メインメニューを開く

日本高校ダンス部選手権

日本高校ダンス部選手権(にほんこうこうダンスぶせんしゅけん)は高校ダンス部日本一を決める競技会。

日本高校ダンス部選手権
開始年 2008年
主催 産経新聞社
一般社団法人ストリートダンス協会
スポーツ庁(後援)
公益財団法人全国高等学校体育連盟(後援)
参加チーム数 740
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 スモールクラス:柳川高等学校
ビッグクラス:帝塚山学院
最多優勝 スモールクラス:箕面高等学校
ビッグクラス:同志社香里高等学校
公式サイト 日本高校ダンス部選手権公式サイト
備考 大会放映チャンネル・スカイAU-NEXTフジテレビ関西テレビ
テンプレートを表示

2008年から開始された高等学校を対象としたオールジャンルのダンス競技会。別名"DANCE STADIUM"。産経新聞社及び(一社)ストリートダンス協会が主催し、エースコックの特別協賛により行われている。スポーツ庁(公財)全国高等学校体育連盟が後援。

発足理由は、ダンスに取り組む高校生の「情熱・努力・友情・チームワーク」そして「感動」を応援するためとしている。参加条件は認可されたダンス部同好会のみに限定され、顧問の教諭の同行が必須条件。と年に4回開催される。通称「春高ダンス」「夏高ダンス」「秋高ダンス」「冬高ダンス」(以下同様に記載)。

地区予選は「北海道」「東北」「関東・甲信越」「東海・北陸」「近畿・中国」「四国」「九州」「沖縄」の8ブロック。第1回の夏高ダンスでは関西地区のみの開催であったが、第2回からは東日本西日本に分けて開催され、第4回以降は複数のブロック予選で上位入賞したチームによる全国決勝大会が行われている[1]

歴史編集

  • 2008年:大会開始。
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年
    • 7月:地区予選大会を東北地方に拡大。
    • 12月:冬高ダンスから3人1チームによる『スリー・オン・スリー』形式で実施[2]
  • 2014年
    • 3月:専門誌『DANSTA PRESS Vol.1』発行。
    • 7月:地区予選大会を北海道沖縄に拡大。また公式キャラクター『ダンスタくん』誕生。
  • 2015年
    • 8月:出場校の増加と、出場校のレベル上昇に伴い、全国決勝大会をパシフィコ横浜の会場で2日間に拡大[3]
  • 2016年
    • 3月:第9回春高ダンスより中日本大会が設立。東日本大会、中日本大会、西日本大会の種目がスモールクラス、ビッグクラスに分かれる。
    • 8月:大会テーマソングにBeat Buddy Boiの『Firework』を発表。
  • 2017年
  • 2018年
    • 3月:日本赤十字社が春高ダンスのスペシャルパートナーになる。若年層に献血の大切さを普及。優秀校は6月、東京国際フォーラムで開催のLove in Actionのステージでダンスを披露する。
    • 7月:夏高ダンスからビッグクラスの出場人数の上限が40名までと改定。
  • 2019年
    • 8月:地区予選大会を四国地方に拡大[6]
    • 11月:秋高ダンスから横浜アリーナでノンクラスによる『年間チャンピオンを決める選抜大会』形式で実施[7][8]

実施要項編集

夏高ダンス編集

  • チームは男性女性、男女混合いずれも可能。
  • ダンススタイルはオールジャンル。
  • 2人から12人までを『スモールクラス』、13人以上から40人までを『ビッグクラス』として分け、1ステージ2分から2分30秒の間で演技する。規定時間を越える、または満たない演技は減点または失格となる。
  • ダンスプログラムには、出場選手の半分以上が同じ振りで踊るユニゾン(合わせ)部分を合計50秒以上取り込むこと。但し、スモールクラス2名で出場の場合は、2名での振りが対象となる。
  • 使用する備品(小道具)のセッティングは30秒以内で行う。
  • 採点項目はビジュアル、エンターテイメント、テクニック、音楽、スペシャリティーの5項目で各10点満点で評価。
  • 高校生としてのマナー、モラル、および学校関係者の秩序ある言動、行動を重視。演技中の客席への降壇や客席への衣類などの投げ入れなどは減点の対象となり、また高校生らしからぬ動きや発言、減点項目に挙げられている項目でも悪質と判断した場合は失格となる。

