相模湖駅

日本の神奈川県相模原市緑区にある東日本旅客鉄道の駅

相模湖駅(さがみこえき)は、神奈川県相模原市緑区与瀬にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線である[1]駅番号JC 25

相模湖駅*
Sagamiko-station-After-renewal2019.jpg
駅舎(2019年1月)
さがみこ
Sagamiko
JC 24 高尾 (9.5 km)
(3.7 km) 藤野 JC 26
所在地 相模原市緑区与瀬1395
北緯35度37分1.3秒 東経139度11分20.2秒 / 北緯35.617028度 東経139.188944度 / 35.617028; 139.188944座標: 北緯35度37分1.3秒 東経139度11分20.2秒 / 北緯35.617028度 東経139.188944度 / 35.617028; 139.188944
駅番号 JC25
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 中央本線
キロ程 52.3km(新宿起点)
東京から62.6 km
電報略号 ミコ
ヨセ(改称前)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線[1]
乗車人員
-統計年度-
1,529人/日(降車客含まず)
-2020年-
開業年月日 1901年明治34年)8月1日[1]
備考 業務委託駅[2]
* 1956年に与瀬駅から改称[1]
テンプレートを表示

歴史編集

駅構造編集

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを有する地上駅[1]。このほか、上り本線(3番線)の横にホームのない上り副本線が敷設されており、配給列車や工事列車などの事業用列車の待避の際に使われる。2005年に従来からあるホームを結ぶ高架式の連絡通路に付設する形でエレベーターが2基設置された。

以前は直営駅であり管理駅でもあったが現在はJR東日本ステーションサービスが受託する業務委託駅であり[7]高尾駅が管理している。自動改札機自動券売機3台(うち1台は多機能券売機)設置。なお、初電から6時10分までは無人扱いとなるため、乗車駅証明書発行機から乗車駅証明書を取って乗車し、着駅で精算する。

2006年みどりの窓口が廃止され、その代替として「もしもし券売機Kaeruくん」が設置されたが、2012年2月8日をもって営業終了し、撤去された。

のりば編集

番線 路線 方向 行先 備考
1   中央本線 下り 大月甲府小淵沢方面 一部列車は2番線
2・3 上り 高尾八王子新宿方面

(出典:JR東日本:駅構内図

  • 上・下線ともに特急の通過待ちを行う列車が設定されており、中線の2番線に停車する列車がかなり多い。
  • 毎年8月1日に開催される「さがみ湖湖上祭花火大会」の会場最寄り駅である。そのため、開催前後には高尾と当駅間の区間列車を数本運行し、高尾駅で東京方面の列車に乗り継げるよう設定されている。
  • 毎年冬には、さがみ湖リゾート プレジャーフォレストイルミネーションへの見物客が多く利用するため、当該期間には一部のかいじ号が臨時停車する。
  • 中央線は、2020年代前半(2021年度以降の向こう5年以内)をめどに東京 - 大月駅間のオレンジ帯で運行する列車に2階建グリーン車を2両連結させ12両編成運転を行なう。そのため当駅は、12両編成の列車が停車できるようにホームを延長する各種改良工事などが実施される[8][9]

利用状況編集

2020年(令和2年)度の1日平均乗車人員1,529人である。

2000年(平成12年)度以降の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗車人員[10][11]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1995年(平成07年) 3,750 [* 1]
1998年(平成10年) 3,556 [* 2]
1999年(平成11年) 3,467 [* 3]
2000年(平成12年) [JR 1]3,367 [* 3]
2001年(平成13年) [JR 2]3,392 [* 4]
2002年(平成14年) [JR 3]3,360 [* 5]
2003年(平成15年) [JR 4]3,372 [* 6]
2004年(平成16年) [JR 5]3,452 [* 7]
2005年(平成17年) [JR 6]3,376 [* 8]
2006年(平成18年) [JR 7]3,408 [* 9]
2007年(平成19年) [JR 8]3,467 [* 10]
2008年(平成20年) [JR 9]3,457 [* 11]
2009年(平成21年) [JR 10]3,452 [* 12]
2010年(平成22年) [JR 11]3,373 [* 13]
2011年(平成23年) [JR 12]3,293 [* 14]
2012年(平成24年) [JR 13]2,559 [* 15]
2013年(平成25年) [JR 14]2,572 [* 16]
2014年(平成26年) [JR 15]2,516 [* 17]
2015年(平成27年) [JR 16]2,442 [* 18]
2016年(平成28年) [JR 17]2,326 [* 19]
2017年(平成29年) [JR 18]2,277
2018年(平成30年) [JR 19]2,215
2019年(令和元年) [JR 20]2,077
2020年(令和02年) [JR 21]1,529

