メインメニューを開く

秀良親王(ひでながしんのう/ひでよししんのう、弘仁8年(817年) - 寛平7年正月23日895年2月21日))は、平安時代初期から中期にかけての皇族嵯峨天皇の皇子。母は皇后橘嘉智子官位二品上野太守

秀良親王

続柄 嵯峨天皇皇子
全名 秀良(ひでなが/ひでよし)
身位 二品・親王
出生 弘仁8年(817年
死去 寛平7年正月23日895年2月21日)(享年79)
父親 嵯峨天皇
母親 皇后橘嘉智子
役職 中務卿
弾正尹
大宰帥
上野太守
テンプレートを表示

経歴編集

天長9年(832年冷泉院元服して三品に叙せられ、同年没官書1693巻を与えられている[1]

天長10年(833年)同母兄・仁明天皇即位後まもなく中務卿次いで弾正尹に任ぜられる。その後、仁明朝前半において、承和2年(835年大宰帥、承和7年(840年二品と叙任されている。一方、叙任記録以外にも、承和元年(834年橘奈良麻呂の乱の際に没官されていた故橘奈良麻呂の蔵書480余巻について、外戚の財産であることを理由に賜与された[2]、あるいは仁明天皇の皇子(成康親王)誕生を祝って清凉殿で奉献を行った[3]、などの活動記録が『六国史』に残っている。

承和9年(842年承和の変が発生して甥の道康親王(のち文徳天皇)が皇太子に冊立されて間もなく、業良親王は上野太守に転じる。それ以降は秀良親王に関する記録は少なく、貞観13年(871年干魃のため親王家の邸宅の池水を百姓田の灌漑に利用した[4]元慶7年(883年摂津国河辺郡墾田1町3段160歩が不当に班田使に収公されたことを訴え出て親王家に返却された[5]、などが『六国史』にわずかに記載されているのみとなっている。

長命を保ち、兄仁明天皇から数えて6代目に当たる宇多朝の寛平7年(895年)正月23日薨去享年79[6]

官歴編集

六国史』による。

脚注編集

  1. ^ 日本後紀』天長9年5月29日条
  2. ^ 続日本後紀』承和元年10月4日条
  3. ^ 『続日本後紀』承和3年12月25日条
  4. ^ 日本三代実録』貞観13年5月22日条
  5. ^ 『日本三代実録』元慶7年10月10日
  6. ^ 日本紀略