童門冬二

童門 冬二(どうもん ふゆじ、1927年10月19日[1] - )は、日本小説家勲等勲三等。本名は太田 久行

童門 冬二
誕生 太田 久行
(1927-10-19) 1927年10月19日(89歳)
日本の旗 東京府
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1958年 -
ジャンル 歴史小説推理小説
主題 まちづくり経営管理組織論
代表作 『上杉鷹山』(1983年
『情の管理・知の管理』(1983年)
『吉田松陰』(2001年
『前田利家』(2002年
デビュー作 太田久行名義:
『旅がらす大名』(1958年)
童門冬二名義:
『暗い川が手を叩く』(1960年
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

目次

来歴・人物編集

東京下町にて誕生。東海大学附属旧制中学卒業。海軍少年飛行兵の特攻隊に入隊。東京都に入都、目黒区役所係員から、東京都立大学理学部事務長、広報室課長、企画関係部長、知事秘書、広報室長、企画調整局長、政策室長を歴任した後、1979年に退職、作家活動に専念。1960年には『暗い川が手を叩く』で第43回芥川賞候補となる。 在籍中に蓄積した人間管理と組織の実学を歴史の中に再確認し、小説ノンフィクションの分野に新境地を拓く。

都庁在職中は、美濃部亮吉都政3期12年を知事のスピーチライターとして支え、都庁首脳として活躍した。美濃部の知事退任と同時に退職し作家専業となった。[2]美濃部の側近ではあったが、石原慎太郎都政(1999年→2012年)について批判することはなく、環境問題への熱心な取り組みについては美濃部と共通するところもあると評価している。

歴史小説に志を持つようになったのは小学生のころで、歴史を教わった教師から少なからず影響を受けた。 「歴史はすべて、人間のドラマだ。神話もこの例外ではない」と教わり、当時の「教育」(戦前教育)とは一味違ったその教え方に、周りの友人たちと「こんな教え方でいいのだろうか」と驚いたらしい。 また、歴史を「死体解剖する」のではなく「生体解剖する」という歴史観を持っており、そこから繰り出される独自の世界観を持つ。また、歴史を「360度方位から光を当てることのできる多面的な存在だ」と語っている。 またペンネームの童門についてスミスの本棚においてこう語っている。童門冬二は17歳で終戦を迎え、特攻隊から戻った少年に対し世間の目は罪人を迎えるようで、童門は傷つきグレた。その傷を癒したのが太宰治の著書であり、その純粋さ優しさに童門は取り憑かれた。童門冬二にとって太宰治はデーモンであり、ペンネームの童門はデーモンから来ている。