春高ダンス編集

  • 出場チームのメンバーは高校1年生限定で人数は2名以上。クラス分け、採点項目、減点対象などは夏高ダンスと同様。
  • 1ステージ1分30秒から2分の間で演技する。ダンスプログラムには、ユニゾン(合わせ)部分を40秒以上取り込む。
  • 使用する備品(小道具)のセッティングは20秒以内で行う。

冬高ダンス編集

  • 男性、女性、もしくは男女混合の3人1チームによるトーナメント形式で対戦する。対戦相手は当日の抽選で決定する。
  • 1回戦から準決勝前までは自分たちが持ち込んだ曲に合わせて交互に踊る。1ムーブ40秒で各チーム2ムーブずつ行う。
  • 準決勝以降はDJが選曲した曲を即興で交互に踊る。
  • 準決勝、決勝は各チーム2ムーブずつ、また決勝は各チーム3ムーブずつ行う。
  • 審査方法は3名の審査員が多数決により判定。
  • 服装は自由。ただし過度な露出は禁止。小道具はヘッドスピン用のヘルメット・帽子のみ使用可。

秋高ダンス編集

  • クラス分けはノンクラス(スモールクラスやビッグクラスなどのクラス分けなし)[7]
  • 前年冬の大会、直近の春の大会・夏の大会で優秀な成績を修めた学校から30校選抜[7][9]
  • 近年のダンススタジアムでの結果や連続出場などを踏まえてストリートダンス協会が推薦する学校[7]
  • ダンススタジアム以外の大会の優勝校(高校生ダンスコンテスト、高校ストリートダンス選手権、日本ダンス大会、全日本高校生ダンス部コンペティション、全国高等学校ダンス部選手権 ほか)[7]
  • オールジャンル。2分~2分30秒。出場人数は2人以上で上限なし[7]

歴代優勝校編集

夏高ダンス(全国大会)編集

開催年 ビッグクラス スモールクラス
1 2008年 同志社香里高等学校大阪[10] 天理高等学校奈良
2 2009年 山村学園高等学校埼玉)東日本ブロック
大阪府立三島高等学校(大阪)西日本ブロック
成城学園高等学校東京)東日本ブロック
天理高等学校(奈良)西日本ブロック
3 2010年 桐光学園高等学校神奈川)東日本ブロック
北九州市立高等学校福岡)西日本ブロック
神奈川県立百合丘高等学校(神奈川)東日本ブロック
四條畷学園高等学校(大阪)西日本ブロック
4 2011年 同志社香里高等学校(大阪) 北九州市立高等学校(福岡)
5 2012年 同志社香里高等学校(大阪)[11] 大阪府立箕面高等学校(大阪)
6 2013年 同志社香里高等学校(大阪)[12] 大阪府立箕面高等学校(大阪)
7 2014年 大阪府立今宮高等学校(大阪)[13] 大阪府立箕面高等学校(大阪)
8 2015年 大阪府立登美丘高等学校(大阪)[14] 精華女子高等学校(福岡)[15]
9 2016年 大阪府立登美丘高等学校(大阪)[16] 大阪府立箕面高等学校(大阪)[17]
10 2017年 同志社香里高等学校(大阪)[18][19] 大阪府立箕面高等学校(大阪)[20]
11 2018年 同志社香里高等学校(大阪)[21] 羽衣学園高等学校(大阪)[22]
12 2019年 帝塚山学院(大阪)[23] 柳川高等学校(福岡)[24]

春高ダンス(新人戦)編集

開催年 ビッグクラス スモールクラス
1 2012年 同志社香里高等学校大阪
2 2013年 大阪府立箕面高等学校(大阪)
3 2014年 千葉敬愛高等学校千葉)東日本ブロック
大阪府立登美丘高等学校(大阪)西日本ブロック
4 2015年 東京都立狛江高等学校東京)東日本ブロック[25]
大阪府立登美丘高等学校(大阪)西日本ブロック[26]
5 2016年 神奈川県立川和高等学校神奈川)東日本ブロック[27]
桜丘高等学校愛知)中日本ブロック
大阪府立堺西高等学校(大阪)西日本ブロック[28]
日出高等学校(東京)東日本ブロック
静岡県立浜松東高等学校静岡)中日本ブロック
大阪府立箕面高等学校(大阪)西日本ブロック
6 2017年 神奈川県立川和高等学校(神奈川)東日本ブロック[29]
豊田大谷高等学校(愛知)中日本ブロック
大阪府立登美丘高等学校(大阪)西日本ブロック
東野高等学校(東京)東日本ブロック[30]
桜丘高等学校(愛知)中日本ブロック
大阪府立堺西高等学校(大阪)西日本ブロック
7 2018年 山村国際高等学校埼玉)東日本ブロック
桜丘高等学校(愛知)中日本ブロック[31]
大阪府立登美丘高等学校(大阪)西日本ブロック[32]
日出高等学校(東京)東日本ブロック
三重県立松阪高等学校三重)中日本ブロック
大阪府立堺西高等学校(大阪)西日本ブロック[33]
8 2019年 千葉敬愛高等学校(千葉)東日本ブロック
三重高等学校(三重)中日本ブロック[34]
樟蔭高等学校(大阪)西日本ブロック[34]
駒澤大学高等学校(東京)東日本ブロック
桜丘高等学校(愛知)中日本ブロック[34]
箕面高等学校(大阪)西日本ブロック[34]

