源寛

平安時代初期から前期の貴族。正四位下・宮内卿、加賀守・伊予守。母は安倍楊津の娘(宮人)。子に源矜(従五位下)

源 寛(みなもと の ひろし)は、平安時代初期から前期にかけての貴族嵯峨天皇の皇子。官位正四位下宮内卿

 
源寛
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 弘仁4年(813年
死没 貞観18年5月27日876年6月22日
官位 正四位下宮内卿
主君 仁明天皇文徳天皇清和天皇
氏族 嵯峨源氏
父母 父:嵯峨天皇、母:安倍楊津の娘
兄弟 有智子内親王潔姫正良親王正子内親王、貞姫、、全姫、、善姫、秀良親王忠良親王業良親王、基良親王、業子内親王、秀子内親王、俊子内親王、芳子内親王繁子内親王、基子内親王、仁子内親王、宗子内親王、純子内親王、斉子内親王、淳王、、澄、、賢、継、若姫、密姫、端姫、盈姫、更姫、神姫、容姫、吾姫、声姫、年姫、良姫
不詳
矜、宥
テンプレートを表示

経歴編集

元服と同時に正六位上に叙せられ、のち省試に及第して文章生となる。

仁明朝承和3年(836年正五位上から従四位上に昇叙される。のち加賀守阿波守と仁明朝前半は地方官を務める。承和12年(845年神祇伯に任ぜられると、右京大夫刑部卿と仁明朝後半から文徳朝半ばにかけて京官を歴任。この間の斉衡3年(856年)20年ぶりに昇叙され正四位下となるが、以降死去までの20年間この位階に留まった。

文徳朝末の斉衡4年(857年讃岐権守と再び地方官に転じる。清和朝貞観5年(863年)宮内卿に任ぜられ京官に復すが、貞観6年(864年越前権守を兼ね、貞観12年(870年伊予守に転じた。貞観18年(876年)5月27日卒去。享年64。最終官位は散位正四位下。

人物編集

幼い頃から学問に熱心であったことから、父の嵯峨天皇は幅広い分野に通じるよう寛に研鑽させたという。性格は地味で真面目であり、みだりに交際をしなかった。また政事に留意することがなく、自らの意志で敢えて公卿の地位には昇らなかったという[1]

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

  • 父:嵯峨天皇
  • 母:安倍楊津の娘
  • 妻:不詳
    • 男子:源矜
    • 男子:源宥(あるいは源定の子)

脚注編集

  1. ^ 日本三代実録』貞観18年5月27日条

参考文献編集