ちなみに落語鑑賞が大好きで、著書に「人生で必要なことはすべて落語で学んだ」がある。

著作編集

    • 31歳
  • 『旅がらす大名』太田久行 大和出版 1958
    • 32歳
  • 『隠密流れ笠』太田久行 大和出版 1959
  • 『飛び出したお嬢さん』太田久行 大和出版 1959
    • 33歳
  • 『隠密系図』太田久行 東方社 1960
  • 『暗い川が手を叩く』童門冬二 大和出版 1960
    • 36歳 
  • 『隠密社員』東都書房(Toto mystery) 1963
    • 37歳 
  • 『異説新撰組』東都書房 1964 のち春陽文庫  
    • 40歳 
  • 『新選組一番隊』東都書房 1967 「人間の器量」
  • 『明日は維新だ』人物往来社 1967 のち集英社文庫  
  • 『新篇座頭市』東都書房 1967 のち富士見書房時代小説文庫 
    • 41歳 
  • 『一匹狼』東方社 1968
    • 45歳 
  • ジョン万次郎学習研究社(少年少女学研文庫)1972 のち人物文庫 
  • 『史説道三信長大陸書房 1972
    • 46歳 
  • 『史伝勝海舟』大陸書房 1973 のち成美文庫 
  • 親鸞 物語と史蹟をたずねて』成美堂出版 1973 のち文庫  
    • 47歳 
  • 雲井竜雄新人物往来社 1974
  • 西郷隆盛 物語と史蹟をたずねて』成美堂出版 1974 のち文庫 
    • 48歳 1975年
  • 『織田信長』あかね書房(嵐の中の日本人シリーズ)
  • 『新撰組山南敬助』新人物往来社 1975 のち人物文庫
    • 49歳 
  • 『新撰組 物語と史蹟をたずねて』成美堂出版 1976 のち文庫 
    • 50歳 
  • 沖田総司 物語と史蹟をたずねて』成美堂出版 1977 のち文庫 
  • 『沖田総司血涙録』新人物往来社 1977
    • 51歳 
  • 『職業としての地方公務員 公僕を選んだ私の生き方』太田久行 中経出版 1978
    • 52歳 
  • 美濃部都政12年 政策室長のメモ』太田久行 毎日新聞社 1979
  • 『小説都庁』太田久行 主婦と生活社 1979
    • 54歳 1981年 
  • 武田信玄』あかね書房(嵐の中の日本人シリーズ)
  • 『統率者の論理』学陽書房 1981 「組織を動かす」三笠書房知的生きかた文庫
  • 『官吏意外史 日本史にみる公務員の虚像と実像』太田久行 公務職員研修協会 1981
    • 55歳 
  • 『再建戦士 テンパーセンター 企業小説』実業之日本社 1982
  • 『新撰組の女たち』朝日新聞社 1982 のち旺文社文庫
  • 竜馬暗殺集団』春陽文庫 1982
  • 坂本龍馬に学ぶ』新人物往来社 1982 「坂本龍馬の人間学」講談社文庫 
  • 『経営革命の祖上杉鷹山の研究 危機を乗り切るリーダーの条件』PHP研究所 1982 「上杉鷹山の経営学」文庫 
  • 『維新の女たち』春陽文庫 1982
  • 『南北朝の風雲 足利尊氏』創隆社 1982 「足利尊氏の生涯」知的生きかた文庫、「足利尊氏」時代小説文庫  
  • 『さらりーまんで候 “非情"の世界-江戸の管理者』日本経済新聞社 1982 「非情の人間管理学」旺文社文庫
  • 『人を育てる管理学』学陽書房 1982 「英傑たちの人材育成法」改題 
  • 『新撰組が行く』秋田書店 1982 のち旺文社文庫、集英社文庫「小説新撰組」
  • 遠山金四郎 物語と史蹟をたずねて』成美堂出版 1982 のち文庫 
    • 56歳 
  • 『とびうお酔酔』都政新報社 1983
  • 『小説上杉鷹山』学陽書房 1983 のち人物文庫、集英社文庫   
  • 『日本史100の名場面』コンパニオン出版 「日本の歴史名場面100」知的生きかた文庫 
  • 『情の管理・知の管理 部下の心を掴み、士気を高める 燃える集団をつくる』PHP研究所 のち文庫  
    • 57歳 
  • 『レクチャー『五輪書宮本武蔵の自己管理術』六興出版 1984
  • 『宮本武蔵の人生訓 剣聖に学ぶ勝つこと、処世、人間学』永岡書店、1984 のち知的生きかた文庫、PHP文庫 
  • 『統率者の論理』学陽書房 1984 「組織を動かす」知的生きかた文庫
  • 『織田信長に学ぶ』新人物往来社 1984 「織田信長に学ぶ」講談社文庫 
  • 『真面目すぎる人は成功しない 先人に学ぶ真面目人間が成功する秘訣』日新報道 1984
