申侯の乱

春秋戦国時代の戦い・西周の滅亡

申侯の乱(しんこうのらん)は、紀元前771年に起きた西周に対する反乱。申侯中国語版犬戎が周を攻めた。周の幽王は殺され、西周の時代が終わった。

申侯の乱
戦争:西周の滅亡
年月日紀元前771年
場所鎬京
結果西周の滅亡
交戦勢力
西周 犬戎中国語版
指導者・指揮官
周の幽王鄭の桓公 犬戎の首領・申侯繒侯
戦力
不詳 不詳
損害
不詳 不詳
春秋戦国時代
春秋時代
戦国時代
秦の統一戦争
†はその国の滅亡 表示

申公の乱編集

幽王3年(紀元前780年)、美女の褒姒が入宮し、幽王の寵愛を得て、子の伯服中国語版を産んだ。幽王は正室の申后と子の太子宜臼を廃し、褒姒を正室としその子の伯服を太子とした[1]

褒姒は笑わなかったために、幽王は笑わせる方法を考えた。多数の方法を考えたが、成功しなかった。最終的に「烽火戯諸侯中国語版」という方法を考えた。ある日、幽王は緊急事態の知らせの烽火を上げさせ、太鼓を打ち鳴らした。諸将はさっそく駆けつけたが、来てみると何ごとも無い。右往左往する諸将を見た褒姒は、そのときはじめて晴れやかに笑った。幽王は褒姒を笑わせるために、次々に烽火を上げために、諸将は狼煙を信用しなくなった[2][3]

幽王は佞臣の虢石父を任用したため、国人の怨みを買った。虢石父はよくへつらって利を好んだ。申后の父で太子の祖父に当たる申侯はこのことに憤怒した。紀元前771年、申侯は繒や犬戎とともに周へ侵攻した。幽王は烽火を上げ救援を求めたが、諸侯は援軍を出さなかった。幽王や伯服・桓公らは驪山で殺された[4]、褒姒は犬戎に連れ去られ[5]、都の鎬京は荒された。申侯や侯、許の文公は平王(宜臼)を擁立し、天王と称した[6]。鎬京から洛邑東遷した。

脚注編集

  1. ^ 史記巻四 周本紀 第四》:三年,幽王嬖愛褒姒。褒姒生子伯服,幽王欲廢太子。太子母申侯女,而為后。後幽王得褒姒,愛之,欲廢申后,並去太子宜臼,以褒姒為后,以伯服為太子。周太史伯陽讀史記曰:「周亡矣。」昔自夏后氏之衰也,有二神龍止於夏帝庭而言曰:「余,褒之二君。」夏帝卜殺之與去之與止之,莫吉。卜請其漦而藏之,乃吉。於是布幣而策告之,龍亡而漦在,櫝而去之。夏亡,傳此器殷。殷亡,又傳此器周。比三代,莫敢發之,至厲王之末,發而觀之。漦流於庭,不可除。厲王使婦人裸而譟之。漦化為玄黿,以入王後宮。後宮之童妾既齔而遭之,既笄而孕,無夫而生子,懼而棄之。宣王之時童女謠曰:「檿弧箕服,實亡周國。」於是宣王聞之,有夫婦賣是器者,宣王使執而戮之。逃於道,而見郷者後宮童妾所棄妖子出於路者,聞其夜啼,哀而収之,夫婦遂亡,餎於褒。褒人有罪,請入童妾所棄女子者於王以贖罪。棄女子出於褒,是為褒姒。當幽王三年,王之後宮見而愛之,生子伯服,竟廢申后及太子,以褒姒為后,伯服為太子。太史伯陽曰:「禍成矣,無可奈何!」
  2. ^ 寺田隆信 1997, p. 28.
  3. ^ 史記巻四 周本紀 第四》:褒姒不好笑,幽王欲其笑萬方,故不笑。幽王為烽燧大鼓,有寇至則挙烽火。諸侯悉至,至而無寇,褒姒乃大笑。幽王悦之,為数挙烽火。其後不信,諸侯益亦不至。
  4. ^ 史記巻四十二 鄭世家 第十二》:二歳,犬戎殺幽王於驪山下,並殺桓公。
  5. ^ 史記巻四 周本紀 第四》:幽王以虢石父為卿,用事,国人皆怨。石父為人佞巧善諛好利,王用之。又廢申后,去太子也。申侯怒,與繒・西夷犬戎攻幽王。幽王挙烽火徴兵,兵莫至。遂殺幽王驪山下,虜褒姒,盡取周賂而去。於是諸侯乃即申侯而共立故幽王太子宜臼,是為平王,以奉周祀。
  6. ^ 佐藤信弥 2016, p. 137.

参考文献編集

  • 佐藤信弥 『周-理想化された古代王朝』中央公論新社、2016年。 
  • 寺田隆信 『物語 中国の歴史』中央公論新社、1997年。