メインメニューを開く

水谷川忠俊

日本の作曲家、雅楽研究家

水谷川 忠俊(みやがわ ただとし、1935年12月9日[1] - )は、日本の作曲家、雅楽研究家。旧姓名・近衛俊健[1]

目次

経歴編集

近衛秀麿の次男(非嫡出子)として大阪市東区久宝寺町に生まれる[2]。母は坪井文子。1937年7月22日、父秀麿により、大阪市東区役所に出生届が出される[3]1939年10月19日、父の末弟である水谷川忠麿の養子となり、忠俊と改名[1]。物心ついたときは東京千駄ヶ谷の忠麿のアトリエにおり、生母の記憶はないという[3]

学習院初等科在学中、奈良県に転居し、奈良女子高等師範学校附属小学校(現・奈良女子大学附属小学校)から同中学校・同高校(現・奈良女子大学附属中等教育学校)を卒業。上京後、山本直純の助手を務めながら作曲を学ぶ。1962年8月、マドリード王立音楽院の給費留学生の試験に合格し、スペインに留学[4]1963年、ベルリン市立音楽院(現・ベルリン芸術大学)に留学。1968年、日本に帰国。

実兄の近衛秀健も作曲家で指揮者。妻は子爵阿野季忠の長男阿野季房の娘で、学習院初等科の同級生だった[4]佐喜子。長女の水谷川陽子はヴァイオリニスト、次女の水谷川優子はチェリスト。

作品編集

民謡編集

テレビドラマ音楽編集

脚注編集

  1. ^ a b c 大野芳『近衛秀麿』p.249
  2. ^ 大野、p.279。
  3. ^ a b 大野芳『近衛秀麿』p.250
  4. ^ a b 大野、p.390。

参考文献編集

  • 大野芳『近衛秀麿 - 日本のオーケストラをつくった男』講談社、2006年。ISBN 4-06-212490-4