清水 知子(しみず ともこ)は、日本の社会学者・文化理論家。専門は、文化理論・メディア文化論[1]東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科准教授[2]

略歴編集

愛知県生まれ[3]愛知県立岡崎高等学校、筑波大学第二学群比較文化学類を卒業後、英国バーミンガム大学大学院に留学(1998-1999)、修士(社会学・カルチュラル・スタディーズ)号を取得。筑波大学大学院博士課程文芸・言語研究科修了。博士(文学)日本学術振興会特別研究員(PD)、山梨大学教育学部専任講師、助教授を経て、2006年より筑波大学人文社会科学研究科講師、2014年より筑波大学人文社会系准教授。その間、ハーバード大学ライシャワー日本研究所 客員研究員(2010-2011 フルブライト研究員)、ベルリン自由大学客員研究員(2018-2019)を歴任[1]。2022年より東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科准教授。

著作編集

単著編集

  • 『文化と暴力—揺曳するユニオンジャック』(月曜社、2013年)
  • 『ディズニーと動物-王国の魔法をとく』(筑摩選書、2021年)

共著編集

訳書編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 筑波大学研究者総覧
  2. ^ Academic Staff | 東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻” (日本語) (2016年3月28日). 2022年6月13日閲覧。
  3. ^ 『文化と暴力』著者紹介

外部リンク編集