  • 『小説・川路聖謨読売新聞社 1984
  • 福沢諭吉』あかね書房(嵐の中の日本人シリーズ)
  • 川上貞奴 物語と史蹟をたずねて』成美堂出版 1984
    • 58歳 
  • 『風丸が行く 戦国の放浪児』読売新聞社 1985
  • 『「人」が決め手だ 新・公務員人材論』ぎょうせい 1985 
  • 『盛者の群像 変革期にまなぶ行動学』日本生産性本部 1985 「日本を創った官僚たち」旺文社文庫 
  • 『勝海舟の人生訓 多様化時代に対処する、勇気・先見・行動力』永岡書店 1985 のちPHP文庫 
  • 『青春児 小説伊藤博文』学陽書房 1985 「小説伊藤博文」文庫、集英社文庫 
  • 『戦国にみる創造的経営』時事通信社 1985
  • 『人間通になるために 人を知れば人が動く』日本実業出版社 1985 
  • 土方歳三 物語と史蹟をたずねて』成美堂出版 1985 のち文庫  
  • 『名将に学ぶ人間学』三笠書房 1985 のち文庫  
  • 『志士の海峡』朝日新聞社 1985 「奇兵隊燃ゆ」改題 
    • 59歳 
  • 『人間の器量』三笠書房 1986 のち文庫
  • 『組織力の人物学』学陽書房 1986
  • 徳川家康のブレーンたち』三笠書房 1986
  • 『男の値打ちは「度量」で決まる 修羅場に強い知将・闘将のケンカと迫力の方法』大和出版 1986
  • 『ゴキブリが行く 史訪日本のまち』ぎょうせい 1986
    • 60歳 
  • 『がんばれ!!30代公務員 公務員人生論』公人の友社 1987
  • 『男の人生は「敗者復活」にあり 再び勝機をつかんだ知将・闘将に学ぶ自己修養の方法』大和出版 1987
  • 『坂本竜馬と歩く』新人物往来社 1987
  • 『「作戦要務令」の新しい読み方』三笠書房 1987
  • 『「人づくり」の人間学』三笠書房 1987
  • 『小説太田道灌 江戸開発の知将も謀略を見抜けず』読売新聞社 1987 のちPHP文庫
  • 『近江商人魂 蒲生氏郷西野仁右衛門』学陽書房 1987 のち人物文庫「蒲生氏郷」改題 2008
  • 『修羅の藍 阿波藩財政改革』講談社 1987 「小説蜂須賀重喜」文庫
  • 『武田信玄の人間学』講談社文庫 1987
  • 『家訓で活かす経営戦略』六興出版 1987
  • 『歴史の中の名総務部長』三笠書房 1987
  • 『信玄の「人は城」経営学 最強・武田軍団を育てた経営戦略に学ぶ』日本文芸社 1987
  • 『「バサラ人間」待望論 人生、意気に感ずる生き方・21項』大和出版 1987
    • 61歳
  • 『徳川家康「攻め」と「守り」の経営学 戦国武将の経営戦略』立風書房 1988 「徳川家康の経営学」人物文庫
  • 『名家老列伝 歴史に学ぶ「実力重役」の条件』PHP研究所 1988 のち文庫
  • 春日局』三笠書房 1988 のち文庫 
  • 『人生を選び直した男たち 歴史に学ぶ転機の哲学』PHP研究所 1988 のち文庫
  • 徳川家光の人間学』講談社文庫 1988
  • 高田屋嘉兵衛 物語と史蹟をたずねて』成美堂出版 1988 のち文庫 
  • 『江戸のビジネス感覚』朝日新聞社 1988 のち文庫 
    • 62歳 
  • 『男の器量』三笠書房 1989 のち文庫 
  • 『日本の青春 西郷隆盛と大久保利通の生涯』三笠書房 1989
  • 『係長こそ現場の主権者だ』ぎょうせい(係長の智慧)
  • 『男の真価は「出処進退」で決まる 自己の責務を貫く“捨身"の生き方の美学』大和出版 1989
  • 『社長は自分の息子を後継者としてどう育てるか』三笠書房 1989
  • 『九〇年代の経営改革・新和魂のすすめ』時事通信社 1989
  • 『強いリーダー生き方の秘密 こんな男に人と運はついてくる』経済界 1989
  • 『幕末維新の出向社員』実業之日本社 1989
  • 『「人望」の研究 西郷隆盛はなぜ人を魅きつけるのか?』主婦と生活社 1989
    • 63歳 
  • 『ばさらの群れ』日本経済新聞社 1990 のちPHP文庫 
  • 『歴史の仕掛人 日本黒幕列伝』読売新聞社 1990
  • 『坂本竜馬の人間関係 しごとに活かす』白馬出版 1990
  • 『人心掌握の天才たち 戦国武将に学ぶリーダーの条件』PHP文庫 1990
  • 『歴史にみるビジネス・人・発想』日本経済通信社 1990
  • 『勝つ術はこれだ ビジネスマン下剋上』総合法令 1990
