会,2004年)
  • 『日中関係――戦後から新時代へ』(岩波新書,2006年)
  • 『現代中国政治――グローバル・パワーの肖像』(名古屋大学出版会,第3版2012年)
  • 『中国政治――習近平時代を読み解く』(山川出版社,2016年)
  • 『日中漂流――グローバル・パワーはどこへ向かうか』(岩波新書,2017年)
  • 『現代中国外交』(岩波書店, 2018年)
  • 『現代中国 内政と外交』(名古屋大学出版会,2021年)

共著編集

編著編集

  • 『現代中国論(1)毛沢東時代の中国』(日本国際問題研究所,1990年)
  • 『現代中国論(3)市場経済化の中の中国』(日本国際問題研究所,1995年)
  • 『現代中国の構造変動(1)大国中国への視座』(東京大学出版会,2000年)
  • 『現代中国の構造変動(7)中華世界――アイデンティティの再編』(東京大学出版会,2001年)

共編著編集

  • 岡部達味佐藤経明)『中国社会主義の再検討』(日本国際問題研究所[国際研究叢書],1986年)
  • 山極晃)『現代中国とソ連』(日本国際問題研究所[国際研究叢書],1987年)
  • (岡部達味)『現代中国論(2)改革・開放時代の中国』(日本国際問題研究所,1991年)
  • 国分良成)『原典中国現代史(1)政治 上』(岩波書店,1994年)
  • 張蘊嶺)『日中関係をどう構築するか――アジアの共生と協力をめざして』(岩波書店,2004年)
  • 森川裕二)『東アジア共同体の構築(4)図説・ネットワーク解析』(岩波書店,2006年)
  • (松戸庸子)『陳情――中国社会の底辺から』(東方書店,2012年)
  • 園田茂人)『中国問題――キーワードで読み解く』(東京大学出版会,2012年)
  • 高原明生菱田雅晴村田雄二郎)『共同討議 日中関係なにが問題か――1972年体制の再検証』(岩波書店,2014年)

訳書編集

  • (ソ連科学アカデミー極東研究所編著、本庄比佐子共訳)『中国革命とソ連の顧問たち』(日本国際問題研究所[国際問題新書],1977年)
  • (パン・リン著、毛里興三郎共訳)『オールド・シャンハイ 暗黒街の帝王』(東方書店,1987年)
  • (毛里興三郎共訳)『ニクソン訪中機密会談録』(名古屋大学出版会,2001年)
  • 増田弘共監訳、毛里興三郎・宮城大蔵・佐藤晋訳)『周恩来キッシンジャー機密会談録』(岩波書店,2004年)
  • (毛里興三郎共訳)『増補決定版 ニクソン訪中機密会談録』(名古屋大学出版会,2016年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 毛里和子|受賞者 - 福岡アジア文化賞
  2. ^ a b c d 『現代中国 内政と外交』(名古屋大学出版会) - 著者:毛里 和子 - 毛里 和子による後書き” (日本語). ALL REVIEWS. 2021年10月4日閲覧。
  3. ^ a b 経歴 - 福岡アジア文化賞
  4. ^ 表彰データベース” (日本語). 早稲田大学. 2021年10月4日閲覧。
  5. ^ プログラム概要: 21世紀COE「現代アジア学の創生」|早稲田大学 グローバルCOEプログラム”. www.waseda-giari.jp. 2021年10月4日閲覧。
  6. ^ 当代中国研究―系譜と挑戦(講書始の儀におけるご進講の内容(平成29年1月11日))”. 宮内庁. 2021年10月5日閲覧。

外部リンク編集


先代:
坂元ひろ子
日本現代中国学会理事長
2004年 - 2006年
次代:
西村成雄