メインメニューを開く
刈谷駅南口に到着した知多シーガル号

東京駅・知多半田線、愛称「知多シーガル号」(ちたシーガルごう)は、首都圏東京駅東名江田)と愛知県知多半島半田市東浦町)や西三河地域(刈谷市知立市)とを結ぶ直行便(特定日運行)の高速乗合バス(路線バス)である。

本稿では、2019年6月1日に運行を開始した夜行便ドリーム知多号(どりーむちたごう)についても記載する。

目次

運行会社編集

停留所・途中休憩編集

知多シーガル号(昼行便)

東京駅(出発は八重洲南口・到着は日本橋口) - 霞が関(上り便のみ) - 東名江田 - 知立駅北(リリオホール前) - 刈谷駅南口 - イオン東浦店前 - 緒川駅 - 生路 - 有脇 - 大池町 - 乙川西ノ宮 - 半田市役所 - 知多半田駅

下り(1号)は金曜・土曜・休日、上り(2号)は土曜・日曜・月曜および祝日の翌日のみ運行。
途中休憩は足柄SA浜名湖SAの2回。
ドリーム知多号(夜行便)

東京ディズニーランド - 新木場駅 - 東京駅(出発は八重洲南口・到着は日本橋口) - 霞が関(上り便のみ) - 東名江田 - 知立駅北(リリオホール前) - 刈谷駅南口 - イオン東浦店前 - 緒川駅 - 太田川駅

途中休憩は3回(下り3号は足柄SA・静岡SA・美合PA、上り4号は赤塚PA・静岡SA・足柄SA)。
下り(3号)は木曜・金曜・土曜・休日、上り(4号)は金曜・土曜・日曜・月曜および祝日の翌日のみ運行。
  • 直行便のため、東名ハイウェイバスのように途中バス停に停車しての乗降扱いはしない。また、首都圏内のみや愛知県内のみの利用はできない。
  • 乗客が車外に出られる途中の休憩(開放休憩)の時間は1回10〜20分間程、遅延や混雑で休憩箇所の変更もある。夜行便はこれとは別に時間調整・乗務員休憩として停車する(その間、乗客は外出不可)。
  • 上り便(2号・4号)は首都高速渋滞時に乗務員の判断で用賀パーキングエリアに停車して降車扱いがある。希望者は用賀駅→渋谷駅(東急田園都市線)の乗継乗車券100円(通常の普通運賃は190円)をバス乗務員から降車時に購入可能。

歴史編集

  • 2007年平成19年)
    • 6月15日 - 運行開始。昼行便・夜行便各1往復。補助席付き4列シートや4列楽座シートなどハイデッカー車両を使用。
    • 10月1日 - ダイヤ改正。夜行便の3号4号を東京駅〜新木場駅間延長。
  • 2008年(平成20年)
    • 6月 - 4列楽座シート車両からスーパーハイデッカー独立3列シート車両に変更。
    • 11月1日 - 昼行便下り1号を東京駅17:40発に繰り下げ。早期購入割引運賃を「早売1」に変更。高速バスネットで座席選択可能になった。
  • 2009年(平成21年)12月1日 - 夜行便(3号・4号)を独立3列シートのダブルデッカー車両に変更(4号は翌2日から)。
  • 2010年(平成22年)
    • 7月1日 - 昼行便(1号・2号)も独立3列シートのダブルデッカー車両に変更(2号は翌2日から)。
    • 12月 - 年末年始の増車分(2号車)を高速バスネット内で「4列シート便」と表記の上、別枠で発売。
  • 2011年(平成23年)11月21日 - 車両をハイデッカーで3列Gシートと4列楽座シートを搭載した「プレミアムコーチ」車両に変更。
  • 2012年(平成24年)
    • 11月 - 昼行便(1号・2号)が新東名高速道路経由に変更。それに伴い、休憩箇所が浜名湖SAから遠州森町PAに変更。
    • 12月21日 - 夜行便(3号・4号)に隣が異性にならない女性優先席を設定[1][2]
  • 2013年(平成25年)
    • 2月5日 - この日出発の上り夜行便(4号)をもって、3列Gシート(プレミアムシート車両)が廃止。全席が幅広4列の40席車両に変更[3]
    • 10月1日 - 全便が毎日運行から週末や休日など特定日のみ運行となる[4]
  • 2018年(平成30年)12月21日 - 夜行便(3号・4号)が東京ディズニーランドに延伸。新木場駅バス停を廃止[5]
  • 2019年令和元年)6月1日 - この日より、夜行便が太田川駅発着の「ドリーム知多号」(毎日運行)となり、JR東海バスが参入。これに伴い「知多シーガル号」は昼行便のみとなる。昼行便「知多シーガル号」・夜行便「ドリーム知多号」とも緒川駅に停車開始、「ドリーム知多号」は新木場駅の停車を再開[6][7]

車両編集

現在は幅広4列シート(楽座シート)40席ハイデッカー車両。

  • 夜行便に隣が異性にならない「女性優先予約席」を設定している。
  • 車内トイレ完備。毛布、おしぼりなどのサービスは無い。
  • 過去には幅広4列シート38席車、2階建て(ダブルデッカー)やスーパーハイデッカーの独立3列シート車両、3列Gシート+幅広4列のプレミアムコーチ車両などを使用していた。

乗車券・予約編集

  • 座席指定制で1ヵ月1日前の午前10時から発売。当日空席があれば予約無しでも乗車は可能。
  • 名鉄観光サービス刈谷支店、東京駅八重洲南口のりば・バスタ新宿・名古屋駅新幹線口などのJRハイウェイバス窓口や券売機で購入できる(JR駅みどりの窓口では扱っていない)。
  • 予約サイト高速バスネット、JRバス関東高速バス電話予約センターからも予約・購入可能。
  • 2007年11月20日から、知多シーガル号と河和港〜日間賀島間高速船の往復乗車券をセットにした「三河湾ストーリー 東京・知多半島往復きっぷ」を発売している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 夜行高速バスバス女性優先席の設定について”. ジェイアールバス関東 (2012年11月21日). 2013年10月5日閲覧。
  2. ^ 女性優先予約席の設定について (PDF)
  3. ^ 「Gシート」の廃止について”. ジェイアールバス関東. 2013年10月5日閲覧。
  4. ^ 「知多シーガル号」運転日の変更について”. ジェイアールバス関東 (2013年8月30日). 2013年10月5日閲覧。
  5. ^ 【東京ディズニーランド®】乗り入れ路線の拡大について”. ジェイアールバス関東 (2018年11月24日). 2018年12月24日閲覧。
  6. ^ 東京駅・「東京ディズニーランド®」行き、「ドリーム知多号」の運行開始について”. ジェイアール東海バス (2019年4月22日). 2019年4月27日閲覧。
  7. ^ 【東京~知多線(知多シーガル号)】路線リニューアルの実施について”. ジェイアールバス関東 (2019年4月24日). 2019年4月27日閲覧。

外部リンク編集