水田圭介

水田 圭介(みずた けいすけ、1980年11月4日 - )は、大阪府大阪市西淀川区出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。

水田 圭介
YS-Keisuke-Mizuta20120313.jpg
ヤクルト時代(2012年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市西淀川区
生年月日 (1980-11-04) 1980年11月4日(36歳)
身長
体重
175 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手三塁手遊撃手
プロ入り 2000年 ドラフト7位
初出場 2001年8月8日
最終出場 2013年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入り前編集

大阪桐蔭高校高校通算55本塁打(同級生に福井強宮里優作(プロゴルファー)がいる。)、社会人野球プリンスホテルを経て、2000年ドラフト会議西武ライオンズに7位で指名され入団。

西武時代編集

ルーキーだった2001年フレッシュオールスターゲーム出場を果たし一軍昇格も経験。2005年ファームで3割を打ち、守備だけでなく確実な打撃も評価された。

2006年オープン戦で結果を残し、開幕一軍入りを果たした。遊撃手の中島裕之の故障などで出場機会が格段に増えたが、先発出場は2試合のみで守備固め代走での途中出場がほとんどであった。8月6日北海道日本ハムファイターズ戦で、守備固めとして出場し回ってきた打席で、MICHEALからプロ初本塁打となるランニング本塁打を打った。プロ初本塁打をランニングホームランで達成したのは、武上四郎緒方耕一坪井智哉に次ぐ、2リーグ制以降史上4人目だった。またこれが水田のこの年唯一の安打であった。

2007年は右打ちからスイッチヒッターに転向し、二軍で主力選手として活躍したが、打率2割と低迷した。シーズン終盤に一軍に昇格したが、やはり守備固めとしての出場がほとんどだった。

2008年は本来の右打ちに戻し、2月の紅白戦でルーキーの平野将光から2本塁打を打ったものの、一軍出場は17試合に留まった。打席に立ったのも交流戦の2打席のみであったが、その内容は「投犠打」と「四球」で出塁率10割であった。

2009年7月4日に昇格するが、7日後の11日に藤田太陽とのトレードで阪神に移籍[1]が決定した。これはアレックス・グラマンの離脱などでリリーフ投手が手薄だった西武と、内野手の補強を求めていた阪神の思惑が合致した結果であった。トレード発表後の試合となった同日の対オリックス・バファローズ11回戦において、渡辺久信は水田を良い形で送りだそうと、9回裏・同点の場面で二塁打で出塁した上本達之の代走として起用(移籍が決まった選手の試合出場は異例)。試合は延長戦の末片岡易之のサヨナラホームランで埼玉西武が勝利し、試合終了後にチームメイトから胴上げされて別れを惜しんだ。

阪神時代編集

 
阪神時代(2009年)

7月13日に阪神に支配下登録。背番号は15。一軍では主に守備固めや代走として出場した。

2010年は背番号が32に変更される。8月14日に昇格したものの試合出場が無いまま8月31日に登録を抹消され、一軍公式戦試合出場はなかった。二軍のウエスタン・リーグでは79試合に出場し、打率.263、本塁打3であった。12月24日新井良太とのトレードで中日ドラゴンズに移籍した[2]

中日時代編集

 
中日時代(2011年)

2011年1月6日に契約と入団発表が行われ、背番号は阪神時代と同じ32に決定した[3]

自身としては5年ぶりに開幕を一軍で迎えるが、目立つ活躍ができず4月30日に二軍に降格。しかし、7月3日に再昇格。井端弘和の打撃不振などで、昇格当日の対巨人戦で7番二塁手で移籍後初スタメン出場を果たし、その試合で移籍後初安打を放っている。しかし、二軍降格後は一度も一軍に上がることなく、11月11日、球団から戦力外通告を受けた[4]。11月24日、東京ヤクルトスワローズに入団することが発表された[5]

ヤクルト時代編集

2012年は、一軍でわずか2試合の出場に終わった。

2013年は、5月10日に一軍に昇格すると、5月12日の対阪神戦(松山)で7年ぶりに本塁打を放った[6]。水田にとっては、プロ初めてのスタンドインでのホームランであったが、10月8日に球団から2度目の戦力外通告を受ける[7]。現役続行を希望したが、獲得球団は現れず引退を決断した。

