メインメニューを開く

猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」

猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」」(もうれつうちゅうこうきょうきょく・だいなながくしょう「むげんのあい」)は2012年3月7日に発売された、ももいろクローバーZの7thシングル

猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
ももいろクローバーZシングル
初出アルバム『5TH DIMENSION
B面 LOST CHILD
DNA狂詩曲
リリース
ジャンル シンフォニック・ロック
レーベル スターチャイルド
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間5位オリコン
  • デイリー2位(オリコン)
  • 2012年3月度月間13位(オリコン)
  • 2012年度年間95位(オリコン)
  • 2位Billboard JAPAN Hot 100
  • 1位(Billboard JAPAN Hot Animation)
  • 3位(Billboard JAPAN Hot Singles Sales)
  • 63位(Billboard JAPAN Hot Top Airplay)[2]
  • 19位(Billboard JAPAN Adult Contemporary Airplay)[3]
  • ももいろクローバーZ シングル 年表
    労働讃歌
    (2011年)

    【限定販売】
    白い風
    (2011年)
    猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
    (2012年)
    Z女戦争
    (2012年)
    テンプレートを表示

    7枚目のシングルということで「第七楽章」と名づけられており、他の楽章は存在しない。

    目次

    収録曲解説編集

    映像外部リンク

      猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」 - YouTube

    メンバーが着ている海賊風衣装は、新世紀エヴァンゲリオンのキャラクターデザインも手がけた貞本義行が原案を担当している[4]。監督は斎藤渉。

    自転車に乗るシーンでは、有安1人だけが補助輪をつけて走行している(その後、17歳にして初めて自転車に乗ることができるようになった)。

      猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」(ライブ映像) - GYAO!

    『ももクロ春の一大事2012 〜見渡せば大パノラマ地獄〜』より

    猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」編集

    作詞・作曲・編曲:前山田健一
    歌詞・動画 - 歌ネット

    テレビアニメ『モーレツ宇宙海賊』オープニングテーマ[5]。楽曲を手がけた前山田健一は「これだけ大きな存在、手の届かない存在になりつつあるももクロが、今この立場からファンに向けて届けるメッセージソング」だとし[6]、チーフディレクターの宮本純乃介は「宇宙が舞台のアニメ主題歌なので、シンフォニックロックでかつてないスケールにしようという発想」だったと語った[7]

    収録には100人のコーラス隊とともにマーティ・フリードマンがギター演奏で参加した(「ももいろクリスマス2011 さいたまスーパーアリーナ大会」にも両者が登場し、初披露となった)。なお、イングヴェイ・マルムスティーンがギター演奏で参加した別バージョンは「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」(Emperor Style)」を参照。

    PC配信(シングル)としてゴールド認定を受けている(10万ダウンロード以上)。

    当初タイトルは“猛烈宇宙組曲・第七「無限の愛」”の予定であった。

    LOST CHILD編集

    作詞:岩里祐穂 / 作曲・編曲:NARASAKI
    歌詞・動画 - 歌ネット

    テレビアニメ『モーレツ宇宙海賊』エンディングテーマ。

    テクノポップを取り入れた、それまでになかった曲調を採用。作曲のNARASAKIは、「どっちかっていうとアニメありきで考えてるところがあって。SFで、広大な宇宙の中の少女たち、みたいな世界観でやりたかったので、ああいう曲になった」としている[8]

    オランダのドラムンベーストリオ“Noisia”がリミックスを手掛けた「LOST CHILD(Remixed by Noisia)」も配信されている。

    DNA狂詩曲編集

    読み:ディーエヌエー ラプソディー
    作詞:前田たかひろ / 作曲:大隅知宇 / 編曲:横山克
    歌詞・動画 - 歌ネット

    タイトルはQUEENの「ボヘミアン・ラプソディ」へのオマージュであり、2番の途中に似たような旋律が現れる。作詞者の前田たかひろは、このことをQUEENを知らない世代にも気づいてもらえるように、狂詩曲(ラプソディー)という言葉を明示的にタイトルへ組み込んだと語っている[9]。 

