津田算長

1499-1568, 戦国時代の武将

津田 算長(つだ かずなが(さんちょう)、明応8年(1499年)頃 - 永禄10年12月22日/23日1568年1月21日/22日)頃)は、戦国時代の武将。通称は監物。杉ノ坊算長ともいう。弟に杉ノ坊明算、子に津田算正杉ノ坊照算、津田有直がいる。

略歴編集

津田正信を祖とした楠木氏一族の末裔を名乗ったとされる[注釈 1]紀伊国吐前城(現・和歌山県和歌山市吐前)主。根来寺僧兵の長。火縄銃の名手で、日本における鉄砲術の基礎を編み出したとされ、「津田流砲術」を創始した。

自ら種子島に渡り、領主・種子島時尭から一丁の種子島銃を買い、職人・芝辻清右衛門に鉄砲を複製させた。鉄砲技術を算長が畿内に持ち込んだ事によって、紀伊・などは鉄砲の大量生産国となった。

なお、『鉄炮記』ではもともと種子島の住人であったとしている。

永禄10年(1567年)死去。享年69。

関連書籍編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ただし正徳4年(1714年)成立の『武芸小伝』では津田監物は「紀州那賀郡小倉人也」とされており[1]、紀州津田氏は紀伊出身を自称していた[2]文化9年(1812年)発行の『紀伊国名所図会』になると、津田監物は河内国交野郡津田城主・津田正信の長男とされるようになっており、紀州津田氏は河内出身を名乗るようになっている[2]

出典編集

  1. ^ 日夏繁高 『本朝武芸小伝』大日本武徳会本部、1920年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/927114/120 
  2. ^ a b 馬部隆弘椿井文書―日本最大級の偽文書』中央公論新社中公新書〉、2020年、172頁。ISBN 978-4-12-102584-5