メインメニューを開く

コノハナノサクヤビメ

日本神話の神
神阿多都比売から転送)

木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)は、日本神話に登場する女神

木花之佐久夜毘売

神祇 国津神
全名 木花之佐久夜毘売
別名 木花咲弥姫命、神阿多都比売、豊吾田津媛命、神吾田鹿草津姫命、許乃波奈佐久夜比売命、木花咲夜姫、木華開耶姫、木花之開耶姫、木花開耶媛命、神阿多都比売、神吾田津姫、神吾田鹿葦津姫、鹿葦津姫、桜大刀自神、身島姫神、酒解子神 等
別称 浅間大神、浅間大明神
神階 正一位
陵所 女狭穂塚
大山津見神
配偶者 邇邇芸命
火照命火須勢理命火遠理命火明命
神社 富士山本宮浅間大社

目次

概要編集

古事記』では本名を神阿多都比売(かむあたつひめ)、別名を木花之佐久夜毘売、『日本書紀』では本名を神吾田津姫神吾田鹿葦津姫(かむあたかあしつひめ)、別名を木花開耶姫、『播磨国風土記』では許乃波奈佐久夜比売命と表記する。読みはコノハノナサクヤビメコノハナサクヤビメコノハナサクヤヒメ、または単にサクヤビメと呼ばれることもある。木花咲弥姫命(このはさくやひめのみこと)と表記することもある。


神話では、日向に降臨した天照大御神の孫・邇邇芸命と、笠沙の岬で出逢い求婚される。父の大山津見神はそれを喜んで、姉の石長比売と共に差し出したが、邇邇芸命は醜い石長比売を送り返し、美しい木花之佐久夜毘売とだけ結婚した。大山津見神はこれを怒り「私が娘二人を一緒に差し上げたのは石長比売を妻にすれば天津神の御子(邇邇芸命)の命は岩のように永遠のものとなり、木花之佐久夜毘売を妻にすれば木の花が咲くように繁栄するだろうと誓約を立てたからである。木花之佐久夜毘売だけと結婚すれば、天津神の御子の命は木の花のようにはかなくなるだろう」と告げた。それでその子孫の天皇の寿命も神々ほどは長くないのである(天孫降臨を参照)。

木花之佐久夜毘売は一夜で身篭るが、邇邇芸命は国津神の子ではないかと疑った。疑いを晴らすため、誓約をして産屋に入り、「天津神である邇邇芸命の本当の子なら何があっても無事に産めるはず」と、産屋に火を放ってその中で火照命(もしくは火明命)・火須勢理命火遠理命の三柱の子を産んだ(火中出産を参照)。火遠理命の孫が初代天皇の神武天皇である。

『播磨国風土記』では伊和大神(大国主神)の妻とされる。

考証編集

本名の「阿多」は鹿児島県加世田市から野間半島にわたる地域、また薩摩国阿多郡(鹿児島県西部)にちなむ名で、「鹿葦」も薩摩の地名という[1][2]

神阿多都比売の名義は「神聖な、阿多の女性(巫女)」とされ、木花之佐久夜毘売の神名の「木花」は木花知流比売と同様「桜の花」、「之」は格助詞、「佐久」は「咲く」、「夜」は間投助詞、「毘売」は「女性」と解し、名義は「桜の花の咲くように咲き栄える女性」と考えられる。なお神木であり、その花の咲き散る生態によって年穀を占う木と信じられた。神名は咲くことを主にすれば 「木花之佐久夜毘売」となり、散ることを主にすれば「木花知流比売」となるとされる[3]

系譜編集

 
天皇系図 神代 「古事記」より

大山津見神の娘で石長比売の妹。天照大御神の孫である邇邇芸命との間に火照命(海幸彦)・火須勢理命火遠理命(山幸彦)を生んだ。

なお兄弟姉妹に足名椎手名椎神大市比売木花知流比売石長比売天之狭土神国之狭土神天之狭霧神国之狭霧神天之闇戸神国之闇戸神大戸惑子神大戸惑女神がいる。

信仰編集

富士山を神体山としている富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市)と、配下の日本国内約1300社の浅間神社に祀られている。

浅間神社の他、安産や子育ての神として子安神社皇大神宮所管社、東京都八王子市、千葉県旭市など)に、酒解子神として梅宮大社京都府京都市右京区)に、また、伊都国の中心とされる福岡県糸島市三雲の細石神社にも姉のイワナガヒメと共に祀られている。

祀る神社編集

木花之佐久夜毘売を祀る神社は全国に無数にあるため、ここでは主な神社を列挙する。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日日本歴史人物事典『木花開耶姫』 - コトバンク
  2. ^ 新潮日本古典集成 古事記
  3. ^ 新潮日本古典集成 古事記

関連項目編集

外部リンク編集