冬高ダンス(バトルトーナメント)編集

開催年 優勝校・チーム名
1 2013年 静岡県立浜松東高等学校静岡)・Fire
2 2014年 静岡県立浜松東高等学校(静岡)・Fire(東日本ブロック)
上宮高等学校大阪)・Bang;DAK(西日本ブロック)
3 2015年 二松學舍大学附属高等学校東京)・Butterfly effect(東日本ブロック)
上宮高等学校(大阪)・The circle(西日本ブロック)[35]
4 2016年 二松學舍大学附属高等学校(東京)・Butterfly effect(東日本ブロック)[36]
上宮高等学校(大阪)・Loosers(西日本ブロック)[37]
5 2017年 二松學舍大学附属高等学校(東京)・Butterfly effect(東日本ブロック)[38]
京都府立山城高等学校京都)・majestic(西日本ブロック)[39]
6 2018年 二松學舍大学附属高等学校(東京)・Butterfly effect(東日本ブロック)[40]
京都府立山城高等学校(京都)・ヤマアラシのジレンマ上下(西日本ブロック)[41]

秋高ダンス(公式選抜大会)編集

開催年 優勝校
1 2019年 光ヶ丘女子高等学校愛知[9]

記録編集

  • 春高ダンス
    • 西日本大会連覇:大阪府立登美丘高等学校(2014年・2015年)
    • 東日本大会・スモールクラス連覇:神奈川県立川和高等学校(2016年・2017年)
    • 西日本大会・スモールクラス連覇:大阪府立堺西高等学校(2017年・2018年)
    • 西日本大会・ビッグクラス連覇:大阪府立登美丘高等学校(2017年・2018年)

メディア編集

著名な出場者編集

著名な関係者編集

  • akane(アカネキカク主宰、振付師、10回日本高校ダンス部選手権において登美丘高校が準優勝した際のパフォーマンスをYouTube投稿して国内外で話題となる)

