猿渡 寛茂(さるわたり ひろしげ、1949年4月28日 - )は、福岡県田川市出身の元プロ野球選手内野手)・コーチ監督

猿渡 寛茂
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県田川市
生年月日 (1949-04-28) 1949年4月28日(71歳)
身長
体重
172 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手二塁手遊撃手
プロ入り 1969年 ドラフト5位
初出場 1970年10月3日
最終出場 1977年10月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

経歴編集

三池工高では名将・原貢監督の指導で強豪チームへと変貌を遂げ、1年次の1965年には1年上のエース・上田卓三を擁し、夏の甲子園で初出場初優勝を果たす。2年次の1966年にはチームの主将として活躍し、秋季九州大会では準決勝まで進出するが鎮西高にコールド負けを喫し、1967年の春の選抜出場を逸する。同期にはプロでもチームメイトとなる相本和則がいた。卒業後は三菱重工長崎に入社し、俊足とパンチ力ある打撃を武器にレギュラーとして定着、チームの勝利に貢献する4番打者となった。入社2年目の1969年は40試合に出場し、打率.330、14本塁打と活躍。同年のドラフト5位で東映フライヤーズに入団し、田宮謙次郎監督から「2、3年後にはレギュラーを狙える」と期待される。1年目の1970年10月3日西鉄戦(後楽園)で初出場、10月18日阪急戦(西宮)では初スタメン入りを果たすが、一軍では7打数無安打に終わる。二軍でも打率.223、1本塁打と期待を裏切る。2年目の1971年は一軍出場ゼロに終わったが、二軍で打率2割8分台で3本塁打とチームトップの成績を挙げ、イースタン・リーグの打撃ベストテンにも入り込む。3年目の1972年にはジュニアオールスターに出場するなど球団から英才教育を受けていたが、社会人時代の打撃力は影を潜め、もっぱら守備固めが主となる。球団が日拓に買収された1973年9月11日南海戦(大阪)で山内新一から初安打を放ち、日本ハムに買収された1974年からは代打でブレイク。30試合出場で打率.286と成長した姿をアピールし、9月14日近鉄戦(後楽園)では板東里視から初打点を記録。1975年には結婚し、静岡県伊東市に新居を構える。自宅には夫人に加えて、近所で釣具店を営む彼女の母親も同居。月々のローンの支払いもあるため、本拠地の後楽園で試合がある際は伊東から毎日電車で通勤。終電に間に合わないときは、北区王子に住んでいた夫人の兄の家に泊めてもらっていた。余りにもプロ野球選手らしからぬ暮らしぶりであったため、週刊現代の記者が取材に訪れたこともあった。その状況下で自己最多の56試合に出場。内野の準レギュラーとして奮闘し、代打でも打率3割と結果を残すが、1976年からは出場機会が減少。1977年に現役を引退。

引退後は野球に対する熱心さが評価され、指導者としての道を歩む。日本ハム(1979年 - 1984年二軍守備コーチ、1987年 - 1988年一軍守備・走塁コーチ、1989年 - 1990年, 1995年 - 1998年二軍内野守備・走塁コーチ、1991年二軍内野守備コーチ、1992年 - 1994年一軍内野守備・走塁コーチ、1999年二軍統合内野守備・走塁コーチ、2000年 - 2001年一軍内野守備コーチ)、ヤクルト1985年一軍内野守備・走塁コーチ、1986年一軍内野守備コーチ、2003年 - 2006年二軍守備・走塁コーチ、2007年二軍育成コーチ、2008年 - 2010年二軍監督)で監督・コーチを歴任。シーズン中は合宿所に泊まり込みで指導に当たり、週末とシーズンオフは伊東の自宅に帰り、正月用の飾りや注連縄を自作して毎年地元の寺に奉納していた。指導は厳しい練習で名を馳せ、必ずしも守備の上手くない選手を、破綻のないレベルまで成長させた。日本ハム時代は田中幸雄をマンツーマン指導で開花させてリーグを代表する遊撃手に育て上げ[1]古城茂幸とひたむきな練習に取り組んだ[2]。ヤクルト時代には投手から外野手にコンバートされた宮出隆自雄平を育てた。二軍監督就任1年目の2008年には指導方針を自主的に伸ばす方法へチェンジし、チームを10年ぶりのイースタン・リーグに導いた。2011年にはBCリーグ信濃グランセローズ総合兼守備・走塁コーチに就任し[3]2012年退任[4]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1970 東映
日拓
日本ハム
6 7 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .000 .143 .000 .143
1972 26 2 2 4 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1973 25 31 30 5 7 0 0 0 7 0 0 1 0 0 0 0 1 6 1 .233 .258 .233 .491
1974 30 51 49 4 14 2 0 0 16 1 2 1 0 0 2 0 0 9 0 .286 .314 .327 .641
1975 56 99 91 9 24 6 0 0 30 5 2 0 3 0 4 0 1 15 2 .264 .302 .330 .632
1976 5 4 4 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1977 16 20 19 0 4 0 0 0 4 2 0 0 0 0 1 0 0 6 0 .211 .250 .211 .461
通算:7年 164 214 201 22 49 8 0 0 57 8 5 3 3 0 8 0 2 41 3 .244 .280 .284 .564
  • 東映(東映フライヤーズ)は、1973年に日拓(日拓ホームフライヤーズ)、1974年に日本ハム(日本ハムファイターズ)に球団名を変更

記録編集

背番号編集

  • 56 (1970年 - 1973年)
  • 35 (1974年 - 1977年)
  • 73 (1979年 - 1984年)
  • 87 (1985年 - 2001年、2011年 - )
  • 89 (2003年 - 2010年)

脚注編集

関連項目編集