海邦銀行SC(かいほうぎんこうエスシー、Kaiho Bank Soccer Club)は、沖縄県那覇市を本拠地とする社会人サッカーチーム。正式名称は海邦銀行サッカークラブ、愛称はかいぎんサッカークラブである[1]

海邦銀行SC
原語表記 海邦銀行サッカークラブ
呼称 海邦銀行SC
愛称 かいぎんサッカークラブ
クラブカラー  
創設年 1985年
所属リーグ 九州サッカーリーグ
ホームタウン 沖縄県那覇市
ホームスタジアム Koganemori Athletic Stadium.jpg
黄金森公園陸上競技場
Nanjo Athletic Stadium.jpg南城市陸上競技場
Gosamaru Athletic Stadium.jpg吉の浦公園ごさまる陸上競技場
Kochinda Soccer Field.jpg東風平運動公園サッカー場
収容人数 5,300(黄金森陸)
2,400(南城市陸)
2,000(ごさまる)
850(東風平サ)
監督 日本の旗 仲間幹
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

歴史編集

1985年第42回国民体育大会(海邦国体)に向けた沖縄県の強化チームとして創設[2][3]。名称は海邦クラブ

1985年・1986年九州各県リーグ決勝大会で2年連続準優勝するも、ともに入替戦で三菱重工長崎に敗れ九州リーグ昇格を逃す。

1986年、地元開催となる全国社会人サッカー選手権に出場し、ベスト8に進出。

国体後は一般チームとして活動を続ける。1996年第76回天皇杯全日本サッカー選手権大会に初出場。この年は沖縄県リーグ1部を制し九州各県リーグ決勝大会で準優勝するも、入替戦ではまたしても三菱重工長崎に敗れ九州リーグ昇格を逃す。

1999年度は県リーグ優勝を果たすと、翌年1月の九州各県リーグ決勝大会では沖縄県勢として初優勝。沖縄県勢初の九州リーグ昇格を果たした[2]

2000年から、地元の金融機関である沖縄海邦銀行とスポンサー契約を結び海邦銀行サッカークラブ(海邦銀行SC)へ改称。

この年は4年ぶりに天皇杯出場を果たしたが、リーグ戦は18試合でわずか2勝しか挙げられず、9位のブレイズ熊本に勝点11の差をつけられ、1年で沖縄県リーグへ降格。

2002年、県リーグ1部で3年ぶりに優勝。九州各県リーグ決勝大会も優勝し、3年ぶりに九州リーグへ復帰した。

2006年は9チーム中最下位となったが、翌年1月に九州各県リーグ決勝大会2位の延岡市SCとの入替戦に勝利して残留。

2010年は9チーム中最下位となったが、翌年1月に九州各県リーグ決勝大会2位のF.C.那覇との入替戦に勝利して残留。

2011年沖縄県サッカー選手権大会で優勝し11年ぶりに天皇杯に出場[2]

2012年、13年ぶりに全国社会人サッカー選手権に出場。1986年以来となるベスト8に進出する。

2010年代以降は九州リーグで安定して中位を争うチームとなり、2014年には史上最高の2位と躍進した。

クラブ成績編集

年度 所属 順位 勝点 試合 PK勝 PK敗 得点 失点
1999 沖縄県1部 優勝
2000 九州 10位 8 18 2 0 2 14 14 53 -39
2001 沖縄県1部
2002 優勝
2003 九州 8位 26 22 6 3 2 11
2004 7位 20 18 6 1 0 11
2005 7位 18 18 5 1 1 11
2006 9位 7 16 2 0 1 13 15 43 -28
2007 9位 15 20 5 0 0 15 17 80 -63
2008 6位 21 18 5 2 2 9 18 44 -26
2009 5位 23 16 6 1 3 6 22 21 1
2010 9位 15 16 4 0 3 9 16 38 -22
2011 8位 17 18 3 2 4 9 19 34 -15
2012 5位 30 18 9 1 1 7 34 29 -5
2013 5位 24 18 5 3 3 7 27 45 -18
2014 2位 37 18 10 3 1 4 51 25 26
2015 6位 22 18 5 2 3 8 36 42 -6
2016 8位 7 9 2 0 1 6 10 27 -17
2017 6位 33 20 8 4 1 7 38 40 -2
2018 6位 23 18 5 3 2 8 26 41 -15
2019 5位 26 18 7 2 1 8 34 39 -5
2020 新型コロナウイルスの影響により途中辞退(のちにリーグ戦中止)[4]
2021 6位 21 18 7 0 0 11 29 37 -8

タイトル編集

リーグ戦編集

所属選手・スタッフ編集

2022年

スタッフ編集

役職 氏名 前職 備考
総監督   金城進
監督   仲間幹
コーチ   石井洋介 海邦銀行SC 選手

選手編集

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 1   與那城慧太 沖縄国際大学
21   新里ジュリアン 浦添SC
31   與那城昴太 FC那覇
DF 3   吉平駿 FC那覇
4   佐久川広也 沖縄国際大学
20   津波古充国 FC那覇
25   櫻井豪流 静岡産業大学
27   志村保明 国際武道大学
29   富山隆史 沖縄国際大学
30   仲宗根良太 横浜猛蹴FC
MF 2   仲宗根知弘 FC与那原
5   与那嶺偉 鹿児島ユナイテッドFCセカンド
7   照屋靖人 金武クラブ
8   金城大樹 名桜大学
9   吉元雅人 沖縄国際大学
11   玉城竜馬 FC那覇
12   秦賢二 MIOびわこ滋賀
15   大城祐真 沖縄国際大学
17   比嘉雄作 沖縄電力SC
18   伊集守慶 東風平クラブ
24   堀川笙 鹿児島実業高校
28   島優也 FC那覇
32   赤嶺良賢 沖縄国際大学
33   高良透矢 同志社大学
FW 10   高良清和 沖縄国際大学
13   吉嶺文啓 琉球大学
14   新田呂 FC琉球
16   恩納正気 沖縄国際大学
19   野原健太 日本体育大学
26   上原大輔 小禄クラブ

永久欠番編集

歴代監督編集

ユニフォーム編集

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
 
 
 
 
 
 
 
FP 1st
 
 
 
 
 
 
 
FP 2nd
 
 
 
 
 
 
 
GK 1st
 
 
 
 
 
 
 
GK 2nd

ユニフォームスポンサー編集

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
沖縄海邦銀行 OKINAWA
KAIHO
鎖骨 なし - -
背中上部 なし - -
背中下部 なし - -
なし - -
パンツ なし - -

ユニフォームサプライヤー編集

歴代ユニフォームスポンサー年表編集

年度 鎖骨 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2015 OKINAWA
KAIHO
- - - - - Mizuno
2016
2017 PENALTY
2018
2019
2020

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ かいぎんサッカークラブ”. 沖縄海邦銀行. 2018年2月26日閲覧。
  2. ^ a b c 第91回天皇杯(チーム紹介)”. 共同通信社 (2011年10月25日). 2018年2月26日閲覧。
  3. ^ [海銀SC疾走20年 九州L挑戦の軌跡](中)有力選手の受け皿に 37年受け継ぐ「向上心」 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2022年3月19日閲覧。
  4. ^ 辞退時点で「1PK勝1PK敗1敗・得点2・失点3」で暫定5位であった。
  5. ^ [海銀SC疾走20年 九州L挑戦の軌跡](上)走力鍛え戦う海銀に 降格危機2度乗り越え | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2022年3月19日閲覧。

外部リンク編集