  • 『小説二宮金次郎』学陽書房 1990 のち人物文庫、集英社文庫  
  • 『幕末日本の経済革命』ティビーエス・ブリタニカ 1990
    • 64歳 1991年
  • 『謎の太平記』祥伝社(ノン・ポシェット)
  • 『歴史に学ぶ指導者の企画力 時代の転換点を乗り切るために』中経出版 1991
  • 『まちおこし人国記』時事通信社(現代を読む)
  • 『志の人たち』読売新聞社 1991
  • 『信長の野望』光栄 1991
  • 明治天皇の生涯』三笠書房 1991 のち徳間文庫 
  • 『挫折体験のある人こそ、人を動かせる 歴史から読む現代的リーダーの条件』芸文社 1991
  • 楠木正成 物語と史蹟をたずねて』成美堂出版 1991 のち文庫 
  • 『まちを視る風土を活かす』学陽選書 1991
  • 『南北朝の梟』日本経済新聞社 1991 「小説北畠親房」成美文庫 
  • 渋沢栄一人間の礎』経済界 1991 のち学陽書房人物文庫 
    • 65歳 
  • 『信長』ぎょうせい 1992 「織田信長破壊と創造」日経ビジネス人文庫
  • 『「人間の魅力」が人を育てる "知"で率い、"心"で伸ばすリーダーシップの方法』大和出版 1992
  • 『群れず、敢えて一人で立つ 混迷の時代を生き抜く人生の流儀』PHP研究所 1992
  • 『琉球王朝記』三笠書房 1992
  • 奥州藤原四代』三笠書房 1992  
  • 『戦国の家長 生き残るために何をしたか』中経出版 1992
    • 66歳 
  • 『日本式経営の知略』全3巻 毎日新聞社 1993-94「歴史に学ぶ不況に勝つ経営術」「歴史に学ぶ後継者育成の経営術」「歴史に学ぶ危機突破の経営術」廣済堂文庫
  • 『株式会社江戸幕府さらりーまん事情』ベストセラーズ、1993 「江戸管理社会反骨者列伝」講談社文庫
  • 『「組織変革」事始め さむらい達のリストラ苦心談』実業之日本社 1993 「江戸のリストラ仕掛人」集英社文庫
  • 『ぬくもりの人間学 歴史に学ぶ本当の日本的リーダーの条件』東洋経済新報社 1993
  • 『信玄上洛』光栄 1993
  • 『戦国武将の人間学 リーダーにみる人の生かし方』富士見書房 1993 のち小学館文庫
  • 『風来坊列伝』毎日新聞社 1993
  • 『乱世人間学 サムライ講座』扶桑社 1993
  • 『“自治体狂"の自治体職員論』学陽選書 1993
  • 『北の王国 智将直江兼続』学陽書房 1993 のち人物文庫 「小説直江兼続」集英社文庫
  • 『湖水の疾風 平将門』学陽書房、1993 のち「平将門」人物文庫、集英社文庫  
  • 『童門流一語一会 ビジネス社会はミステリーゾーンだから、人と組織の洞察力が必要』総合労働研究所 1993
  • 『歴史が教える経営の極意 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、三井高利大浦慶、渋沢栄一ほか-近世日本の才人達から学ぶ“商いのこころ"』日本経済通信社 1993
  • 『私塾の研究 日本を変革した原点』PHP文庫 1993
  • 『マイナス転じて福となす経営 名商人に学ぶ始末と才覚の研究』PHP研究所 1993
  • 『人生の師』三笠書房 1993
  • 『上杉鷹山の師細井平洲の人間学 人心をつかむリーダーの条件』PHP研究所 1993 「上杉鷹山と細井平洲」文庫、「上杉鷹山の師細井平洲」集英社文庫  
  • 村瀬誠の自治体職員世直し志士論』公人の友社(地方自治ジャーナルブックレット)
  • 『小説徳川吉宗』日本経済新聞社 1993 のち人物文庫 
  • 『上杉鷹山の戦略と発想 複合不況に勝つリーダー・組織の条件』広済堂出版 1993「上杉鷹山の危機突破法」文庫 
  • 『坂本竜馬・人間の大きさ』三笠書房 1993 のち文庫 
  • 『戦国名将一日一言』経営書院 1993 のちPHP文庫 
    • 67歳 1994年
  • 『幕末私設機動隊 新撰組と諸隊の光と影』ベストセラーズ(ワニ文庫) のち人物文庫
  • 『小説河井継之助 武装中立の夢は永遠に』東洋経済新報社 1994 のち学陽人物文庫 
  • 『組織のためにどう動く 忠誠か、反逆か』同文書院 1994
  • 『歴史小説家の楽屋裏 歴史はなぜ人に感動を与えるか』中経出版 1994
  • 『幕末人間学 サムライ講座』扶桑社 1994
  • 『小説・横井小楠 維新への道を拓いた巨人』祥伝社 1994
  • 『歴史に学ぶ危機管理』丸善ライブラリー 1994
