メインメニューを開く
現行車両

福岡・防府・周南ライナー(ふくおか・ほうふ・しゅうなんライナー)は、福岡県福岡市山口県美祢市防府市周南市下松市を結ぶ高速バスである。

運行形態編集

  • 運行事業者 - 防長交通(周南営業所)
    • 福岡側の運行支援業務・発券業務はJR九州バス博多支店が担当
  • 運行回数 - 平日2往復・休日4往復
    • 下松を早朝から午前中に出発し、午後から夜にかけて福岡を出発する、夜間滞泊のない運用である。
  • 座席 - 予約指定制。原則前日までに乗車券を購入しなければならない。コンビニエンスストアマルチメディアステーションで発券可能。当日空席がある場合に限り予約無しでも乗車可能である。

運行経路・停車停留所編集

太字は停車停留所。福岡市内のみ、山口県内のみの利用は不可。

博多バスターミナル - 呉服町出入口 - (都市高速2号線1号線4号線九州自動車道) - 福岡IC - (関門橋中国自動車道山陽自動車道) - 美祢IC - 千日町 - 防府駅 - 西国衙 - 牟礼 - 道の駅ソレーネ周南 - (国道2号) - 戸田駅 - 福川駅入口 - 新南陽高校 - 徳山駅 - 動物園文化会館入口 - (国道2号周南バイパス) - 東辻 - 周陽町中央病院入口 - 馬屋 - (国道188号下松バイパス) - 東中村 - (国道188号) - ゆめタウン下松西 - 下松市役所前

吉志パーキングエリア・道の駅ソレーネ周南で休憩する。

歴史編集

  • 2003年3月20日 JR九州バス・防長交通・中国ジェイアールバスの共同運行により、『福岡・周南ライナー』として1日6往復で運行開始。
    • 運行開始時の停車箇所:博多駅交通センター - 祇園町 - 呉服町(博多行き降車のみ) - 小倉南IC - 戸田駅前 - 新南陽駅通 - 福川駅前 - 徳山駅前 - 周陽町中央病院入口 - 下松末武大通上 - 豊井東 - 営業所前 - 浅江町 - 光市役所前
  • 2003年12月1日 ダイヤ改正。
    • 停車地に防府駅前を追加。
    • 4枚綴りの電話予約回数券を発売開始。
    • 下松末武大通上発着の運賃を値下げ。
  • 2006年7月22日 ダイヤ改正。下松市内の経路変更。下松末武大通上、豊井東の各停留所を廃止し、停車地に東中村を追加。
  • 2008年4月1日 停車地に千日町、川崎、東辻、馬屋を追加。
  • 2009年4月24日 停車地に小倉(下曽根駅)、美祢インター、動物園文化会館入口を追加。
  • 2009年8月10日 早期購入割引を設定、乗車1週間前までの購入に限り運賃を全区間1,000円とする(同年10月31日に終了)。
  • 2009年12月16日 ダイヤ改正。
    • 1日4往復に減便。
    • 小倉(下曽根駅)停車を廃止。
  • 2010年3月20日 早期購入割引「早売5」を設定、乗車5日前までの購入に限り運賃を通常の半額とする。
  • 2010年9月30日 この日限りで、中国ジェイアールバスが運行・予約業務から撤退。中国ジェイアールバス便は防長交通が引き継ぎ、防長交通3往復・JR九州バス1往復の運行体制となる。
  • 2012年6月16日 ダイヤ改正。
    • 1日6往復に再増便する(防長交通4往復・JR九州バス2往復)。
    • 1往復の下松東中村-光市役所前間の運行を取りやめ、光発着2.5往復(すべて防長担当)・下松発着3.5往復の運行体制となる。
  • 2013年4月1日 ダイヤ改正。
    • 名称を『福岡・防府・周南ライナー』に変更の上、経由地及び停留所を変更。
    • 福川駅前、新南陽駅通、川崎を廃止。西国衙、牟礼、末田、湯野温泉口、福川駅入口、新南陽高校前を追加。
  • 2014年4月1日 ダイヤ改正。
    • 平日4往復・休日5往復に減便する。
    • 下松東中村 - 光市役所前間の運行を取りやめ、小倉インターを廃止し、新たに、防長担当便のみ下松市役所前、ザ・モール周南西を追加。
    • 消費税増税に伴い運賃変更。
  • 2014年12月20日 ダイヤ改正。
    • 祇園町への停車を取りやめ、呉服町に停車するようになる。
    • JR九州バス担当便も下松市役所前まで延長。
  • 2016年4月5日 防長担当便のうち1往復に専用車両『KILALA』の運用を開始。
  • 2018年4月1日 ダイヤ改正。
    • 湯野温泉口、末田、防府西インターを廃止。
    • 道の駅ソレーネ周南に停車するようになる。
    • 休憩地を富海パーキングエリアから道の駅ソレーネ周南に変更。
  • 2019年1月1日 ダイヤ改正。
    • JR九州バスが運行から撤退。防長交通の単独運行となる。
    • JR九州バス運行の1往復(福岡を朝に、下松を夕方に出発)を廃止し、平日3往復・休日4往復に減便。防長交通運行便の時刻は従来通りのため、福岡からの日帰り往復利用が不可能となった。
  • 2019年3月1日 この日限りで「KILALA」の運行終了。
  • 2019年4月1日 ダイヤ改正。
    • 平日2往復に減便し、時刻も変更。
    • 呉服町への停車を取りやめ。
    • 夜行高速バス用車両の使用を中止、全便4列シート車での運用となる。
    • カレンダー運賃を導入。回数券を廃止。

車両編集

全便ハイデッカー・4列シート、トイレ付き(トイレなし車両で運行される場合もある)。

防長交通では2016年4月5日より夜行バス「萩エクスプレス」で使用されていた車両を改造したスーパーハイデッカー、3列独立シート、トイレ付き、全席USBポート付きの車両「KILALA」が祝日を除く火曜日から金曜日までの1往復に使用されていたが、2019年3月1日限りで運行を終了した。また2018年頃より「KILALA」以外の夜行高速バス用独立3列シート車も特定の便で使用されていたが、これも2019年4月1日のダイヤ改正で取りやめとなっている。

かつての車両

外部リンク編集