引退後編集

東京都東大和市のトムス野球塾で講師を務めている。また2014年4月18日に古巣の埼玉西武ライオンズが企画した「GO!ファンクラブシリーズ」で西武OBとしてノッカーを務めた。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2001 西武 3 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2002 2 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2003 6 9 7 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 1 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2004 18 14 14 3 2 0 1 0 4 1 1 0 0 0 0 0 0 2 0 .143 .143 .286 .429
2005 23 7 6 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .000 .143 .000 .143
2006 23 17 15 8 1 0 0 1 4 2 0 0 2 0 0 0 0 5 0 .067 .067 .267 .333
2007 19 13 10 3 2 0 0 0 2 0 1 0 1 0 1 0 1 2 0 .200 .333 .200 .533
2008 17 2 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 ---- 1.000 ---- ----
2009 7 12 11 2 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .182 .250 .182 .432
阪神 12 5 5 3 0 0 0 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
'09計 19 17 16 5 2 0 0 0 2 0 2 1 0 0 1 0 0 3 0 .125 .125 .125 .250
2011 中日 14 19 15 0 2 0 0 0 2 0 0 0 2 0 2 0 0 1 0 .133 .235 .133 .368
2012 ヤクルト 2 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2013 5 7 7 1 1 0 0 1 4 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .143 .143 .571 .714
通算:12年 151 113 97 25 10 0 1 2 18 5 4 1 8 1 6 0 1 23 0 .103 .162 .186 .348
  • 2013年度シーズン終了時

年度別守備成績編集


二塁手 三塁手 遊撃手 外野手
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2001 - - 3 0 3 0 0 1.000 -
2002 2 2 3 0 1 1.000 - - -
2003 4 3 5 0 1 1.000 1 0 0 0 0 ---- - -
2004 13 10 15 1 2 .962 3 1 1 0 0 1.000 - -
2005 5 2 3 0 1 1.000 14 0 6 0 0 1.000 1 0 0 0 0 ---- -
2006 12 7 5 0 3 1.000 9 1 2 0 0 1.000 3 2 5 0 0 1.000 -
2007 4 3 0 0 0 1.000 12 7 8 0 2 1.000 3 4 6 0 3 1.000 -
2008 - 9 0 3 0 0 1.000 1 0 0 0 0 ---- -
2009
(西武)
3 7 7 0 3 1.000 2 2 1 0 0 1.000 - -
2009
(阪神)
5 2 2 1 0 .800 - - 2 0 0 0 0 ----
2011 5 10 11 0 2 1.000 - - 1 0 0 0 0 ----
2012 1 1 2 0 0 1.000 - - -
2013 1 0 2 0 0 1.000 - - -
通算 55 47 55 2 13 .981 50 11 21 0 2 1.000 11 6 14 0 3 1.000 3 0 0 0 0 ----
  • 2013年度シーズン終了時

記録編集

その他の記録
  • プロ初本塁打がランニング本塁打:同上 ※2リーグ制以後4人目

背番号編集

  • 59 (2001年 - 2004年)
  • 45 (2005年 - 2009年途中)
  • 15 (2009年途中 - 同年終了)
  • 32 (2010年 - 2011年)
  • 54 (2012年 - 2013年)

登場曲編集

(2007年以前のものは不明)

脚注編集

  1. ^ トレードの成立について
  2. ^ トレードの成立について
  3. ^ 水田選手と契約
  4. ^ 来季の選手契約について中日ドラゴンズ公式サイト 2011年11月11日閲覧
  5. ^ 選手獲得のお知らせ東京ヤクルトスワローズ公式サイト 2011年11月24日閲覧
  6. ^ “阪神 逆転勝ちで初の6連勝 桧山が代打で100打点記録”. (2013年5月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/12/kiji/K20130512005788840.html 2013年5月12日閲覧。 
  7. ^ 戦力外通告のお知らせヤクルト球団公式サイト

関連項目編集

外部リンク編集