メインメニューを開く

河原田 明(かわらだ あきら、1940年9月18日- )は、群馬県出身の元プロ野球選手投手)。

河原田 明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県前橋市
生年月日 (1940-09-18) 1940年9月18日(78歳)
身長
体重
183 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1959年
初出場 1960年
最終出場 1961年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

早稲田実業学校高等部では、同期の王貞治の控え投手として甲子園に3回出場。1956年夏の選手権は2回戦で岐阜商に敗退[1]。2年上のチームメートに三塁手徳武定之がいる。

1957年春の選抜では、決勝で高知商を破り優勝を経験する[2]。しかし同年夏の選手権はベンチ入りできなかった。王に出場資格がないことで話題となった同年秋の静岡国体は、1回戦で倉島今朝徳のいた上田松尾高と対戦、リリーフで登板するが大敗を喫する。1年上のチームメートには遊撃手相沢邦昭がいた。

1958年春の選抜では、準々決勝で済々黌高に敗退するが、この試合で王をリリーフし甲子園初登板を果たす[2]。同年夏の甲子園都予選も決勝に進むが明治高に敗退、この試合でも王をリリーフして登板した。

大型左腕として期待され、1958年東映フライヤーズに入団。1960年に一軍に上がり、8月24日には西鉄を相手に初先発。しかしその後は伸び悩み、1963年限りで現役引退。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1960 東映 6 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 51 11.0 14 0 4 0 1 6 0 0 8 6 4.91 1.64
1961 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 15 3.0 5 1 0 0 0 1 0 0 3 3 9.00 1.67
通算:2年 8 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 66 14.0 19 1 4 0 1 7 0 0 11 9 5.79 1.64

背番号編集

  • 15 (1959年 - 1961年)
  • 38 (1962年 - 1963年)

脚注編集

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目編集