メインメニューを開く

猿渡 寛茂(さるわたり ひろしげ、1949年4月28日 - )は、福岡県田川市出身の元プロ野球選手内野手)・指導者。

猿渡 寛茂
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県田川市
生年月日 (1949-04-28) 1949年4月28日(70歳)
身長
体重
172 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手二塁手遊撃手
プロ入り 1969年 ドラフト5位
初出場 1970年10月3日
最終出場 1977年10月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

目次

経歴編集

三池工高では原貢の指導を受ける。高校の1年上には1965年夏の甲子園の優勝投手である上田卓三、同期には後にプロ野球でチームメートとなる相本和則がいた。チームの主将となり、1966年秋季九州大会では準決勝まで進むが鎮西高にコールド負け、翌年春の選抜出場を逸する。卒業後は三菱重工長崎に入社、四番打者を務めた。

1969年、ドラフト5位で東映フライヤーズに入団。1972年ジュニアオールスターに出場する。1975年には自己最多の56試合に出場、うち16試合は二塁手三塁手として先発した。しかし翌年以降は目立った活躍が出来ず、1977年限りで現役引退。

引退後は日本ハムとヤクルトでコーチや二軍監督を務めた。ヤクルト二軍監督時代には2008年にチームを10年ぶりのイースタン・リーグ優勝に導いた。

2011年にはBCリーグ信濃グランセローズの総合兼守備・走塁コーチに就任し[1]2012年退任[2]

人物編集

  • 自宅が静岡県伊東市にある為、日本ハム二軍コーチ時代からヤクルト二軍監督時代までは選手と一緒に泊り込み、週末とシーズンオフの自宅に帰る日以外はずっと合宿所で指導に当たっていた。
  • 厳しい練習で名をはせ、必ずしも守備の上手くない選手を、破綻の無いレベルまで成長させている。就任と同じ年に野手転向し、当時守備がからっきしだった宮出隆自を一軍に送り出す等の実績をあげている。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1970 東映
日拓
日本ハム
6 7 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .000 .143 .000 .143
1972 26 2 2 4 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1973 25 31 30 5 7 0 0 0 7 0 0 1 0 0 0 0 1 6 1 .233 .258 .233 .491
1974 30 51 49 4 14 2 0 0 16 1 2 1 0 0 2 0 0 9 0 .286 .314 .327 .641
1975 56 99 91 9 24 6 0 0 30 5 2 0 3 0 4 0 1 15 2 .264 .302 .330 .632
1976 5 4 4 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1977 16 20 19 0 4 0 0 0 4 2 0 0 0 0 1 0 0 6 0 .211 .250 .211 .461
通算:7年 164 214 201 22 49 8 0 0 57 8 5 3 3 0 8 0 2 41 3 .244 .280 .284 .564
  • 東映(東映フライヤーズ)は、1973年に日拓(日拓ホームフライヤーズ)、1974年に日本ハム(日本ハムファイターズ)に球団名を変更

記録編集

背番号編集

  • 56 (1970年 - 1973年)
  • 35 (1974年 - 1977年)
  • 73 (1979年 - 1984年)
  • 87 (1985年 - 2001年、2011年 - )
  • 89 (2003年 - 2010年)

脚注編集

関連項目編集