駅周辺編集

 
駅前広場(2016年5月)

バス路線編集

駅前にバスロータリーがあり、ここにバスが乗り入れている。過去には、横浜駅平塚駅新宿駅への長距離路線があったほか、近年まで上野原や宮ケ瀬方面へ路線が延びていたが、マイカーなどの増加などにより現在では姿を消している。2012年4月には帝京大学相模湖キャンパスが移転・閉鎖され[注釈 1]、それに伴い帝京大学行きの急行バス(湖30)は廃止、湖22系統は大幅減便(休日1本のみ)となっている。

下記路線はすべて神奈川中央交通西によって運行されている。

1番乗り場
2番乗り場
3番乗り場

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
    中央本線
通勤特快(上りのみ)・中央特快・通勤快速(下りのみ)・快速・普通
高尾駅 (JC 24) - 相模湖駅 (JC 25) - 藤野駅 (JC 26)

脚注編集

[脚注の使い方]

記事本文編集

注釈編集

  1. ^ 跡地には2015年(平成27年)3月1日に帝京大学の系列の社会福祉法人寿栄会が特別養護老人ホーム「相模湖みどりの丘」を開設[12]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 『週刊 JR全駅・全車両基地』46号 甲府駅・奥多摩駅・勝沼ぶどう郷駅ほか79駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年7月7日、19頁。
  2. ^ 事業エリアマップ - JR東日本ステーションサービス.2021年9月14日閲覧
  3. ^ 曽根悟(監修)「中央本線」『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』第5号、朝日新聞出版、2009年8月9日、 27頁。
  4. ^ “みどりの窓口リストラ”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 23 夕刊. (2006年7月11日) 
  5. ^ [1] - 運輸安全委員会 事故概要 2015年7月30日
  6. ^ a b “中央本線 相模湖駅に地域の玄関口となる駅空間を創出します” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道八王子支社, (2016年12月16日), オリジナルの2020年5月21日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200521041136/https://www.jreast.co.jp/hachioji/info/20161216/20161216_info01.pdf 2020年5月21日閲覧。 
  7. ^ 事業エリアマップ - JR東日本ステーションサービス.2021年9月14日閲覧
  8. ^ “中央快速線等へのグリーン車サービスの導入について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2015年2月4日), オリジナルの2019年9月24日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190924030537/https://www.jreast.co.jp/press/2014/20150203.pdf 2020年4月21日閲覧。 
  9. ^ “JR東日本、中央線のグリーン車計画を延期”. 産経新聞. (2017年3月24日). オリジナルの2017年3月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170324011255/https://www.sankei.com/smp/economy/news/170324/ecn1703240001-s1.html 2020年11月29日閲覧。 
  10. ^ 相模原市統計書 - 相模原市
  11. ^ 神奈川県県勢要覧
  12. ^ “相模湖みどりの丘 オープン”. 日刊建設工業新聞 (日刊建設工業新聞社). (2015年2月27日)

利用状況編集

神奈川県県勢要覧
JR東日本の2000年度以降の乗車人員

関連項目編集

  • 日本の鉄道駅一覧
  • 相模湖町 - 2006年(平成18年)3月まで長年にわたり属していた自治体。現在は相模原市(緑区)に編入されている。
  • 青砥駅 - 2020年(令和2年)6月、当駅で過去あったものと類似した案件(列車脱線事故)が発生した。

外部リンク編集