三沢あけみ

日本の女性歌手、女優

三沢 あけみ(みさわ あけみ、1945年昭和20年〉6月2日 - )は、日本演歌歌手女優。本名は宮下 登志子。現在は東京都在住。

三沢 あけみ
出生名 宮下 登志子
生誕 (1945-06-02) 1945年6月2日(78歳)
出身地 日本の旗 日本長野県伊那市
学歴 小野学園女子高等学校卒業[1]
ジャンル 演歌
歌謡曲
職業 歌手
女優
担当楽器
活動期間 1959年 -
事務所 三沢あけみオフィス
公式サイト 三沢あけみ

来歴編集

長野県伊那市に生まれる。 第7期東映ニューフェイスに合格(同期は宮園純子三島ゆり子結城美栄子)。

  • 1959年(昭和34年)-東映ニューフェイスに合格、NETテレビドラマ笛吹童子』三沢あけみとして芸能界デビュー。
    • 芸名は、当時の東映京都撮影所長が、いずれも字画が良いとして「笹川まゆみ」と「三沢あけみ」の2点を提示し、本人は後者を選んだ[2]
  • 1961年(昭和36年)-映画デビューし、時代劇で活躍する。
  • 1963年(昭和38年)
  • 1979年(昭和54年)9月-再起第1弾「わかれ酒」発売、40万枚を超すロング・ヒット。
  • 1980年(昭和55年)4月-「恋しくて」をリリース、続けてヒットする。
    • 8月-約20年ぶりにテレビドラマ「若き日の北条早雲」(テレビ朝日)にレギュラー出演。
  • 1981年(昭和56年)
    • 1月-東宝正月歌舞伎「半七捕物帳」で長谷川一夫先生と初共演の初舞台を踏む。
    • 9月-三沢あけみ演歌塾を全国40ケ所以上で開催。
    • 10月-NHK作詞大賞受賞「夜の雨」。
  • 1982年(昭和57年)
    • 6月-歌手生活20周年リサイタルを新橋演舞場で開く。
    • 10月-ブラジル、ハワイ公演。
  • 1987年(昭和62年)
    • 6月-「渡り鳥」のロングセラーでNHK古賀賞受賞。
    • 7月-メガロポリス歌謡祭演歌部門入賞。
    • 9月-日本演歌大賞受賞。
    • 10月-NHK作詞大賞受賞「渡り鳥」。
    • 11月-演歌音楽祭演歌特別奨励賞受賞。
    • 12月-日本有線放送大賞特別奨励賞受賞。日本レコード大賞歌唱賞入賞。
  • 1988年(昭和63年)
    • 6月-NHK古賀賞受賞「北国恋歌」。
    • 7月-メガロポリス歌謡祭演歌部門入賞。
    • 10月-横浜音楽祭演歌賞入賞。
  • 1989年(昭和64年・平成元年)
    • 10月-横浜音楽祭演歌特別奨励賞受賞「色もよう」。
    • 12月-日本有線大賞協会撰賞受賞。
  • 1991年(平成3年)4月-海部俊樹首相主催「ゴルバチョフ・ソ連大統領歓迎晩餐会」にて日本人歌手として初めて歌を披露。
  • 1992年(平成4年)
    • 3月-30周年記念アルバム「エンドレスソング~愛・・・永遠に~」発売。
    • 6月-メガロポリス歌謡祭特別賞受賞。
    • 9月-30周年リサイタル「明日へ!この歌の道を・・・」NHKホール他、全国5ケ所にて開催。
    • 11月-レコード大賞部門賞・優秀アルバム賞受賞。
    • 12月-日本有線大賞・30周年特別賞受賞。
  • 1993年(平成5年)11月-ロッテ「ホカロン」コマーシャル出演。
  • 1995年(平成7年)11月-日本作詞大賞入賞「彩り川」。
  • 1997年(平成9年)
    • 9月-35周年記念シングル「おかけになった番号は」発売。
    • 10月-芸術祭参加35周年リサイタルを有楽町の朝日ホールで開催。
  • 2002年(平成14年)
    • 4月-歌手生活40周年記念盤「つむぎ恋唄」発売。
    • 「島のブルース」のふるさと奄美大島にて記念コンサート。
    • 「島のブルース」歌碑、渡久地政信先生の顕彰碑建立。
  • 2004年(平成16年)
    • 1月-三越創業100年記念浅草ろまん「雪の花道」三越劇場出演。
    • 3月-明治座藤田まことオンステージ」ゲスト出演。
  • 2005年(平成17年)
    • 3月-ラジオ「三沢あけみの“SHOWAダウンロード(文化放送・南海放送等)」スタート。
    • 9月-明治座 藤田まこと公演「人生まわり舞台“浮草”」にゲスト出演、「こころ花」を歌唱して大好評を博す。
  • 2006年(平成18年)2月-約1年に亘り、久々の全国18ヶ所36公演のツアーを実施。「こころ花」を5万枚を超すヒットへと結びつける。
  • 2007年(平成19年)歌手生活45周年記念曲「艶歌女房/四国の人よさようなら」発売。
  • 2008年(平成20年)芸能生活50周年を翌年に控え、テレビワイドショー・ラジオ・舞台・ドラマ・バラエティー等、多方面で幅広く活動。
  • 2009年(平成21年)11月16日、2009年度「文化庁長官表彰」を受賞する。又、同11月16日「芸能生活50周年記念イベント”あけみ祭り”」を帝国ホテル富士の間で開催。
  • 2010年(平成22年)7月14日ニューシングル「女のしぐれ道」(作曲:つんく♂)発売。
  • 2011年(平成23年)8月24日ニューシングル「三味線ブギ」発売。
  • 2012年(平成24年)第54回日本レコード大賞功労賞受賞。当年、乳がん(ステージ1)を患い、手術[3]
  • 2013年(平成25年)歌手生活50周年。6月26日ニューシングル「花咲く季節(ころ)に」発売。
  • 2019年(令和元年)肺腺がん(ステージ1)を患い、手術にて右肺を切除[3]
  • 2022年(令和4年)1月26日ニューシングル「与論島慕情」発売。


