メインメニューを開く

渡久地 政信(とくち まさのぶ、1916年(大正5年)10月26日 - 1998年(平成10年)9月13日)は、日本の歌手作曲家

渡久地 政信
Tokuchi Masanobu.JPG
1956年頃の渡久地政信
基本情報
別名 貴島正一
生誕 (1916-10-26) 1916年10月26日
出身地 日本の旗 日本 沖縄県国頭郡恩納村
死没 (1998-09-13) 1998年9月13日(81歳没)
学歴 日本大学藝術学部
職業 作曲家
龍郷湾と「島のブルース」の歌碑

人物編集

沖縄県国頭郡恩納村に生まれ、少年期を奄美大島で過ごす。日本大学藝術学部卒業後、1943年(昭和18年)、日本ビクターレコードより貴島正一の名で歌手デビュー。

1951年(昭和26年)よりキングレコード専属の作曲家に転身(後に古巣のビクターに移籍)。以後、『上海帰りのリル』、『お富さん』、『島のブルース』など数多くのヒット曲を手掛ける。中山晋平メロディーが日本民謡古賀政男メロディーが朝鮮民謡、服部良一メロディーがジャズを基調としているのに対し、渡久地メロディーは生まれ育った沖縄・奄美民謡をベースにしているといわれる。

1998年9月13日、肺炎のため死去。81歳没。没後、第40回日本レコード大賞特別功労賞が贈られている[1]

主な作品編集

歌謡曲編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ 第40回日本レコード大賞 日本作曲家協会