民族主義

異なる自他の民族間で政治・経済・文化などの分野について、自らの民族を主体と考える思想や運動
民族意識から転送)

民族主義(みんぞくしゅぎ、: ethnic nationalism)は、政治経済文化言語などの分野について、民族としての利益や権力機構、自治組織などを求めようとするイデオロギーである。

概要編集

民族主義は特定の民族を中心とするため、その思想は「共通の言語、共通の宗教、共通の祖先を持つ民族による国家」というものが多い。この思想を元にすると、その他の民族は「二級市民」として冷遇される危険性がある[1][2]。また反米思想を持つ場合、アメリカと敵対さえすれば、ウクライナへの侵略戦争を強行したロシアや第二次世界大戦のナチスを美化する危険性も持っている。国家主義と結び付くのは、民族主義の理念から共通の利益のために民族を政治的に一つにしようとする運動が起こりやすいからである(国民国家)。ユーゴスラビアのように国家を多民族によって形成する国の場合、チトーのような統治者がいる間は良いが、チトーが死んでから10年ほどでユーゴ内戦ボスニア紛争など、いくつもの戦争が発生する悲惨な事態となった[3]ナチス・ドイツは、オーストリアを併合する際に民族主義を煽り、オーストリア内のナチスを利用して併合を強行した。特定の民族優遇策をとる多民族国家(フランコ独裁体制下のスペインブミプトラ政策が敷かれたマレーシア[4]など)の場合は、優遇された民族の民族主義を支持基盤にするが、当然弾圧・冷遇される少数派側との対立が発生する。

愛国主義には patriotism の語があり、nationalism は民族の利益や主権の統一性を強調する語である(ナショナリズム)。ナポレオン戦争によるフランスの支配下では、ヨーロッパの各国民は民族主義を高揚させた。アジアにおいては、日露戦争での日本戦勝や1918年のウィルソン米大統領の十四か条の平和原則での民族自決原則で民族主義の高まりを見た。第二次世界大戦後には、多くのアジア・アフリカの国家が民族主義を高揚させて独立を果たした。1960年代初頭にはアフリカ諸国の独立が相次いだために、アフリカの年とも呼ばれた。また、世界には国内に多民族を内包する国は多く、各地で少数派民族独立運動が激化する場合がある。冷戦終結以降の欧州では地域主義や民族自決の推進などで、マケドニアやコソボなど小国が独立を志向する傾向が強まった。

民族主義は、特定民族による国家の形成・純化・拡大を主張し、対外的に自民族との差異と「優越性を主張」することがある。大国では、ロシアのように近隣諸国の自民族居住地域などの併合、少数民族にあっては分離独立や他民族の追放などを主張し、しばしば戦争紛争が生じる。自民族居住地域が近隣にない場合も、領土を併合する前後において、被支配民族との近縁性・一体性を主張した[注 1]

詳細 編集

ナショナリズムの語義は多岐にわたるが、ナショナリズムの分類方法として、エスニックナショナリズム(: ethnic nationalism)とシビックナショナリズム(: civic nationalism)に類型化する方法があり、前者が民族主義に概ね該当する[5]。エスニックナショナリズムはnationを出自や血統により決定されるものとするが、シビックナショナリズム(Civic nationalism)は、nation を民主的価値・平等性に由来する共同体として認識し、フランス革命以降のフランスで自覚された高度に社会学的な概念である。ただしナショナリズムは宗教などの文化的価値による結束も含む概念であり、類型はこの限りでない。

各国の民族主義編集

ロシア編集

ロシアの民族主義、ネオナチ、極右、白人至上主義グループには、 ロシア帝国運動スパルタ大隊、ルシッチ、ソマリア大隊、エル・デー・ペーエル、ワグナー・グループ(ワグネル)などがいる[6]。また大統領ウラジーミル・プーチンは、これらのネオナチを含む過激派を、ウクライナへの侵略戦争に投入している。プーチンらのロシア民族主義には、ソ連の崩壊によって生じた屈辱と劣等感の解消と、同性愛者差別、宗教差別、自民族中心主義人種差別などの特徴がある。

日本編集

日本においては、民族主義は江戸時代末期水戸学国学の影響を受けた尊王攘夷運動として現れ、明治維新の原動力となった。しかし近代の日本においては、民族主義と国家主義との違いが意識されることは少なかった。日本の民族主義とアジア諸民族の民族主義との連携を模索するアジア主義のような動きはあったものの、帝国主義の時代にあって日本の民族主義は国家主義に吸収されていくこととなる。日清戦争・日露戦争後の大日本帝国は、朝鮮・台湾などを領土に加えて多民族帝国を志向し、日本の国家主義は「八紘一宇」を掲げる大東亜共栄圏建設を目指した大東亜戦争太平洋戦争)でピークに達した。

大東亜戦争の敗戦後は、その反省から戦前的な(右派的・国家主義的な)民族主義への抵抗感が強まった一方、反米を掲げる左派的な民族主義が高揚することとなった。左派的な立場からの民族主義は沖縄返還の原動力となったほか[7]、列強からの自立を目指すアジア・アフリカの民族主義には情緒的な共感が寄せられ、ベトナム戦争反対などの反戦運動とも結びつくと同時に、共産主義と結びつく勢力の介入により、国家と民族の分離に利用される一面も持っていた[7]

1960年代には、左翼系学生運動に対する対抗として民族派学生組織の運動が活性化する。参加者達は親米・反共に傾き民族主義をないがしろにした戦後右翼団体への反発から民族主義への回帰を指向し、新右翼民族派)の源流ともなった。

首相麻生太郎は日本を「一つの民族」国家と呼んだ[8]

政党/政治団体編集

アジア編集

ヨーロッパ編集

北アメリカ編集

形態編集

民族主義と関連するイデオロギー編集

主権国家創設を目指す民族主義編集

民族統一主義編集

その他編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ たとえば日鮮同祖論など。
  2. ^ a b c ただし国会に議席はなく、政党助成法に基づく政党の扱いをされない。
  3. ^ ただし、ナチズムの民族理論には北方人種説など人種主義の面も強く、単純なドイツ民族主義とは言い切れない。
  4. ^ とりわけイスラエルに国家を築こうとする者の民族主義をいう。

出典編集

  1. ^ Rangelov, Iavor (2013). Nationalism and the Rule of Law: Lessons from the Balkans and Beyond. Cambridge University Press. pp. 19–44. doi:10.1017/CBO9780511997938. ISBN 9780511997938 
  2. ^ Yilmaz, Muzaffer Ercan (2018). “The Rise of Ethnic Nationalism, Intra-State Conflicts and Conflict Resolution”. Journal of TESAM Akademy 5 (1): 11–33. doi:10.30626/tesamakademi.393051. 
  3. ^ ICTY: Conflict between Bosnia and Herzegovina and the Federal Republic of Yugoslavia”. 2022年6月27日閲覧。
  4. ^ 「世界の右翼」p.179。 グループSKIT著
  5. ^ 陶山 宣明 アイルランドとケベックの ナショナリズム比較(上智大学デポジトリ)
  6. ^ ワグナー・グループ 2022年6月14日閲覧
  7. ^ a b 三島由紀夫文化防衛論――戦後民族主義の四段階」(中央公論 1968年7月号に掲載)。評論集『文化防衛論』(新潮社、1969年4月。ちくま文庫、2006年11月)、35巻評論10 & 2003-10に所収。
  8. ^ Aso calls Japan a 'one-race' nation” (英語). Japan Times (10-18-2005). 01-14-2022閲覧。

外部リンク編集