ディスコグラフィー編集

シングル編集

  1. ふられ上手にほれ上手(1963年)
  2. 島のブルース(1963年)
  3. 私も流れの渡り鳥(1963年)
  4. 明日はお立ちか(1964年)
  5. わかれ酒(1979年)
  6. 恋しくて(1980年)
  7. 渡り鳥(1987年)
  8. 北国恋歌(1988年4月21日)
  9. 港町(1990年5月21日)
  10. 恋銀河(1992年1月21日)
  11. 女のゆきどけ(1993年4月21日)
  12. 酔うほどに(1994年4月21日)
  13. 彩り川(1995年4月21日)
  14. 夫婦ごころ(1995年10月21日)
  15. 悲恋劇(1997年3月5日)
  16. おかけになった番号は…(1997年9月22日)
  17. ていんさぐの花(1998年6月24日)
  18. ふられの酒(1999年6月23日)
  19. 風まかせ(2000年2月2日)
  20. 茉莉花の涙(2001年1月24日)
  21. つむぎ恋唄(2002年4月24日)
  22. つむぎ恋唄(2003年7月23日)
  23. 天国と地獄(2004年7月21日)
  24. こころ花(2005年11月23日)
  25. 歌カラ・ヒット4(33)(2006年2月22日)
  26. 艶歌女房(2007年4月25日)
  27. 誘われて浜松(2008年3月26日)
  28. 海人恋唄(2009年8月5日) - デビュー50周年記念曲
  29. 女のしぐれ道(2010年7月14日) - つんく作曲
  30. 三味線ブギ(2011年8月24日) - 市丸「三味線ブギウギ」のカヴァー
  31. 花咲く季節(ころ)(2013年6月26日)
  32. 与論島慕情(2022年1月26日)

アルバム編集

  1. 渡り鳥(1988年2月21日)
  2. BEST ONE 決定版 三沢あけみ 全曲集(1989年11月21日)
  3. 三沢あけみ 全曲集(1990年10月25日)
  4. 〜愛…永遠に〜エンドレスソング(1992年3月21日)
  5. 豪華版 三沢あけみ全曲集(1992年11月26日)
  6. 女のゆきどけ/艶歌集(1993年6月23日)
  7. 三沢あけみ/全曲集(1993年10月27日)
  8. 酔うほどに〜オリジナル・ヒット&カラオケ〜(1994年5月21日)
  9. BEST of BEST(1994年6月25日)
  10. 全曲集(1994年11月2日)
  11. ベスト(1995年12月1日)
  12. BEST ONE(1996年10月23日)
  13. ベスト〈BEST ONE〉(1997年10月22日)
  14. ベストアルバム(1998年10月21日)
  15. 全曲集(1999年10月21日)
  16. 三沢あけみ全曲集(2001年10月24日)
  17. 三沢あけみ 全曲集(2002年9月21日)
  18. 三沢あけみ全曲集(2003年11月26日)
  19. 三沢あけみベスト〜こころ花〜(2005年11月23日)
  20. 三沢あけみベスト~艶歌女房(つやうたにょうぼ)(2007年9月21日)
  21. 三沢あけみベスト旅情編~誘われて浜松~(2008年10月22日)
  22. 三沢あけみ全曲集~芸能生活50周年記念~(2009年10月21日)
  23. 三沢あけみベスト~女のしぐれ道~(2010年10月20日)
  24. ~アルバム~私の選んだ作品集(2018年2月21日)

NHK紅白歌合戦出場歴編集

年度/放送回 曲目 対戦相手
1963年(昭和38年)/第14回 島のブルース 舟木一夫
1965年(昭和40年)/第16回 アリューシャン小唄
1966年(昭和41年)/第17回 サガレン小唄 井沢八郎
1967年(昭和42年)/第18回 お手を拝借 ハナ肇とクレージーキャッツ
1968年(昭和43年)/第19回 木曽節 フランク永井

主な出演作編集

映画編集

テレビドラマ編集

歌番組編集

ラジオ編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.524
  2. ^ 週刊テレビ番組(東京ポスト)1982年5月21日号 p.55「芸名由来記」
  3. ^ a b 三沢あけみ、10年間で2度の「がん」告白 早期発見&手術で「元気になりました」”. 産経新聞社 (2022年3月31日). 2023年5月31日閲覧。

外部リンク編集