メインメニューを開く

石田町

日本の長崎県壱岐郡にあった町

石田町(いしだちょう)は、長崎県壱岐郡にあった。2004年3月1日に郷ノ浦町勝本町芦辺町と合併し市制施行、壱岐市となり自治体としては消滅した。

いしだちょう
石田町
廃止日 2004年3月1日
廃止理由 新設合併・市制施行
郷ノ浦町勝本町芦辺町石田町壱岐市
現在の自治体 壱岐市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
壱岐郡
団体コード 42424-2
面積 16.51km2
総人口 4,692
推計人口、2004年2月1日)
隣接自治体 郷ノ浦町、芦辺町
町の木 マツ
町の花 コスモス
町の鳥 メジロ
石田町役場
所在地 811-5215
長崎県壱岐郡石田町石田西触1290番地
外部リンク 石田町(アーカイブ版)
座標 北緯33度44分51.6秒
東経129度45分14.7秒
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

壱岐島の南東部に位置する。

歴史編集

平安時代中期に編纂された『和名類聚抄』によれば、壱岐島石田郡五郷の1つとして石田町東部の一帯を「石田郷」と称したとされる[1][2]。1889年に石田村、池田村および筒城(つつき)村が合併し地方公共団体として発足した際に採用された「石田」の名称は、上記の郷名より名付けられた[2]。石田の地名由来については、田の中に石田石という石があったためと伝わる[3]奈良時代から平安時代初期にかけては「伊波多」「石田野」「伊之太」とも表記された[4]

地域編集

地名編集

触・浦および島を行政区域とする。石田村時代は触・浦・島の各名称に大字(石田・池田・筒城)を冠称していたが、1970年の町制施行時に大字を廃止した。その際に一部の触が改称している。
なお、石田町では土地改良事業の換地処分などに伴い、芦辺町や郷ノ浦町との間で境界変更が行われた。

大字石田
  • 印通寺浦(いんどうじ・いんどおじ)
  • 西触 → 石田西触
  • 東触 → 石田東触
  • 本村触
  • 南触
  • 妻ヶ島[8]
大字池田
  • 仲触 → 池田仲触
  • 西触 → 池田西触
  • 東触 → 池田東触
大字筒城
  • 仲触 → 筒城仲触
  • 西触 → 筒城西触
  • 東触 → 筒城東触
  • 山崎触
(大字なしの区域)
  • 久喜触 - 1958年、郷ノ浦町より編入[6]
  • 湯岳射手吉触 - 1961年、芦辺町より編入[7]
  • 湯岳興触 - 1961年、芦辺町より一部を編入[7]

教育編集

交通編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

  • 原の辻遺跡
  • 松永記念館
  • 遺新羅使雪連宅満墳墓
  • 万葉公園

石田町出身の著名人編集

  • 松永安左エ門(実業家)- 「電力の鬼」と称された。印通寺浦に記念館がある。

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 角川日本地名大辞典 42 長崎県「石田郷(古代)」
  2. ^ a b 角川日本地名大辞典 42 長崎県「石田村(近代)」
  3. ^ 角川日本地名大辞典 42 長崎県「石田」
  4. ^ 石田町のあゆみ - ウェイバックマシン(2004年3月5日アーカイブ分)
  5. ^ 法律第二十號 「長崎縣下郡廢置」 官報. 1896年3月28日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ a b 総理府告示第148号「町村の境界変更」官報.昭和33年4月1日
  7. ^ a b c 自治省告示第100号「町村の境界変更」官報.昭和36年4月1日
  8. ^ 印通寺港の南方海域に位置する妻ヶ島の全域。江戸時代に島の守役として設置された事に由来する民家1軒と神社1社が所在する。石田町内の行政区画単位としての小字のひとつであるが、当地においては個別の郵便番号が割り振られていない。

関連項目編集

外部リンク編集