メインメニューを開く

清水 忠史(しみず ただし、1968年5月5日 - )は日本政治家、元タレント日本共産党所属の衆議院議員(2期)。日本共産党大阪府委員会副委員長。清水ただしとも。

清水 忠史
しみず ただし
生年月日 (1968-05-05) 1968年5月5日(51歳)
出生地 日本の旗 大阪府吹田市
出身校 大阪府立東淀川高等学校卒業
大阪経済大学経営学部中退
前職 お笑い芸人
日本共産党職員
しんぶん赤旗梅田出張所長[1]
大阪市議会議員
現職 日本共産党大阪府委員会副委員長
所属政党 日本共産党
公式サイト 清水ただし – 日本共産党 衆議院議員

選挙区 比例近畿ブロック大阪4区
当選回数 2回
在任期間 2014年12月14日 - 2017年9月28日
2019年4月17日
- 現職

選挙区 福島区選挙区
当選回数 1回
在任期間 2007年 - 2010年
テンプレートを表示

来歴編集

大阪府吹田市生まれ[2]大阪経済大学経営学部II部中退[3]飲食店勤務の傍ら漫才コンビツインタワーを結成[2]1993年から1995年まで松竹芸能に所属し芸能活動を行う[2]。同期はオセロますだおかだ[4]。その後、阪神淡路大震災ボランティアを通じて日本共産党を知り、1997年4月に同党へ入党[5]

2003年大阪府議会議員選挙候補を経て[2]2007年には大阪市議会議員選挙に福島区選挙区から立候補、初当選(トップ当選)を果たす[6]。なお、この選挙において、同区では20年ぶりに共産党が議席を獲得している[5]。任期途中の2010年、同市議を辞職し第22回参議院議員通常選挙大阪府選挙区から立候補するも当選はならなかった[2]。市議時代は場外車券売場進出反対の他、大阪厚生年金病院を守る運動を市民との共同で推進[5]

原発再稼動反対、日米安保反対などの政策マニフェストにし、日本共産党大阪府委員会副委員長にもなっている。

2012年の第46回衆議院議員総選挙大阪4区から立候補し落選。

2014年の第47回衆議院議員総選挙に大阪4区から立候補。小選挙区では、中山泰秀に敗れるが重複立候補した比例近畿ブロックで順位3位で比例復活し初当選した[7]

2017年の第48回衆議院議員総選挙に大阪4区から立候補。小選挙区で中山に敗れ、比例復活もならず落選した[8]

2019年4月、宮本岳志の衆議院大阪12区補欠選挙立候補に伴い、議員を退職(自動失職)したことにより、同月16日に行われた選挙会で清水の繰り上げ当選が決定し、翌17日告示された[9][10]

政策編集

エピソード編集

  • 特技は合気道バナナの叩き売り[2]。後者については「極楽亭ぺんぎん」の芸名も持つ[14]
  • 大阪市議辞職後の2010年2月より、大阪放送にて「ラジオ派遣村」のパーソナリティを務める(同年8月よりインターネット番組「派遣村TV」に移行し、2013年3月終了)[4]
    • パーソナリティを務めた「ラジオ派遣村」は貧困ジャーナリズム賞を受賞した[2]
  • 2013年4月より、兵庫エフエム放送にて「Charge up RADIO」のパーソナリティを務める(2015年2月22日終了)。
  • 2016年12月、統合型リゾート(IR)整備推進法案の審議において、持統天皇が発令したすごろく禁止令を引き合いに「あなた方は天皇が決めたことを破るんですか」と発言し、カジノ法案に反対の意見表明を行った[15]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 清水ただしTwitter @tadashishimizu
  2. ^ a b c d e f g 清水ただしプロフィール
  3. ^ 参院選2010 YOMIURI ONLINE
  4. ^ a b コラム「ことのはぐさ」 2010.6.30(月) 弁護士 岩田研二郎 きづがわ共同法律事務所(リンク切れ)
  5. ^ a b c 政治動かす新しい力 参院大阪選挙区候補 清水ただし物語2 人間の幸福目指す党に人生を重ねて 日本共産党大阪府委員会
  6. ^ 福島区選挙区 ザ 選挙
  7. ^ 大阪 - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  8. ^ 大阪-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  9. ^ 平成31年4月17日『官報』本紙第7490号8ページ「平成二十九年十月二十二日執行の衆議院比例代表選出議員選挙近畿選挙区における名簿届出政党等に係る欠員による繰上補充による当選人の住所及び氏名に関する件(中央選挙管理会一三)」
  10. ^ 共産・清水氏の繰り上げ当選決定 衆院比例代表近畿ブロック - 毎日新聞 2019年4月16日
  11. ^ 日本共産党 動画 原発いらない官邸前抗議行動
  12. ^ 2014年衆院選 毎日新聞 候補者アンケート
  13. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  14. ^ きょうの潮流 しんぶん赤旗 2010年7月9日
  15. ^ 共産:カジノ法案批判「賭博は持統天皇以来禁止」 毎日新聞 2016年12月2日

関連項目編集

外部リンク編集