メインメニューを開く
日本 > 東北地方 > 秋田県 > 秋田市 > 八橋運動公園

八橋運動公園(やばせうんどうこうえん)は、秋田県秋田市に所在する公園、および同公園を町域とする秋田市の町名郵便番号は010-0974。

八橋運動公園
Yabase Sports Park
Yabase Athletic Park 04.jpg
八橋運動公園陸上競技場(2011年10月14日)
分類 都市公園(運動公園)
所在地
座標 北緯39度43分15.3秒 東経140度5分44.3秒 / 北緯39.720917度 東経140.095639度 / 39.720917; 140.095639座標: 北緯39度43分15.3秒 東経140度5分44.3秒 / 北緯39.720917度 東経140.095639度 / 39.720917; 140.095639
面積 217,300m2
開園 1941年昭和16年)9月23日
運営者 秋田市
設備・遊具 陸上競技場球技場野球場体育館、多目的グラウンド等
駐車場 4か所
アクセス 秋田駅より車で約10分
告示 1941年(昭和16年)9月23日
テンプレートを表示

概要編集

秋田市の中央部に位置する運動公園であり、秋田県庁秋田市役所等の官公庁地区に近接する。南を秋田県道26号秋田停車場線(山王大通り)に面しており、交通の便が良い。

1941年(昭和16年)、八橋陸上競技場八橋球場の開場[1][2] とともに公園が開設された。約21haの敷地内に、陸上競技場、野球場のほか、球技場体育館、テニスコート、相撲場等、種々の運動施設を備える。陸上競技場は1961年(昭和36年)の秋田国体で秋季国体の主会場となったほか、2001年(平成13年)のワールドゲームズでは開会式の会場となった。

町名と公園域はほぼ一致するが、公園北西端にあるグリーンサンドコート(テニスコート)のみ隣接する八橋本町二丁目に属する。町名としての八橋運動公園については後述

施設編集

沿革編集

  • 1941年(昭和16年)9月 - 秋田市八橋運動公園陸上競技場[1]秋田市八橋運動公園硬式野球場[2]、相撲場が開場[3]。同月23日公園開設が公告される。
  • 1953年(昭和28年)8月 - 秋田市営ラグビー場(後の秋田市八橋運動公園球技場)が開場[4]
  • 1957年(昭和32年)4月 - テニスコートを開設[5]
  • 1961年(昭和36年) - 第16回国民体育大会秋田国体)が開催され、主会場として八橋運動公園が使用される。これに合わせて多くの施設が全面改修された。
  • 1965年(昭和40年) - 八橋運動公園内に秋田市民会館(のちの秋田市中央公民館)を設置。
  • 1968年(昭和43年)10月1日 - 秋田県立体育館が開館。
  • 1970年(昭和45年)8月10日 - 軟式野球場および市民広場(のちの健康広場および第2球技場)に夜間照明が設置される[6]
  • 1979年(昭和54年)3月 - 秋田県立スポーツ会館(秋田県スポーツ科学センター)開館。
  • 1982年(昭和57年)5月1日 - 当公園地区に住居表示が実施される[7]
  • 1984年(昭和59年)3月 - グリーンサンドコートを設置[5]
  • 1997年(平成9年)11月 - テニスコートがクレーコートから砂入り人工芝に更新される[8]
  • 2001年(平成13年)8月 - 秋田県を開催地としてワールドゲームズ2001が開催され、八橋陸上競技場が開会式の会場となる。
  • 2003年(平成15年)11月1日 - 秋田市中央公民館が八橋運動公園から秋田ニューシティビルに移転[9]
  • 2004年(平成16年)5月 - 多目的グラウンドを開設[10]。6月末で軟式野球場が閉鎖され、改修工事の後、八橋健康広場となる(2005年(平成17年)10月開設)。
  • 2005年(平成17年)10月 - 旧軟式野球場および市民広場が改修され、健康広場および八橋運動公園第2球技場となる。
  • 2007年(平成19年)9~10月 - 第62回国民体育大会が開催される。
  • 2014年(平成26年)
    • 4月 - 第2球技場が人工芝に更新される。
    • 9月 - 球技場および第2球技場にネーミングライツが導入され、球技場の名称が「あきぎんスタジアム」に、第2球技場が「スペースプロジェクト・ドリームフィールド」となる。
  • 2015年(平成27年) 5月30日-5月31日 - 第5回東北六魂祭が当公園を主会場として開催される。
  • 2016年(平成28年)4月 - 硬式野球場にネーミングライツが導入され、球場の名称が「さきがけ八橋球場」となる[11]

地名としての八橋運動公園編集

町名としての八橋運動公園は1982年(昭和57年)の住居表示実施に伴い成立した。したがって町名整理前については八橋 (秋田市)#歴史を参照のこと。前述の通り公園域をもって町域としているが、1984年(昭和59年)に開設されたグリーンサンドコートのみ、隣接する八橋本町二丁目に属している。北は八橋本町一丁目・二丁目、東は山王一丁目、南は山王七丁目・山王新町、西は八橋南一丁目に接する。

町名の変遷編集

以下はすべて住居表示実施に伴う変更。

実施後 実施年月日 実施前(各字名ともその一部)
八橋運動公園 昭和57年5月1日 川尻町字田中
かわしりまち あざたなか
昭和57年5月1日 川尻町字中村清水田
かわしりまち あざなかむらしみずでん
昭和57年5月1日 川尻町字八橋境
かわしりまち あざやばせさかい
昭和57年5月1日 八橋字片田添
やばせ あざかただぞえ
昭和57年5月1日 八橋字八橋
やばせ あざやばせ

交通アクセス編集

バス編集

道路編集

関連項目編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 秋田市教育委員会スポーツ振興課 > 陸上競技場 より。
  2. ^ a b 秋田市教育委員会スポーツ振興課 > 公式野球場 より。
  3. ^ 秋田市教育委員会スポーツ振興課 > 相撲場 より。
  4. ^ 秋田市教育委員会スポーツ振興課 > 球技場 より。
  5. ^ a b 秋田市教育委員会スポーツ振興課 > 秋田市 テニスコート より。
  6. ^ 広報あきたオンライン 1970年8月20日号”. 秋田市. 2015年2月22日閲覧。
  7. ^ 秋田市市民生活部生活総務課 > 秋田市 住居表示新旧対照一覧 より。
  8. ^ 広報あきたオンライン 1997年11月14日号”. 秋田市. 2015年2月22日閲覧。
  9. ^ 広報あきたオンライン 2003年10月10日号”. 秋田市. 2015年2月22日閲覧。
  10. ^ 秋田市教育委員会スポーツ振興課 > 秋田市 多目的グラウンド より。
  11. ^ “「さきがけ八橋球場」の看板設置 1日から新愛称”. 秋田魁新報. 秋田魁新報社. (2016年3月31日). http://www.sakigake.jp/news/article/20160401AK0004/ 2016年4月10日閲覧。 

外部リンク編集