  • 『老虫は消えず 小説大久保彦左衛門集英社 1994 のち文庫 
  • 『廃県置藩』にっかん書房 1994
  • 『「左遷」をバネにする生き方 勝機をつかんだ知将・闘将の“自己変革"の方法』大和出版 1994
  • 『小説遠山金四郎』日本経済新聞社 1994 のちPHP文庫 
  • 『生涯青春 伊能忠敬の「生き方哲学」に学ぶ』三笠書房 1994 「伊能忠敬」人物文庫、河出文庫 
  • 『江戸人遣い達人伝』講談社 1994 「人を育て、人を活かす」文庫 
    • 68歳 
  • 『誠は天の道なり 幕末の名補佐役・山田方谷の生涯』講談社 1995 「山田方谷」人物文庫 
  • 『小説徳川家康』光栄 1995 「覇者の条件」徳間文庫
  • 『大処世訓 先人に学ぶ生きるヒント』講談社 1995
  • 『幕末の武蔵 一期一会』読売新聞社 1995
  • 『江戸のワイロ もらい上手・渡し上手の知恵くらべ』文春ネスコ 1995 「江戸の賄賂」集英社文庫 
  • 『成功と失敗の分かれ目』ロングセラーズ(ムックの本)
  • 『新釈三国志』日本経済新聞社 1995-96 のち人物文庫、日経ビジネス人文庫 
  • 『秀吉 何がこの男に天下をとらせたか』三笠書房(知的生きかた文庫)
  • 『沼と河の間で 小説大田蜀山人』毎日新聞社 1995
  • 『小説黒田如水』富士見書房 1995 のち小学館文庫、「軍師黒田如水』河出文庫   
  • 『新・水戸黄門異聞』講談社 1995 のち文庫  
  • 『江戸の怪人たち』集英社文庫 1995
    • 69歳 
  • 『参謀は名を秘す 歴史に隠れた名補佐役たち』日本経済新聞社 1996 のち中公文庫、日経ビジネス人文庫  
  • 『男の磨き方 歴史人物にみる人生の極意』PHP研究所 1996 「歴史人物に学ぶ男の「行き方」男の「磨き方」」文庫
  • 『変革期のリーダーシップ』労働旬報社 1996
  • 『小説毛利元就』PHP研究所 1996 のち文庫 
  • 『小説蒲生氏郷』学陽書房 1996 のち集英社文庫、人物文庫
  • 『成功する「人心掌握」術 「自己改革」の最高名著『日暮硯』』三笠書房 1996
  • 『新・戦国史談』立風書房 1996
  • 『地方分権化の旗手たち 肉声できく首長の地方分権論』実務教育出版 1996
  • 『小説千利休』PHP研究所 1996 のち文庫  
  • 『開国の時代を生き抜く知恵』プレイグラフ社 1996
  • 『ほんとうの智恵を学ぶ 人生の手本にしたい名君の真骨頂』三天書房 1996
  • 『西郷隆盛の人生訓』PHP文庫 1996
  • 『名将に学ぶ人間学』三笠書房 1996
  • 『江戸商人の経済学』丸善ライブラリー 1996
  • 『小説石田三成』成美堂出版 1996 のち文庫、人物文庫 
  • 『江戸柳生と尾張柳生』中公文庫 1996
    • 70歳 
  • 『維新前夜』講談社 1997
  • 『「人望力」の条件 人が集まる五つの要諦』大和書房 1997
  • 『童門式「超」時間活用法』中央公論社 1997 「わたしの「超」時間活用法」文庫 
  • 『小説海舟独言』講談社文庫書下ろし 1997
  • 『小説山中鹿介日刊工業新聞社 1997 のち人物文庫 
  • 『小説榎本武揚 二君に仕えた奇跡の人材』祥伝社 1997 「人生を二度生きる」文庫
  • 『毛利一族の賢将小早川隆景』実業之日本社 1997 のち人物文庫 
  • 『夜明け前の女たち』講談社 1997 のち文庫
  • 『真説徳川慶喜』PHP研究所 1997
  • 『戦国・江戸男を育成した女の才覚 いい夫婦には理由がある 光文社 1997
  • 『海の街道 銭屋五兵衛と冒険者たち』学陽書房人物文庫 「銭屋五兵衛と冒険者たち」集英社文庫
  • 『大政奉還 徳川慶喜の二〇〇〇日』日本放送出版協会 1997 のち人物文庫 
  • 『小説内藤丈草』富士見書房 1997
  • 『評伝二宮金次郎 心の徳を掘り起こす』致知出版社 1997
    • 71歳 
  • 『大江戸豪商伝』徳間書店 1998 のち文庫 
  • 小林一茶』毎日新聞社 1998 のち人物文庫  
  • 『真説・赤穂事件』日本放送出版協会 1998
  • 『大奥追放 異聞吉宗と絵島』集英社 1998 のち文庫 
  • 『幕末維新の光と影 東北諸藩の運命に殉じた男たち』光人社 1998
  • 『冬の火花 上田秋成とその妻』講談社文庫書下ろし 1998 のち文庫 
  • 『小説山本常朝葉隠』の武士道を生きた男』致知出版社 1998 のち人物文庫 
