メインメニューを開く

秋田県立医療療育センター(あきたけんりついりょうりょういくせんたー、英:Akita Prefectural Center on Development and Disability.)は、秋田県秋田市南ケ丘にある、児童福祉法に基づく医療型障害児入所施設(肢体不自由及び重症心身障害の双方に対応)・医療型児童発達支援センター(肢体不自由に対応)・児童発達支援センター(知的障害に対応)である。また同法に基づく指定医療機関であるとともに、医療法に基づく病院でもある。主に、肢体不自由者に対する医療・療育を手掛ける。略称は、AIRC

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 秋田県立医療療育センター
秋田県立医療療育センター
情報
正式名称 地方独立行政法人秋田県立療育機構秋田県立医療療育センター
英語名称 Akita Prefectural Center on Development and Disability.
前身 秋田県太平療育園、秋田県小児療育センター
標榜診療科 小児科/小児科メンタルヘルス/精神科心のケア/整形外科/歯科/リハビリテーション科/耳鼻咽喉科/眼科
許可病床数

140床




療養病床:肢体100、重心40
開設者 地方独立行政法人秋田県立療育機構[1]
管理者 坂本仁[1](センター長)
病院事業管理者 遠藤博之(秋田県立療育機構理事長
開設年月日 2010年平成22年)4月1日[1]
所在地
010-1409
位置 北緯39度41分22.5秒
東経140度9分35.9秒
二次医療圏 秋田周辺
PJ 医療機関
テンプレートを表示

目次

概要編集

県の第三セクターである秋田県住宅供給公社(2010年3月解散)が秋田市南ヶ丘に造成した「南ヶ丘ニュータウン」が販売不振のため、県が造成予定地を取得し[2]、当該部分を「あきた総合支援エリア かがやきの丘」として整備した。

そのエリア内の施設の一つとして、入所型肢体不自由児施設であった秋田県太平療育園(同市新屋下川原町、通称・福祉団地に所在)と心身障害児通所施設の機能を担ってきた秋田県小児療育センター(同市川尻町字八橋境[注 1]に所在)を再編統合、併せて、地方独立行政法人秋田県立療育機構を発足させ、当センターを開設した。当センターと同じエリア内に秋田県立秋田きらり支援学校が開学し、同校とは渡り廊下を通して棟続きで利用できる形とした。

当センターは、乳幼児から成人までの発達支援を行い、小児科整形外科精神科など8科を置く。また重症心身障害児が入所する病棟を設置したほか、病歴や訓練歴等を記載する電子カルテシステムも導入した[3]。加えて、発達障害支援・相談機能を手掛ける「秋田県発達障害者支援センター ふきのとう秋田」を併設した。

診療科編集

  • 小児科
  • 小児科メンタルヘルス
  • 精神科心のケア
  • 整形外科
  • 歯科
  • リハビリテーション科
  • 耳鼻咽喉科
  • 眼科

沿革編集

アクセス編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]

編集

  1. ^ 現在は、住居表示実施に伴い同市八橋南。当時の建物は、秋田ケーブルテレビの本社が使用している。

出典編集

  1. ^ a b c d 平成27年度病院名簿 (PDF)”. 秋田県. 2015年8月15日閲覧。
  2. ^ 「あのこと ききたい たしかめたい 輝けるか総合支援の丘 秋田にオープン」『朝日新聞』秋田版 2010年3月21日
  3. ^ 「かがやきの丘開設 特別支援学校と医療施設が集約 県内初の試み」『読売新聞』秋田版 2010年4月10日

外部リンク編集