メインメニューを開く

田村 満(たむら みつる、1934年8月28日 - )は、静岡県出身の元プロ野球選手投手)。

田村 満
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県
生年月日 (1934-08-28) 1934年8月28日(85歳)
身長
体重
176 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1954年
初出場 1954年6月8日
最終出場 1954年6月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

1954年高橋ユニオンズに入団。プロ2試合目の登板となった6月12日の対西鉄ライオンズ戦で8回表にプロ野球記録のイニング7与四球を記録した[1]。この試合を最後に登板機会がないまま在籍1年で高橋を退団した。

退団後は故郷の富士市に帰り、桜井輝夫とザ・ドリフターズ加入前のいかりや長介らとバンドを組みサイドギターを担当していたが自身の才能に限界を感じたことや結婚を控えていたことからバンド活動を退き、日産自動車に就職し定年まで勤め上げた[2]

1イニング7与四球編集

田村は5月まで二軍でプレーしていたが、一軍監督であった浜崎真二が観戦する川崎球場での試合で登板を延期させられたことがあり、癇癪を起こしてブルペンで無茶な投げ込みを行い、肩を痛めていた[3]。この痛みが6月の一軍での登板で後を引くことになった。また、田村は6月に入ってから一軍昇格を聞かされ、「今すぐ遠征先に行け」と指示されたが、このとき田村は自分の背番号41ではなくチームメイトの村田博秀の14のユニホームを持っていってしまい、間違ったユニホームを着ての登板だった[4]

8回表西鉄の攻撃、6番河野昭修にヒットを打たれ、7番日比野武に1つ目の四球を与える。8番仰木彬をショートゴロ、9番高倉照幸をショートフライに打ち取るが、この後からストライクが入らなくなった。1番塚本悦郎、2番豊田泰光、3番中西太に連続して四球を与え押し出し1点。4番大下弘がヒットを打つと5番関口清治、6番河野昭修、代打に送られた7番松井清にも連続して四球を与えた[5]

一軍昇格後間もない田村には気安く話せる仲間もおらず、野手陣や観客は汗だくで投球する田村に対し激励などしなかった。あまつさえキャッチャーは外国人のサル・レッカであり、孤立無援の状況だった。ランナーとして出塁した西鉄の大下弘がただ一人「田村、がんばれ!」と激励してくれたという[6]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1954 高橋 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 15 1.2 2 0 8 -- 0 0 0 0 7 7 37.80 6.00
通算:1年 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 15 1.2 2 0 8 -- 0 0 0 0 7 7 37.80 6.00

記録編集

背番号編集

  • 41 (1954年)

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 『朝日新聞』昭和29年6月13日付朝刊、12版、6面 参考1イニング4押し出し…五十嵐が60年ぶり屈辱、チームでは初”. スポーツニッポン新聞社 (2014年9月26日). 2018年1月19日閲覧。
  2. ^ 長谷川晶一 (2015). 最弱球団 高橋ユニオンズ青春記. 彩図社. ISBN 978-4-8013-0101-6. p230
  3. ^ 長谷川晶一 (2015). 最弱球団 高橋ユニオンズ青春記. 彩図社. ISBN 978-4-8013-0101-6. p59
  4. ^ 長谷川晶一 (2015). 最弱球団 高橋ユニオンズ青春記. 彩図社. ISBN 978-4-8013-0101-6. p58
  5. ^ 長谷川晶一 (2015). 最弱球団 高橋ユニオンズ青春記. 彩図社. ISBN 978-4-8013-0101-6. p59
  6. ^ 長谷川晶一 (2015). 最弱球団 高橋ユニオンズ青春記. 彩図社. ISBN 978-4-8013-0101-6. p59

関連項目編集