メインメニューを開く

福岡アジア文化賞(英語:Fukuoka Prize)は、アジア文化の保存と創造に関する功績を顕彰するため、福岡市によって1990年に始められた賞である。

福岡アジア文化賞
受賞対象 アジア固有の文化の保存と創造に関する功績をおさめた個人および団体
日本
福岡市
授与者 福岡アジア文化賞委員会
福岡市
公益財団法人福岡よかトピア国際交流財団
初回 1990
公式サイト http://fukuoka-prize.org/

アジアの固有かつ多様な文化の保存と創造に顕著な業績をあげた個人又は団体を顕彰することにより、アジア文化の価値を認識し、その文化を守り育てるとともに、アジアの人々が相互に学び合いながら、幅広く交流する基盤をつくることに貢献することを目的としている。

また、福岡市がアジアの学術、文化を世界に発信する都市としてアピールすることで、今後、アジアの学術、文化の交流拠点としての機能を果たしたいとの趣旨がある。

この賞は、国ではなく都市が、アジアの学術文化を対象として顕彰する初の国際賞となる。

大賞、学術研究賞、芸術・文化賞が設けられており、毎年9月に福岡市で授賞式、市民フォーラムなどの公式行事を開催。

これまでの主な受賞者にムハマド・ユヌス(2006年ノーベル平和賞)、莫言(2012年ノーベル文学賞)やドナルド・キーンなどがいる。

目次

部門編集

  • 大賞
学術研究又は芸術・文化の分野においてアジアの文化の意義を全世界に対し示したもの。国際性、普遍性、大衆性独創性などが要件。毎年1人の個人、または1団体に賞金500万とともに授与される。
  • 学術研究賞
アジア分野の学術研究における貢献を評価。社会学文化人類学カルチュラル・スタディーズ歴史学経済学政治学考古学など。毎年1〜2人の個人、または1〜2の団体に賞金300万とともに授与される
  • 芸術・文化賞
アジア固有の芸術・文化の保存と発展における功績を評価。文芸音楽絵画彫刻映画ビデオアート舞踊伝統芸能など。毎年1〜2人の個人、または1〜2の団体に賞金300万とともに授与される。ただし、その年度の総受賞者は4名以下とする。

対象地域編集

歴代受賞者編集

2018年(第29回)

2017年(第28回)

2016年(第27回)

2015年(第26回)

2014年(第25回)

2013年(第24回)

2012年(第23回)

2011年(第22回)

2010年(第21回)

2009年(第20回)

2008年(第19回)

2007年(第18回)

2006年(第17回)

2005年(第16回)

2004年(第15回)

2003年(第14回)

2002年(第13回)

2001年(第12回)

2000年(第11回)

1999年(第10回)

1998年(第9回)

1997年(第8回)

1996年(第7回)

1995年(第6回)

1994年(第5回)

1993年(第4回)

1992年(第3回)

1991年(第2回)

1990年(第1回)

選考過程編集

世界各国約7,000人の推薦委員からの推薦をもとに、学術研究賞選考委員会芸術・文化賞選考委員会が各賞の受賞候補者を選出し、福岡アジア文化賞審査委員会が決定する。

審査・選考委員会編集

福岡アジア文化賞審査委員会

学術研究賞選考委員

芸術・文化賞選考委員会

参考文献編集

  • 1990第1回福岡アジア文化賞創設特別賞 (発行)福岡アジア文化賞委員会事務局(福岡市総務企画局国際部内)
  • 第22回福岡アジア文化賞報告書 福岡アジア文化賞委員会事務局

外部リンク編集