  • 『心の三畳間 童門冬二の新つれづれ草』三天書房 1998
  • 『「浪人精神」で克つ! 男が意地を見せる時』日本経済新聞社 1998
    • 72歳 
  • 『真説赤穂銘々伝』平凡社新書 1999
  • 『将の器参謀の器 あなたはどちらの“才覚"を持っているか』青春出版社 1999 のち文庫
  • 『男の論語』全2巻 PHP研究所 1999-2000 のち文庫 
  • 『男子豹変のすすめ』PHP研究所 1999
  • 『小説中江藤樹』学陽書房 1999 のち人物文庫  
  • 『大改革 長州藩起つ』日本経済新聞社 1999 「長州藩大改革」人物文庫
  • 『西吉野朝太平記』奈良新聞社 1999
  • 『赤穂落城 元禄の倒産とその始末』経済界 1999 「忠臣蔵の経営学」人物文庫
  • 『小説徳川秀忠』成美堂出版 1999 のち文庫、人物文庫
  • 『家康と正信 最後に笑った主役と名補佐役』PHP研究所 1999 のち文庫
  • 『徳川三代諜報戦』日本放送出版協会 1999 「徳川三代の情報戦略」人物文庫
  • 『毛利元就 独創的経営法とリーダーシップ』光人社 1999
  • 『井伊大老暗殺 水戸浪士金子孫二郎の軌跡』光人社 1999
  • 細川重賢 名君肥後の銀台』実業之日本社 1999 のち人物文庫
  • 『江戸の都市計画』文春新書 1999
  • 『童門冬二の名将言行録 賢者は歴史に学ぶ』日本実業出版社 1999
  • 『「童門式」資料整理法』実業之日本社 1999
  • 『逆境に打ち克つ人間学』大和書房 1999 「逆境に打ち克つ男たち」講談社+α文庫
    • 73歳
  • 北条時宗の生涯』三笠書房 2000
  • 田沼意次松平定信』時事通信社 2000
  • 『国僧日蓮』学習研究社 2000 のち文庫 
  • 『戦国武将の宣伝術 隠された名将のコミュニケーション戦略』宣伝会議 2000 のち講談社文庫
  • 『夭折幕末維新史』光人社 2000 「幕末に散った男たちの行動学」PHP文庫
  • 『大江戸株式会社の危機管理術』東京書籍 2000
  • 『横井小楠と由利公正の新民富論 明治国家のグランドデザインを描いた二人の英傑』経済界 2000
  • 『決断 蒙古襲来と北条時宗』日本放送出版協会 2000
  • 『幕末維新陰の参謀』東京書籍 2000
  • 『論語とソロバン 渋沢栄一に学ぶ日本資本主義の明日』祥伝社 2000 「渋沢栄一人生意気に感ず」PHP文庫
  • 『もうひとつの忠臣蔵』光文社時代小説文庫 2000
  • 『「風度」の人間学 新しい世紀の人と心』徳間書店 2000
  • 『家康・秀吉・信長乱世の統率力』PHP研究所 2000 「信長・秀吉・家康の研究」文庫
  • 『童門冬二集』リブリオ出版(げんだい時代小説)
  • 『評伝戦国武将 智略と決断の人間学』経済界 2000
  • 『異聞おくのほそ道』集英社 2000 のち文庫
  • 『人間の絆 岐路に立つ男たちを支えた あなたは“拠り所"をどこに置くか』青春出版社 2000 「幹になる男幹を支える男」文庫
  • 『歴史のベンチャーたち いま蘇る不屈の精神』日経BP社 2000 
  • 『小説立花宗茂』学陽書房 2000 のち人物文庫、集英社文庫
    • 74歳
  • 『日本史に学ぶ「女の器量」』三笠書房 2001
  • 吉田松陰』学陽書房 2001 のち人物文庫、集英社文庫
  • 『戦国を勝ちぬいた武将たち 危機克服のリーダーシップ』日本放送出版協会 (NHKシリーズ)
  • 前田利家とまつの生涯』三笠書房 2001
  • 『戦国武将に学ぶ生活術』産能大学出版部 2001
  • 『童門流吏道随感 おまえの敵はおまえ!』ぎょうせい 2001
  • 『勇断 前田家三百年の経営学』日本放送出版協会 2001
  • 『鬼作左 組織を育てる“頑固者"の研究』PHP研究所 2001 「本多作左衛門」文庫
  • 鍋島直茂 葉隠の名将』実業之日本社 2001 のち人物文庫
  • 『偉物伝』講談社文庫オリジナル 2001
  • 『童門流人前で話すコツ』時事通信社 2001 のちPHP文庫
  • 『失われし男の気概 最後に人を動かすのは、この“懐の深さ"だ』青春出版社 2001
    • 75歳 
  • 『疾走の志士高杉晋作』ベストセラーズ 2002 「高杉晋作」PHP文庫 
  • 『歴史探訪を愉しむ』実教教育出版 2002
  • 『家康名臣伝』東洋経済新報社 2002
