秋竜山

秋竜山(あき りゅうざん、1942年3月13日 - 、本名:秋山好文[1])は日本の漫画家ナンセンス漫画の嚆矢として知られる[1]

秋 竜山
本名 秋山 好文[1]
生誕 (1942-03-13) 1942年3月13日(76歳)
日本の旗 日本静岡県伊東市
職業 漫画家
活動期間 1966年 -
ジャンル ナンセンス漫画
受賞 日本漫画家協会賞文部科学大臣賞
テンプレートを表示

目次

略歴編集

1942年、静岡県伊東市の漁師の家に長男として産まれる[2]

伊東市立対島中学校卒業後、家業の漁師を継ぎ[2][3]、のち郵便局に勤務しつつ漫画を描く[3]

1965年に『別冊週刊漫画TIMES』に投稿した作品が掲載されたのを機に、翌1966年に上京[3][4]。新聞や雑誌の四コマ漫画、一コマ漫画で人気を集める[3]

1969年頃より、相模原市に在住[3]

2016年にはミレーモネピカソドラクロワといった画家の作品をパロディー漫画にした作品展を開催している[1]

作風編集

「漫画は笑えなければ意味がない」とし、人間の滑稽さを題材にしたナンセンス漫画を作風とする[3]

孤島一コマ漫画(無人島一コマ漫画)を得意とし、千点達成後に作品集を刊行している(『秋竜山のロビンソンクルーソー―秋竜山孤島漫画1000点より』 (1978年)、『おーいたすけてくれ―秋竜山の無人島まんが1000展』4巻(1981))。

また、福祉をテーマにした漫画を描くなど創作活動は多岐にわたっている[3]

賞歴編集

作品リスト編集

関連項目編集

  • 筒井康隆 - 「秋竜山讃」を執筆している。『筒井康隆全集17 七瀬ふたたび メタモルフォセス群島』(新潮社1984年)収録

出典編集