グリー (企業)

企業

グリー株式会社: GREE, Inc.)は、日本のインターネット企業である。ソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) の「GREE」を運営し、事業の中核としている。他社のゲームを模倣したゲームで利益を出すビジネスモデルで、ガラケー時代のゲームメーカーとしては急成長を遂げて時代の寵児となったものの、携帯ゲームの主戦場がスマートフォンに移ってからはそのモデルが通用せず、2013年以降は毎年20パーセント以上売り上げが縮小し続けている。

グリー株式会社
GREE, Inc.
GREE logo.svg
Roppongi-Mori-Tower-02.jpg
本社が所在する六本木ヒルズ森タワー
種類 株式会社
市場情報
東証1部 3632
2008年12月17日上場
本社所在地 日本の旗 日本
106-6190
東京都港区六本木6-10-1
六本木ヒルズ森タワー
設立 2004年平成16年)12月7日
業種 情報・通信業
法人番号 8010401055923
事業内容 インターネットゲーム事業 など
代表者 田中良和創業者代表取締役社長
資本金 22億75百万円(2015年6月現在)
発行済株式総数 240,740,000株(2015年6月現在)
売上高 653億6900万円(2017年6月期)
営業利益 79億9700万円(2017年6月期)
純利益 121億1600万円(2017年6月期)
純資産 1098億8300万円万円(2017年6月現在)
総資産 1229億5400万円(2017年6月30日現在)
従業員数 1424名(2017年9月30日現在)
決算期 6月30日
主要株主 田中良和 46.39%
KDDI 3.30%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口9) 3.09%
(2017年6月30日現在)
外部リンク corp.gree.net
テンプレートを表示

目次

概要編集

2004年2月21日、創業者の田中良和によって個人的な趣味として一人で開発されたGREEの後の利用者の増加により、個人での運営が困難な規模となったため、運営母体としてグリー株式会社が設立された。

本社は東京都港区に所在する。最初の本社の所在地は東京都港区白金で、1回目の本社移転以降は全て六本木に所在する(4丁目→3丁目→4丁目→6丁目)。

沿革編集

  • 7月 - グロービスキャピタルパートナーズに対して、第三者割当増資を実施。
  • 7月 - 東京都港区六本木4-11-13 ランディック六本木ビル6Fに本社移転。
  • 7月7日 - 欧米市場向けの戦略拠点を担っていた米子会社のGREE International Entertainment(GIE)を同日付で閉鎖し、海外でのゲーム開発事業から撤退すると発表した。

情勢編集

  • 2010年平成22年) - 2010年度の日本でのCM放送回数が1位になったと、CM総合研究所が報道した(2万4646回)。2位のソフトバンクモバイルの2倍以上。
  • 2011年平成23年)9月9日 - 東証1部の日次の売買代金でトヨタを抜いて連日1位と日経新聞で報道される。また、東京証券取引所の上場企業として時価総額が100位となり「大型株」となったと、日経クイックニュースで報道される。
  • 2011年平成23年)12月6日 - 世界最大級のゲームプラットフォームとなる「GREE Platform」の構築を発表。日本国内のGREEと買収した米OpenFeintを統合、現在の1.5億ユーザーを1年で3億ユーザーに倍増させ、将来的に10億ユーザーを目指すとしている。
  • 2012年平成24年)5月24日 - 「GREE Platform」正式展開開始。
  • 2015年平成27年) - 08年12月に上場して以来、初の最終赤字となった。

関連企業編集

主なグループ企業編集

主な関連企業編集

広告展開・スポンサー番組編集

現在の提供番組編集

過去の提供番組編集

GREE Labs編集

毎月、グリー株式会社主催の「オープンソーステクノロジー研究会」が開催される。また、取締役CTOである藤本真樹によるPHPフレームワーク「Ethna」の開発も行っている。

釣りゲー訴訟編集

  • 2012年平成24年)2月23日 - グリーが、自社の釣りゲーム「釣り★スタ」に似たゲーム配信による著作権侵害を受けたとしてディー・エヌ・エー(DeNA)に対し配信差し止め損害賠償を求めていた訴訟について、東京地裁はDeNAによる著作権侵害を認め、配信差し止めと2億3,460万円の損害賠償支払いを命じた。DeNAは「主張が認められなかった」として即日控訴。
  • 2012年(平成24年)8月8日 - 控訴審の知財高裁高部眞規子裁判長)は、DeNAに対し配信差し止めと損害賠償支払いを命じた一審・東京地裁判決を取り消し、グリーの請求を棄却した。グリーは即日、上告を表明した[3]
  • 2013年(平成25年)4月16日 - 上告審の最高裁は、グリーの上告を棄却。これにより知財高裁の判決が確定した[4][5]

特許侵害問題編集

2018年1月24日、グリーは、フィンランドのゲーム会社Supercellが開発・運営するゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」「クラッシュ・ロワイヤル」2作品に、自社の保有する特許が使用されていると主張し、訴訟を起こした[6]。Supercellは、特許侵害を否定したものの、2作品より一部機能の削除を発表し、Twitterでは「#グリーを許すな」というハッシュタグをつけたツイートが、一時トレンド入りした[7]

脚注編集

外部リンク編集