湯豆腐(ゆどうふ)は、和食の一つであり、豆腐を使った鍋料理である。

湯豆腐
Yudōfu 001.jpg
土鍋で作る湯豆腐
テンプレートを表示

概要編集

材料は豆腐昆布、つけダレのみである。に昆布を敷き豆腐を入れ、温まったところを引き揚げてつけダレで食べる。

ひとつまみ、あるいは刻んだ大根をいれると豆腐が硬くならず、柔らかいまま食べられるといわれている。ただし、多く投入すると雑味となって湯豆腐ならではの淡味が失われる恐れもある。

煮立たせるのは良くないといわれている[1]。香りが飛ばないように、煮えるまで鍋を火にかけるのは避け、豆腐がぐらりとよろめく頃に食べるのがよいとされている。

付けダレには、醤油、または醤油・みりん出汁等を合わせたもの、あるいはポン酢醤油などが用いられ、薬味としてネギユズ大根おろし(紅葉おろし)、削り節などがよく用いられる。変わり種として、卵黄ニラトマトなどが用いられることもある。

煮奴・湯奴などの料理編集

醤油などで予め味付けした吸い物風のつゆで豆腐を温め、そこへ薬味を投じてそのつゆとともに食べる方法もあり、そちらは「煮奴」とも呼ばれる。さらに、家庭料理として豆腐と一緒にハクサイや鶏肉やしらたきや獣肉などを入れて煮る水炊きに近い調理法もある。

相撲部屋でもちゃんことして湯豆腐が食べられるが、普通の湯豆腐と違って豆腐だけでなく肉類鶏肉豚肉など)や野菜キノコなどが入る具だくさんの中身。特徴は付けダレにあり、卵黄と醤油を混ぜたものをベースに長ネギ・鰹節・青海苔などの薬味を入れたものを燗酒器(相撲部屋では「カンテキ」と呼ぶ)か大きな湯呑みに入れ、それを鍋中に投じて鍋の熱で温めながらかき混ぜ、頃合となったらかけて食べる[2]

江戸時代に書かれた『豆腐百珍』には「絶品」として7品が掲載されているが、その一品として湯のかわりに葛湯を使う「湯やっこ」が紹介されている[1]

文化編集

 
湯豆腐 湯豆腐桶(ゆどうふおけ)と汁次(しるつぎ)とともに
  • 主にに食べられることが多いが、として食べる人もいる。池波正太郎小説の中で登場人物に、梅雨時の冷える日に湯豆腐を食べさせており、「梅雨の湯豆腐」という短編作品もある。食通の池波らしく、あるときは焼き干し出汁に使うという贅沢なものもあった。
  • 湯豆腐を詠んだ名句に久保田万太郎の「湯豆腐やいのちのはてのうすあかり」がある[3]
  • 中国中華料理ではたれにつけながら豆腐を食べることは多くないが、貴州料理の「金鈎挂玉牌」や「豆花麺」は豆腐とともにモヤシ中華麺をゆでておき、好みの辛いたれにつけて食べる料理である。
  • 嬉野温泉のように、温泉を用いた湯豆腐がある。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 世界の食文化雑学講座”. キッコーマン. 2020年4月10日閲覧。
  2. ^ 「ちゃんこってなんですか?」ド素人の質問を元力士&漫画家の琴剣淳弥さんにぶつけてみた【相撲メシ】メシ通 2018-03-30 (リクルート、2018年4月12日閲覧)
  3. ^ 1962年(昭和37年)12月27日の銀座百店会の忘年句会に提出された一句。『流寓抄以後』(文芸春秋新社、1963年)所収。

関連項目編集