  • 『松陰語録 いま吉田松陰から学ぶこと』致知出版社 2002
  • 『日本史にみる経済改革 歴史教科書には載らない日本人の知恵』角川oneテーマ21、2002
  • 『前田利家』小学館 2002 のち文庫
  • 『二番手を生ききる哲学 信念の武将・藤堂高虎が身をもって示したもの』青春出版社 2002
  • 『歴史に学ぶ人間学』潮出版社 2002
  • 『宮本武蔵』三笠書房 2002
  • 『武蔵 兵法革命家の生き方』日本放送出版協会 2002
  • 『小説小栗上野介』集英社 2002 のち文庫
  • 『童門冬二の歴史余話』光人社 2002
  • 『葉隠の人生訓』PHP研究所 2002 「小説葉隠」文庫
  • 『危機克服の名将武田信玄』実業之日本社 2002 「武田信玄」人物文庫
    • 76歳 
  • 『武蔵の道』小学館 2003
  • 『日本の復興者たち』光人社 2003 のち講談社文庫
  • 『人生、義理と人情に勝るものなし』PHP研究所 2003
  • 『男の詩集』PHP研究所 2003
  • 『和魂和才 世界を超えた江戸の偉人たち』PHP研究所 2003
  • 『小説項羽劉邦』日本実業出版社 2003 のち講談社文庫 
  • 『武士たちの死生観』日本放送出版協会(NHKシリーズ)
  • 『「本間さま」の経済再生の法則 欲を捨てよ、利益はおのずとついてくる』PHP研究所 2003
  • 『勝頼と信長 後継者のリーダーシップ』学陽書房 2003
  • 曾呂利新左衛門 秀吉の知恵袋』実業之日本社 2003
  • 『勇者の魅力 人を動かし、組織を動かす』清文社 2003
  • 『小説近藤勇』潮出版社 2003
  • 『異聞・新撰組 幕末最強軍団、崩壊の真実』朝日新聞社 2003 のち文庫
  • 柳生宗矩の人生訓 徳川三代を支えた剣豪、「抜群の智力」とは?』PHP研究所 2003
    • 77歳 
  • 『大人のための人生論』五月書房 2004 「改革者に学ぶ人生論」講談社文庫
  • 『小説前島密 天馬陸・海・空を行く』郵研社 2004
  • 佐久間象山 幕末の明星』実業之日本社 2004 のち講談社文庫
  • 『50歳からの歴史の旅 京都、鎌倉には、あえて行かない・・・』青春出版社 2004
  • 『尊王攘夷の旗 徳川斉昭藤田東湖』光人社 2004
  • 『江戸300年大商人の知恵』講談社+α新書 2004
  • 『時代を変えた女たち』潮出版社 2004
  • 『江戸の経済改革 日本人の知恵の原点』ビジネス社 2004
  • 『部長の難問課長の苦問』学陽書房 2004
  • 『武将を支えた禅の教え』青春出版社 2004 「男の禅」文庫
  • 『ニッポンの創業者 大変革期に求められるリーダーの生き方』ダイヤモンド社 2004
  • 『妖怪といわれた男 鳥居耀蔵』小学館 2004
    • 78歳 
  • 『異才の改革者渡辺崋山 自らの信念をいかに貫くか』PHP文庫 2005
  • 細川幽斎の経営学 価値観大転換時代を生き抜く知恵』PHP文庫 2005
  • 『お札になった偉人 その人物がナゼお札になったのか!?』池田書店 2005
  • 『小説田中久重 明治維新を動かした天才技術者』集英社 2005 のち文庫 
  • 『義経を討て』潮出版社 2005
  • 『三番手の男 山内一豊とその妻』日本放送出版協会 2005
    • 79歳 
  • 『人生が開ける戦国武将の言葉』PHP研究所 2006
  • 『人生で必要なことはすべて落語で学んだ』PHP文庫 2006
  • 『江戸大商人が守り抜いた商いの原点 目先の一両より、はるかに大事なものとは』青春出版社 2006
  • 『「中興の祖」の研究 組織をよみがえらせるリーダーの条件』PHP研究所 2006
  • 『日本史に刻まれた最期の言葉』祥伝社新書 2006
  • 『童門冬二の論語の智恵一日一話 孔子に学ぶ最高の処世訓』PHP研究所 2006
  • 『師弟 ここに志あり』潮出版社 2006
  • 『小説佐藤一斎』致知出版社 2006
  • 『戦国一孤独な男-山本勘助』日本放送出版協会 2006
  • 松浦静山夜話語り』実業之日本社 2006
    • 80歳 
  • 『大御所家康の策謀』日経ビジネス人文庫書下ろし 2007
  • 『幕末・男たちの名言 時代を超えて甦る「大和魂」』PHP研究所 2007
  • 『上司の心得 名将名君に学ぶ』PHP研究所 2007
  • 『人生で大切なことはすべて映画で学んだ』PHP文庫 2007
