池田 幸司(いけだ こうじ、1965年8月6日[1][2][3] - )は、主に1980年代中期頃に活動した日本の元歌手シンガーソングライター。愛称及び別名義はCOJIE(コージ)[4][1]岡山県岡山市出身[1][2][3]田辺エージェンシー[1]キャニオン・レコード[1]に所属していた。

池田 幸司
生誕 (1965-08-06) 1965年8月6日(58歳)
出身地 日本の旗 日本 岡山県岡山市
ジャンル ポップ・ミュージック
職業 歌手
シンガーソングライター
活動期間 1984年 - 1987年
レーベル キャニオン・レコード
事務所 田辺エージェンシー

来歴・人物

編集

3歳から5歳まで家の仕事の都合で、長崎の母の実家で育つ[5]。小さい頃は「ポケットモンキー」とも言われたほど木登りが得意だったという[6]。5歳の時からクラシックピアノを習い始め[2](本人曰く「押し付けられて」[1])、小学6年生までやっていた[5]。その小学6年生の時にNHK-FMの『サウンドストリート』『軽音楽をあなたに』などを聴き始め、レオ・セイヤーの『When I Need You』を聴いて泣くなどして、それからクラシック・ピアノからポップスの世界へ入っていく[5]。中学入学後、13歳の時からギター弾き語りを始める[1]。クラシック・ピアノを辞めたのは「ビートルズがすごいと思ったから」と話していたことがある[7]かぐや姫さだまさしアリスなどのフォークソングの曲を演奏しようと、ギターを独学する[2]。少年時代は他人とは違うテクニックでの演奏を目指そうとして、毎日のようにハードロックブルースラグタイムなどの洋楽を聴きこんでいた[8][2]。そしてふと邦楽に立ち返った高校1年生の秋にアルフィーのアルバム『讃集詩』に出会って「これだ!」と思い、これがきっかけでアルフィーが自分の“理想の音楽”だとして見つけたアーティストとなった[8][2][5]。音楽の他には大藪春彦ハードボイルド小説や[9]片岡義男村上春樹の小説が好きで、自分でも日頃からエッセイを書き溜めていたことがあった[8]。また「三島由紀夫の生き方が好き」とも話していたことがある[10]

岡山県立岡山朝日高等学校に入学[4]、高校では応援団に所属していた[8]。高校入学後に自ら作曲を始める[11]。この頃は殆んどピアノで作曲していた[11]。一方でその高校生時代にニッポン放送のラジオ番組『坂崎幸之助のオールナイトニッポン』へ自分のはがきやデモテープを送り続け、同番組で名が売れるようになる[1]。同番組ではアルフィーのミキサーの鈴木千春の名を借り「岡山の千春」を名乗っていた[1][5]

1983年1月、地元・倉敷駅でコンサートツアー移動中のアルフィーのメンバーらと直接出会い、自分の音楽論や意気込みなどを直接伝える機会を得る[12]。ここで「面白い奴だ」と認められるなど[12]、このユニークさと熱意、音楽的志向の強さにアルフィーのスタッフが強く反応し、アルフィーの他のスタッフらファミリーに紹介される[1][2]。1983年3月、坂崎幸之助から直接ラジオを通じて「上京したら番組に出してあげよう」と発せられたメッセージを受け早速翌週に上京[5]、番組で自己PRをするなど出演させてもらえたが、そこでスタッフから“プロ修業準備期間”を与えられるような形で「これから高校卒業までの1年間で何が出来るかやってみて、それからだ」といったことを言い渡される[5]。そして地元・岡山に帰り早速ビートルズの全曲のコピーを始める[5]。また一方ではピアノの特技を活かしてエルトン・ジョン、アルフィーを「誰にも負けないくらい」コピーした[11]。同年8月10日に開催されたアルフィーの大阪城音楽堂でのライブにて前座で出演し「僕が岡山の千春です!」と自己紹介。大声援の中、アルフィーの『ロックンロール・ナイトショー』を歌う[1][2]。同年12月23日、アマチュアとしては最後となったソロ・コンサートを岡山ビブレホールで行い、満員約500人の観客を動員、約200が入れなかったという盛況ぶりだった[4]

