メインメニューを開く

新花月(しんかげつ)は、かつて大阪府大阪市浪速区歓楽街新世界」のジャンジャン町(南陽通り商店街)にあった劇場。主に松竹芸能系の若手の登竜門的な存在の場であったが、吉本興業など他のプロダクションに現在所属するベテラン芸人の中にも、初舞台を踏んだ者は少なくない。

概要編集

 
1980年代の楽屋風景。中央は西川ヒノデ

「温泉劇場」(通称「温劇」)に併設していた演芸場。当初「温泉演芸場」の名で開場。当初の経営者は矢野興行部。新生プロダクション[1]が芸人を配給していたが、1957年6月に漫談家の花月亭九里丸が古巣の吉本興業会長・林正之助に掛け合って「新花月」の名に改名させた。

このため、新花月と名乗ってはいたが、芸人の配給や番組編成は新生プロ(のち合併して松竹新演芸から松竹芸能)が行っていた。当初は花月亭九里丸を中心に浮世亭歌楽・ミナミサザエ浮世亭夢丸吾妻ひな子芦乃家雁玉林田十郎秋山右楽・左楽かしまし娘等が出演していたが、1958年5月に道頓堀角座が開場すると看板芸人、ベテランは角座に出演するようになった[2]

新世界といった立地条件から客層が悪いことで知られ、罵声や野次が耐えなかった[3]。このためこの劇場の客は大阪一厳しい客といわれ(特に落語)、刑務所慰問を得意にした東京の4代目鈴々舎馬風が「泣いて帰った」という伝説があるとされる[4]ゆえに松竹芸能はこの小屋を角座や神戸松竹座に出演する芸人達の養成施設と捉えた。したがってプログラムも若手中心となり[5][要出典]後年松竹芸能の看板となった芸人の殆どは新人時代この小屋に出演し、鍛えられていた。また現在活躍する松竹所属以外の芸人の中にも、ここで修行を積んだ者は多い。

ここで初高座を踏んだ笑福亭鶴光によると、最初の数日間は「やめやめ」といった罵声ばかりで師匠の6代目笑福亭松鶴に相談したところ、「おまえ、客を見下してるやろ」という指摘とともに噺の前に「誠心誠意頭を下げて」挨拶することを指導され、それを実行した翌日の高座からは客が聴いてくれるようになったという[6]。やがて顔が覚えられるようになると、高座でささやかな祝儀を渡されたり、劇場帰りに近くの立ち飲み屋で呼ばれて酒食を奢られるなど、人情に富んだ振る舞いを客から受けたことを記している[6]。また、松竹芸能社長だった勝忠男は、3代目桂春団治はこの劇場では合わずに「とんどった」と評する一方、6代目松鶴は道頓堀角座よりも新花月の方が(高座が)「まだよかった」と述べ、『相撲場風景』の口演では「ガラが悪いのを、もうひとつガラを悪くしよンねン」と馴染んでいた様子を伝えている[7]

なお年に数回女流大会が行なわれていた。

1968年に火事で一部焼失。1981年に一度閉館。1987年に再開場するも1988年9月に完全閉館となった。演芸興行の客入りは悪かったが、週末に行った「演歌祭り」が好評で、これがのちの通天閣歌謡劇場、通天閣劇場TENGEKIに繋がった。

主な出演者(五十音順)編集

漫才編集

落語編集

講談編集

ショウ(音曲漫才)編集

漫談編集

浪曲編集

音頭編集

奇術編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 戎橋松竹支配人で、1954年に千土地興行(後の日本ドリーム観光)を退社した勝忠男が立ち上げた芸能プロダクション。松竹芸能の前身会社の一つ。
  2. ^ 松竹では角座を「日本一の・寄席の・角座」と謳っており、出演芸人も中田ダイマル・ラケットやかしまし娘、夢路いとし喜味こいし海原お浜・小浜笑福亭松鶴桂春団治桂米朝など一流どころを揃えていた。
  3. ^ 笑福亭鶴光『つるこうでおま!』白夜書房、2008年、p,45
  4. ^ 『つるこうでおま!』p.43
  5. ^ 若手以外でも、佐賀家喜昇など角座や神戸松竹座に出ない芸人が出演した。また、角座の看板芸人であった桂春団治も定期的に出演していた。
  6. ^ a b 『つるこうでおま!』pp.55 - 57
  7. ^ 戸田学編『六世笑福亭松鶴はなし』岩波書店、2004年、pp.242 - 243(笑福亭鶴瓶との対談)