  • 『器量人の研究』PHP文庫 2007
  • 内村鑑三の『代表的日本人』 品格ある5人の日本人が教えてくれたこと』PHP研究所 2007
  • 『幕末の尼将軍-篤姫』日本放送出版協会 2007
  • 『男の老子 「フイゴ人間」になろう』PHP研究所 2007
  • 『人生の歩き方はすべて旅から学んだ』PHP文庫 2007
    • 81歳 
  • 『人生に役立つ!偉人・名将の言葉』PHP研究所 2008
  • 『参謀力 直江兼続の知略』日本放送出版協会 2008
  • 『尼将軍北条政子 日本史初の女性リーダー』PHP文庫 2008
  • 『三国志・赤壁の戦い 天下分け目の群雄大決戦』PHP研究所 2008
  • 『義塾の原点』リブロアルテ 2008
    • 82歳 
  • 『戦国武将引き際の継承力』河出書房新社 2009
  • 『人生の醍醐味を落語で味わう』2009 (PHP新書
  • 鈴木正三 武将から禅僧へ』河出書房新社 2009
  • 『小説米沢藩の経営学 直江兼続・上杉鷹山・上杉茂憲-改革者の系譜』2009 (PHP文庫
  • 『泣ける戦国ばなし』WAVE出版 2009
  • 『龍馬と弥太郎』日本放送出版協会 2009
  • 『へいしゅうせんせえ 細井平洲』潮出版社 2009
    • 83歳
  • 『戦国を終わらせた女たち』日本放送出版協会 2010
  • 『2時間で教養が身につく日本史のツボ』2010 (青春新書インテリジェンス)
  • 『新釈楽訓 人生を楽しく生きる知恵』PHP研究所 2010
  • 『小説新井白石 幕政改革の鬼』河出書房新社 2010
  • 『龍馬「海援隊」と岩崎弥太郎「三菱商会」』朝日新聞出版 2010
    • 84歳
  • 『日本の歴史どうしても知っておきたい名場面80』三笠書房 2011
  • 『童門冬二の先人たちの名語録』中日新聞社 2011
  • 『リーダーの決断参謀の決断』2011 (青春新書インテリジェンス)
  • 清盛の平家経営術』NHK出版 2011
  • 『上杉茂憲 沖縄県令になった最後の米沢藩主』2011 (祥伝社新書
  • 『成功と失敗の分かれ目』2011 ロング新書
  • 『男の菜根譚』PHP研究所 2011
  • 『戦国武将のマネジメント術 乱世を生き抜く』ダイヤモンド社 2011
  • 『人生を励ます太宰治の言葉』致知出版社 2011
    • 85歳
  • 『恕 日本人の美しい心』編著 里文出版 2012
  • 『65歳からの「男の人生」』三笠書房 2012
  • 『近江商人のビジネス哲学』三方よし研究所 2012
  • 『巨勢入道河童平清盛』2012 集英社文庫
  • 『歴史のおしえ』毎日新聞社 2012
  • 韓非子に学ぶホンネで生きる知恵』2012 じっぴコンパクト新書
  • 『退いて後の見事な人生』2012 (祥伝社新書
  • 『徳川三百年を支えた豪商の「才覚」』2013 (角川SSC新書
  • 『戦国武将に学ぶ「危機対応学」』2013 (角川SSC新書
  • 『黒田官兵衛 知と情の軍師』時事通信出版局 2013
    • 86歳
  • 『新訳信長の言葉』KADOKAWA 2014
  • 『人・水 美しい日本のこころ』水道産業新聞社 2014
  • 『諸国賢人列伝 地域に人と歴史あり』ぎょうせい 2014
  • 『なぜ一流ほど歴史を学ぶのか』2014 (青春新書INTELLIGENCE
  • 『名将真田幸村』2015 (成美文庫
  • 『日本史は「線」でつなぐと面白い!』2015 (青春文庫
  • 『最後の言葉』経済法令研究会 経法ビジネス新書
  • 『細井平洲の経営学 『嚶鳴館遺草』に学ぶ』志學社 2015
  • 大岡忠相 江戸の改革力吉宗とその時代』2015 集英社文庫

共著編集

  • 『徳川吉宗の人間学 変革期のリーダーシップを語る』津本陽対談 プレジデント社 1995 のち講談社文庫
  • 『逆境をバネに器量を磨け 危機克服の人間力』竹村健一 PHP研究所 1996
  • 『米百俵と小林虎三郎稲川明雄 東洋経済新報社 2001
  • 『得意なことを継続すればそれはあなたのスペシャルになる』重田玲共著 サンポスト 2015

出演編集

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 童門冬二(どうもん ふゆじ)とは - コトバンク
  2. ^ 日本経済新聞2014/2/19夕刊掲載「こころの玉手箱」

関連項目編集