1984年3月の高校卒業後上京、メジャー・デビューに向けて「Cojie's Projectチーム」が結成される[1]。同年9月21日キャニオン・レコードよりシングル『BETTY, I LOVE YOU』でメジャー・デビューする。このデビュー曲はビートルズの『ミッシェル』、『ガール』に触発される形で制作したという[5]

その後シングル4枚、布袋寅泰らがレコーディングに参加したアルバム『BOY'S STREET←→GIRL'S AVENUE』を発表。FM愛知のラジオ番組『池田幸司のトランジスター・ムーン』が1987年9月いっぱいで終了後、引退。

ディスコグラフィー

編集

シングル

編集
発売日 レーベル タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1984年9月21日 キャニオン A BETTY, I LOVE YOU 池田幸司 池田幸司 Cojie's Project オリコンチャートで残る記録は、
最高96位、登場週数2週、売上枚数4000枚[13]
B 君って… 池田幸司・秋元康
1985年4月 A 嘘だと言ってよステラ 池田幸司
B たった1つのLove Story 青木美恵子
1985年7月 A まかせろ!ルーシー 池田幸司
B さよならRiver side 池田幸司・青木美恵子
1986年1月21日 A ネバーランドへいこう イノ・ブランシュ 佐久間正英
B 走り出したコンバース 池田幸司 池田幸司

アルバム

編集

BOY'S STREET←→GIRL'S AVENUE」(1985年11月21日

  1. Radioハ今夜12時ニ
    作詞・作曲:池田幸司/編曲:池田幸司・佐久間正英
  2. あいつとGood Luck
    作詞:イノ・ブランシュ/作曲:池田幸司/編曲:佐久間正英
  3. 9月のプールサイド/Princess At The Pool-side
    作詞:イノ・ブランシュ/作曲:池田幸司/編曲:佐久間正英
  4. ふたりの"J"
    作詞・作曲:池田幸司/編曲:井上鑑
  5. Gray -ボクと彼女と冬の日に-
    作詞・作曲: 池田幸司/編曲:井上鑑
  6. Stella #2~Lucy #2
    作詞・作曲・編曲:池田幸司
  7. なつかしき1985
    作詞・作曲:池田幸司/編曲:井上鑑
  8. WEST RIVER
    作詞・作曲:池田幸司/編曲:井上鑑
  9. 走り出したコンバース
    作詞・作曲・編曲:池田幸司

参加ミュージシャン

編集

楽曲提供

編集

出演

編集

ラジオ

編集

脚注

編集

出典

編集
  1. ^ a b c d e f g h i j k l ラジオマガジン 1984年10月号 129 - 130頁 本人記事。
  2. ^ a b c d e f g h 明星集英社)1984年10月号 164頁「今月の新人」
  3. ^ a b c d DJ名鑑 1987三才ブックス、1987年2月15日、22頁。
  4. ^ a b c 明星 1984年12月号 162 - 163頁 本人記事。
  5. ^ a b c d e f g h i 明星 1985年1月号 130 - 131頁 本人記事。
  6. ^ 近代映画 1984年12月号 122 - 123頁 本人記事。
  7. ^ GBソニー・マガジンズ)1985年2月号 127 - 129頁 本人記事。
  8. ^ a b c d 月刊平凡 1984年11月号 本人記事。
  9. ^ GB(ソニー・マガジンズ)1985年3月号 36 - 38頁 本人記事。
  10. ^ GB(ソニー・マガジンズ)1985年1月号 156 - 157頁 本人記事。
  11. ^ a b c 近代映画 1984年11月号 95 - 97頁 本人記事。
  12. ^ a b 明星 1984年11月号 163頁 本人記事。
  13. ^ 1968 - 1997 オリコン チャート・ブック(1997年12月11日第1刷)26頁。