メインメニューを開く

渡会 純男(わたらい すみお、1938年9月4日 - )は、大分県出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ

渡会 純男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県
生年月日 (1938-09-04) 1938年9月4日(80歳)
身長
体重
179 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手
プロ入り 1957年
初出場 1958年
最終出場 1971年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 南海ホークス (1968 - 1971,1986)

目次

来歴・人物編集

大分商業では同期のエース祓川正敏とバッテリーを組む。1955年秋季九州大会県予選で決勝に進むが、日田高梅野慶志に完封を喫し敗退。その後も県予選で敗れ甲子園には出場できなかった。

祓川とともに1957年南海ホークスへ入団。野村克也の控え捕手として起用され、1960年には7試合に先発マスクを被る。1966年西鉄ライオンズに移籍。同年の最終戦で捕手として先発するが、その後は引退まで捕手としての守備機会はなかった。1968年に南海へコーチ兼任で復帰するが、ここでもブルペン捕手、偵察要員として起用される。1968年は65試合に出場しているがすべて当て馬での出場である[1]。ブルペンでリリーフ投手の調子を見るのが主な仕事で、1971年限りで引退。その後も球団職員として南海に残留し、ブルペン捕手スコアラーを歴任。1986年には1年だけ二軍バッテリーコーチを務めた。

通算419試合でマスクを被ってポジションについたのは62試合、代打出場が120試合、残る237試合(全体の57%)は当て馬として名前を貸しただけの出場だった[1]1967年5月7日の南海戦で代打で登場し、スリーバントを成功させて以降の試合は全て偵察出場となり、166試合連続偵察出場というプロ野球記録も残した[1]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1958 南海 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1959 21 4 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .250 .250 .250 .500
1960 33 38 36 1 2 1 0 0 3 2 0 0 1 1 0 0 0 8 0 .056 .056 .083 .139
1961 25 21 20 2 7 1 0 0 8 1 0 0 1 0 0 0 0 3 0 .350 .350 .400 .750
1962 35 40 38 1 6 0 0 1 9 1 1 0 0 0 1 0 1 4 1 .158 .200 .237 .437
1963 35 30 26 3 5 1 0 1 9 2 1 0 1 0 2 0 1 4 0 .192 .276 .346 .622
1964 34 23 17 1 3 1 0 0 4 0 0 0 5 0 1 0 0 5 0 .176 .222 .235 .458
1965 42 22 19 0 1 0 0 0 1 1 0 0 2 0 0 0 1 3 1 .053 .100 .053 .153
1966 西鉄 25 11 11 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .182 .182 .182 .364
1967 6 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1968 南海 65 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1969 32 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1970 39 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1971 25 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:14年 419 191 172 8 27 4 0 2 37 8 2 0 11 1 4 0 3 29 4 .157 .190 .215 .405

背番号編集

  • 48 (1957年 - 1965年、1968年 - 1971年)
  • 44 (1966年 - 1967年)
  • 84 (1986年)

脚注編集

  1. ^ a b c プロ野球記録大鑑(1993年、講談社)、240ページ

関連項目編集