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 産経新聞平成23年8月30日付夕刊より
  2. ^ 産経新聞平成25年12月27日付朝刊より
  3. ^ 全国決勝大会をパシフィコ横浜の会場で2日間に拡大
  4. ^ KANA-BOON、リトグリが献血推進ライブイベント<LOVE in Action Meeting(LIVE)>第一弾にBARKS 2017年2月1日
  5. ^ 第10回日本高校ダンス部選手権・概要ダンススタジアム
  6. ^ 【四国新聞】表情豊か迫力の演技 高校ダンス選手権 高松で初の四国大会 、2019年8月3日
  7. ^ a b c d e f 横浜アリーナでノンクラスによる『年間チャンピオンを決める選抜大会』を開催
  8. ^ 【ステージナタリー】「第1回高校ダンス部グランプリ決定戦」横アリで開催、ゲストにs**t kingzら、2019年8月20日
  9. ^ a b 【日刊スポーツ】頂点は光ヶ丘女子 第1回 高校ダンス部GP決定戦(2019年11月4日)
  10. ^ ダンス部 近畿地区 高校ダンス・スタジアム決勝大会でグランプリ受賞!産経新聞 2008年9月5日
  11. ^ ダンスの甲子園「Fit's DANCE STADIUM」が開催 - 高校生たちがダンスナンバー1を目指して熱いバトルマイナビニュース 2012年8月21日
  12. ^ 高校生ダンサーNo.1の栄光を賭けて華麗な舞を披露 - ダンスの甲子園「第6回 日本高校ダンス部選手権 Fit's DANCE STADIUM」が開催!マイナビニュース 2013年8月21日
  13. ^ 高校ダンス部日本一を決める大会 第7回 日本高校ダンス部選手権 Fit’s DANCE STADIUM 優勝は大阪府立今宮高校(ビッグクラス)、大阪府立箕面高校(スモールクラス)PR TIMES 2014年8月21日
  14. ^ 【高校ダンス部選手権】ビッグクラスは大阪府立登美丘高が優勝 愛知・光ケ丘女子が準V産経新聞 2015年8月18日
  15. ^ スモールクラス 精華女子、福岡工業大付属城東「部員の心が一つに」産経新聞 2015年8月17日
  16. ^ 大阪府立登美丘がビッグクラス2連覇 準優勝は同志社香里産経新聞 2016年8月17日
  17. ^ 大阪府立箕面高校が2年ぶりV産経新聞 2016年8月16日
  18. ^ ビッグクラスで同志社香里がV 腕振るワックで観客魅了産経新聞 2017年8月17日
  19. ^ 【動画ニュース】日本高校ダンス部選手権・ビッグクラスで同志社香里が優勝産経新聞 2017年8月17日
  20. ^ 大阪・府立箕面が2年連続V 準優勝は愛知・桜丘産経新聞 2017年8月16日
  21. ^ 同志社香里が二連覇 ビッグクラス”. 産経ニュース. 産経デジタル (2018年8月17日). 2018年8月18日閲覧。
  22. ^ スモールクラスで大阪・羽衣学園が初優勝”. 産経ニュース. 産経デジタル (2018年8月16日). 2018年8月18日閲覧。
  23. ^ 【日本高校ダンス部選手権】帝塚山学院が初優勝 ビッグクラス”. 産経ニュース. 産経デジタル (2019年8月16日). 2019年8月16日閲覧。
  24. ^ 【日本高校ダンス部選手権】スモールクラスで福岡・柳川初優勝”. 産経ニュース. 産経デジタル (2019年8月15日). 2019年8月15日閲覧。
  25. ^ 都立狛江が初V 東日本64校が出場 高校ダンス部新人戦産経新聞 2015年3月31日
  26. ^ 【高校ダンス部選手権】大阪府立登美丘高2連覇 ダンススタジアム新人戦西日本大会産経新聞 2015年3月27日
  27. ^ 高校ダンス部新人戦東日本 ビッグクラスは川和高が優勝産経新聞 2016年3月30日
  28. ^ 箕面高校、堺西高校などが優勝 第9回日本高校ダンス部選手権新人戦産経新聞 2016年3月30日
  29. ^ 速報★ビッグクラス優勝は神奈川県川和高校!「ダンススタジアム新人戦東日本大会」全チームレポート#2DANSTREET 2017年3月30日
  30. ^ 速報★スモールクラス優勝は東野高校!「ダンススタジアム新人戦東日本大会」全チームレポート# 1DANSTREET 2017年3月30日
  31. ^ 目指せ同志社香里、登美丘…新人戦西日本大会スモールクラスと中日本大会、優勝校決まる産経新聞 2018年3月27日
  32. ^ あの「バブリーダンス」の登美丘優勝…高校ダンス部選手権新人戦・西日本大会ビッグクラス産経新聞 2018年3月28日
  33. ^ 「日本高校ダンス部選手権新人戦」西日本大会スモールクラスで大阪府立堺西高校Ⅴサンケイスポーツ 2018年3月28日
  34. ^ a b c d 【産経新聞】日本高校ダンス部選手権新人戦 西日本大会、中日本大会行われる
  35. ^ 第8回日本高校ダンス部選手権冬季西日本大会…大阪・上宮チームが優勝産経新聞 2015年12月28日
  36. ^ 二松学舎大付がV2 「第9回日本高校ダンス部選手権」バトル大会東日本大会産経新聞 2016年12月27日
  37. ^ 第9回日本高校ダンス部選手権バトル大会 西日本大会行われる産経新聞 2016年12月28日
  38. ^ バトル大会東日本 二松学舎大付V3 高校ダンス部選手権産経新聞 2017年12月26日
  39. ^ バトル大会西日本は京都府立山城高校が優勝産経新聞 2017年12月28日
  40. ^ 二松学舎大付、4年連続V 「高校ダンス」バトル大会東日本産経新聞 2018年12月26日
  41. ^ 日本高校ダンス部選手権バトル大会西日本大会産経新聞 2018年12月28日
  42. ^ 【号外】ビッグクラスは今宮高が初優勝産経新聞 2014年8月19日
  43. ^ 【号外】箕面一糸乱れずV3産経新聞 2014年8月19日

外部リンク編集