竜田駅

日本の福島県双葉郡楢葉町にある東日本旅客鉄道の駅

竜田駅(たつたえき)は、福島県双葉郡楢葉町大字井出字木屋(きや)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)常磐線である[1]

竜田駅
JR Jōban Line Tatsuta Station West Exit.jpg
西口(2022年4月)
たつた
Tatsuta
木戸 (3.1 km)
(6.9 km) 富岡
福島県双葉郡楢葉町大字井出字木屋[1]
北緯37度16分57.68秒 東経141度0分9.42秒 / 北緯37.2826889度 東経141.0026167度 / 37.2826889; 141.0026167座標: 北緯37度16分57.68秒 東経141度0分9.42秒 / 北緯37.2826889度 東経141.0026167度 / 37.2826889; 141.0026167
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 常磐線
キロ程 240.9 km(日暮里起点)
電報略号 タツ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線[1]
乗車人員
-統計年度-
158人/日(降車客含まず)
-2020年-
開業年月日 1909年明治42年)3月25日[1][2]
備考 簡易委託駅
テンプレートを表示
東口(2022年4月)

歴史編集

駅構造編集

単式ホームと島式ホームをそれぞれ1面ずつもつ2面3線のホームを持つ地上駅である[1]。ホームと駅舎との間は跨線橋で連絡している。

東日本大震災発生前までは富岡駅管理の簡易委託駅だったが、震災後の営業再開後はいわき駅管理となる。

2020年12月に鉄骨2階建ての橋上駅舎となり、併せて東西自由通路も整備されている[報道 6][新聞 3]。窓口、乗車駅証明書発行機、簡易Suica改札機、エレベーター設置。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1 常磐線 下り 原ノ町仙台方面
2 上り (通過列車のみ)
3 上り いわき水戸方面

(出典:JR東日本:駅構内図

利用状況編集

JR東日本によると、2020年度(令和2年度)の1日平均乗車人員は158人である[利用客数 1]

2001年度(平成13年度)以降の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
備考 出典
2001年(平成13年) 323   [利用客数 2]
2002年(平成14年) 317   [利用客数 3]
2003年(平成15年) 326   [利用客数 4]
2004年(平成16年) 284   [利用客数 5]
2005年(平成17年) 282   [利用客数 6]
2006年(平成18年) 263   [利用客数 7]
2007年(平成19年) 281   [利用客数 8]
2008年(平成20年) 282   [利用客数 9]
2009年(平成21年) 256   [利用客数 10]
2010年(平成22年) 248   [利用客数 11]
2011年(平成23年) 営業休止 2011年3月11日以降
原発事故により
営業休止
 
2012年(平成24年)  
2013年(平成25年)  
2014年(平成26年) 79 6月1日営業再開 [利用客数 12]
2015年(平成27年) 117   [利用客数 13]
2016年(平成28年) 159   [利用客数 14]
2017年(平成29年) 183   [利用客数 15]
2018年(平成30年) 192   [利用客数 16]
2019年(令和元年) 183   [利用客数 17]
2020年(令和02年) 158   [利用客数 1]

駅周辺編集

当駅を含む楢葉町全域への避難指示は、2015年9月に解除された。

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
常磐線
木戸駅 - 竜田駅 - *金山信号場 - 富岡駅
*打消線は廃止信号場

脚注編集

[脚注の使い方]

記事本文編集

  1. ^ a b c d e 『週刊 JR全駅・全車両基地』 50号 郡山駅・会津若松駅・三春駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年8月4日、21頁。 
  2. ^ a b c d e f 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』(初版)JTB、1998年10月1日、434頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  3. ^ 「通報 ●福知山線石生駅ほか147駅の駅員無配置について(旅客局)」『鉄道公報号外』日本国有鉄道総裁室文書課、1985年3月12日、15-16面。
  4. ^ 東日本大震災:福島第1原発事故 JR常磐線の広野-竜田、復旧着工へ”. ラジオ福島 (2013年7月30日). 2013年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月30日閲覧。

報道発表資料編集

  1. ^ “常磐線(広野~竜田間)の運転再開について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道水戸支社, (2014年5月30日), オリジナルの2014年5月31日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140531123730/http://www.jrmito.com/press/140530/20140530_press01.pdf 2014年6月1日閲覧。 
  2. ^ “常磐線竜田駅~原ノ町駅間代行バスの運行について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道水戸支社, (2015年1月22日), オリジナルの2015年11月21日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20151121211954/http://www.jrmito.com/press/150122/20150122_press01.pdf 2015年1月24日閲覧。 
  3. ^ “常磐線(竜田駅~富岡駅間)運転再開時期の前倒しについて” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道水戸支社, (2017年3月10日), オリジナルの2017年3月12日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20170312055705/http://www.jrmito.com/press/170310/press_02.pdf 2017年3月10日閲覧。 
  4. ^ “常磐線竜田駅~富岡駅間の運転再開日決定について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道水戸支社, (2017年7月19日), オリジナルの2017年8月11日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20170811143406/http://www.jrmito.com/press/170719/press_02.pdf 2017年7月19日閲覧。 
  5. ^ a b “常磐線(富岡駅~浪江駅間)の運転再開について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2020年1月17日), オリジナルの2020年1月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200117080118/https://www.jreast.co.jp/press/2019/20200117_ho01.pdf 2020年1月17日閲覧。 
  6. ^ a b c “常磐線竜田駅東西自由通路及び橋上駅舎の供用開始について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道水戸支社, (2020年11月20日), オリジナルの2020年11月20日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201120071430/http://www.jrmito.com/press/201120/press_04.pdf 2020年11月20日閲覧。 

新聞記事編集

  1. ^ “2014年春、再開に期待 常磐線・広野-竜田間”. 福島民友新聞. (2013年9月11日). オリジナルの2013年10月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131014060827/https://www.minyu-net.com/osusume/daisinsai/serial/130911-3/news3.html 2020年12月2日閲覧。 
  2. ^ “竜田駅橋上化の起工式”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2019年5月30日) 
  3. ^ a b c “常磐線・竜田駅「自由通路」利用始まる!自転車共有事業も開始”. 福島民友新聞. (2020年12月1日). オリジナルの2020年12月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201201012230/https://www.minyu-net.com/news/news/FM20201201-562805.php 2020年12月2日閲覧。 

利用状況編集

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2020年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月24日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年7月6日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月6日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2019年度)”. 東日本旅客鉄道. 2020年7月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集