    カップリング曲ながら人気が高く、レコチョクが2013年4月に行った「ももいろクローバーZ 名曲ランキング」で1位、TBS系『CDTV』が2014年5月に行った「ももいろクローバーZの好きな歌TOP5」で2位にランクインしている。ももクロのライブにもゲスト出演したことのある湘南台高校吹奏楽部「White Shooting Stars」は、2013年の「マーチングバンド世界大会」決勝で「DNA狂詩曲」を演奏し(他にもう1曲)、金賞 第2位を獲得した。また、田中将大東北楽天ゴールデンイーグルス・当時)の登場曲として2013年6月16日以降シーズン終了まで使用された。2014年には、テレビ朝日系「ポータル ANNニュース&スポーツ」の番組テーマ曲に抜擢された。また、福岡ソフトバンクホークス柳田悠岐の登場曲にも採用された。

    リリース時には桃屋「きざみしょうが」「きざみにんにく」CMソングとしてタイアップがされていた[10][11]

    参加ミュージシャン編集

    猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」

    LOST CHILD

    DNA狂詩曲

    トラックリスト編集

    初回限定盤編集

    1. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」 [5:11]
    2. LOST CHILD [5:00]
    3. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」(off vocal ver.
    4. LOST CHILD(off vocal ver.)
    DVD:猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」(ミュージック・ビデオ)

    通常盤編集

    1. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
    2. LOST CHILD
    3. DNA狂詩曲 [4:17]
    4. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」(off vocal ver.)
    5. LOST CHILD(off vocal ver.)
    6. DNA狂詩曲(off vocal ver.)

    猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」(Emperor Style)編集

    2014年6月4日に発売された配信限定シングル。これは「劇場版 モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-」の公開とメディアミックス化を記念して制作されたものであり、日本テレビ系列「第34回全国高等学校クイズ選手権」応援ソングに起用された。オリジナルバージョンでのマーティ・フリードマンに代わり、イングヴェイ・マルムスティーンがギター演奏で参加している。『YOUNG GUITAR』2014年8月号にはこのバージョンのスコアが掲載されている。

    カップリングとして、オランダのドラムンベーストリオ「Noisia」がリミックスを手掛けた「LOST CHILD(Remixed by Noisia)」も同時配信された。

    出典編集

    1. ^ 一般社団法人 日本レコード協会|各種統計”. RIAJ. 2013年2月8日閲覧。
    2. ^ Billboard Japan Hot 100 Airplay”. Billboard JAPAN (2012年3月21日). 2012年12月10日閲覧。
    3. ^ Billboard Japan Adult Contemporary Airplay”. Billboard JAPAN (2012年3月21日). 2012年12月10日閲覧。
    4. ^ “衣装は猛烈海賊仕様!ももクロニューシングル詳細明らかに”. ナタリー. (2012年10月18日). http://natalie.mu/music/news/62945 2012年12月8日閲覧。 
    5. ^ “ももクロ「モーレツ宇宙海賊」主題歌で壮大スペースオペラ”. ナタリー. http://natalie.mu/music/news/61722 2014年5月19日閲覧。 
    6. ^ “インタビュー”. ナタリー. http://natalie.mu/music/pp/momoclo04 2014年5月19日閲覧。 
    7. ^ 『Quick Lapan Special Issue ももいろクローバーZ 〜The Legend〜 2008-2013』 太田出版2013年4月24日
    8. ^ ヒロインたちのうた第6回”. CDジャーナル. 2016年4月10日閲覧。
    9. ^ “ももクロ『DNA狂詩曲』などを手がけるの作詞力”. Gyao! トレンドニュース. http://trendnews.yahoo.co.jp/archives/129783/ 2014年5月19日閲覧。 
    10. ^ “ももクロ、初単独CMで“桃屋クローバーZ”に変身”. オリコン. (2012年3月7日). http://www.oricon.co.jp/news/confidence/2008103/full/ 2012年12月9日閲覧。 
    11. ^ “付け鼻&メガネの「桃屋クローバーZ」が新商品アピール”. ナタリー. (2012年3月7日). http://natalie.mu/music/news/65715 2012年12月9日閲覧。 

    外部リンク編集