メインメニューを開く

真宗大谷派名古屋別院

名古屋市中区にある真宗大谷派(東本願寺)の寺院。

真宗大谷派名古屋別院(しんしゅうおおたにはなごやべついん)は、愛知県名古屋市中区にある真宗大谷派寺院である。同派の別院真宗本廟(東本願寺)本山と仰ぐ。開基は、東本願寺第十六代法主 一如[1]。通称は、「東別院」、「東御坊」、「名古屋東別院」、「東本願寺名古屋別院」。

真宗大谷派 名古屋別院
Higashi-Honganji Nagoya Betsuin (Main Hall).jpg
本堂
所在地 愛知県名古屋市中区橘2-8-55
位置 北緯35度9分8.09秒
東経136度54分7.05秒
宗旨 浄土真宗
宗派 真宗大谷派
寺格 別院
本尊 阿弥陀如来
創建年 元禄3年(1690年)
開基 一如
別称 (名古屋)東別院、東御坊
公式HP お東ネット
法人番号 6180005000245
真宗大谷派名古屋別院の位置(名古屋市内)
真宗大谷派名古屋別院
テンプレートを表示

沿革編集

元禄3年(1690年)、尾張藩第2代藩主・徳川光友より織田信秀の居城・古渡城の跡地約1万坪の寄進を受けて建立された。尾張国の6つの寺が、この地に布教の拠点を置くことを本山に願い出たが、当初は他の寺から猛反対を受けた。

文化2年(1805年)、五代惣兵衛が本堂を再建した。惣兵衛はこのためだけに真宗へ改宗し、さらに本山である東本願寺に多額の寄進をしたことにより、使用する材木の調達を一手に請負うことに成功。

文政6年(1823年)、新たな本堂が竣工した。この年、本山の御影堂と阿弥陀堂が焼失。緊急の措置として、別院(当時の呼称は「名古屋御坊」)の古御堂が東本願寺の本堂とされた。

明治期には、愛知県庁愛知県議会の機能が同地に設置された。

明治7年(1874年)5月1日から6月10日にかけて開催された、「名古屋博覧会」の会場としても使用された。同博覧会では名古屋城天守金鯱や地元の名産が展示され、好評につき、当初5月31日までの予定であった会期は10日延長された。

昭和20年(1945年)3月12日、名古屋大空襲の被害を受け、本堂をはじめ、ほとんどの施設が焼失した。現在の本堂は、戦後再建されたものである。

伽藍・境内編集

 
山門
 
対面所
 
古渡城址碑
山門
当初の山門宝暦7年(1757年)建立。現在の山門は、昭和20年(1945年)の空襲による焼失後、昭和43年(1968年)に再建された。釈迦如来像(中央)、弥勒菩薩像(向かって右)、阿難尊者像(向かって左)を安置。
本堂
当初の本堂は元禄15年(1702年)建立。2度の再建後、昭和20年(1945年)の空襲で焼失。現在の本堂は、昭和41年(1966年)の再建。
対面所
毎月5日(1月のみ10日)〜28日まで、名古屋教区内外の布教使による法話が行われる。1階に名古屋別院総務部・財務部を置く。
名古屋教務所
教区会、門徒会、院議会などを開催する。各種講座の会場としても用いる。
教化センター
仏教図書館。真宗・仏教関連書籍や視聴覚教材の閲覧、貸し出しを行う。
納骨堂
信徒の遺骨を納める。毎年7月15日、納骨法要が行われる。
鐘楼
名古屋市の指定文化財。元禄5年(1692年)鋳造。総高177.5cm、口径108cm。
豊本説教場跡
現在の名古屋市中区栄に設置されていた別院の説教場の碑。名古屋高速道路建設工事の際に出土し、境内に移設。明治26年(1893年)建立。
明治天皇行在所旧址碑
明治天皇が行幸した際に、別院が行在所として使用されたことを記念して建立。
明治天皇名古屋大本営碑
昭和9年(1934年)6月1日建立。
明治23年(1890年)に陸軍海軍合同の軍事演習を名古屋で行った際、この地に大本営を設置したことを記念。
昭和8年(1933年)11月2日に、史蹟名勝天然紀念物保存法に基づき、史蹟として文部大臣の指定を受けた(全国の他の「明治天皇旧跡」とともに昭和23年6月29日に史跡指定解除)。
住田智見講師句碑
昭和42年(1967年)、住田智見の生誕100年を記念して建立。
伊豆山権現参拝の折に詠んだ「白毫の 光尊し 夜半・秋」を刻む。
住田智見は、明治元年(1868年)に祐誓寺(名古屋市熱田区)で生誕。大谷大学を卒業後、真宗大学教授、大谷大学学長を歴任した。また、真宗専門学校(現同朋大学)を創設した。昭和13年(1938年)死去。
古渡城址碑
前述の通り、境内地は古渡城の跡地と伝えられる。織田信秀那古野城を息子信長に譲り、自らは古渡城を居城とした。天文15年(1546年)、信長はこの城で元服したといわれる。天文17年(1548年)に廃城。

年表編集

  • 元禄4年(1691年) 徳川光友、古渡城跡地を「名古屋御坊」建設地として寄進
  • 元禄15年(1702年) 本堂竣工
  • 文化2年(1805年) 本堂再建開始
  • 文政6年(1823年) 本堂竣工
  • 文政10年(1827年) 「閲蔵長屋」創設(現在の学校法人尾張学園。名古屋大谷高等学校、豊田大谷高等学校などを擁する)
  • 明治4年(1871年) 「名古屋本願寺」に改称
  • 明治6年(1873年) 「名古屋管刹」に改称
  • 明治7年(1874年) 名古屋博覧会開催
  • 明治9年(1876年) 「名古屋別院」に改称
  • 明治11年(1878年) 明治天皇の行在所として使用
  • 昭和20年(1945年) 名古屋空襲により全焼
  • 昭和37年(1962年) 本堂再建開始
  • 昭和41年(1966年) 本堂竣工。機関紙「名古屋御坊」創刊
  • 平成2年(1990年) 名古屋別院開創300年・開基一如上人300回忌勤修

文化財編集

重要文化財(国指定)
  • 紙本墨画淡彩四季山水図 六曲屏風一双[2]
名古屋市指定文化財

アクセス編集

住所
〒460-0016
名古屋市中区橘二丁目8番55号
最寄り駅
名古屋市営地下鉄名城線 東別院駅下車 4番出口

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 東本願寺…正式には「本願寺」。一般には通称である「東本願寺」と呼称するので、「東本願寺第十六代法主」と表記。
  2. ^ 紙本墨画淡彩四季山水図”. 愛知県. 2013年5月26日閲覧。
  3. ^ 市指定文化財”. 名古屋市 (2012年10月19日). 2013年5月26日閲覧。