メインメニューを開く
日本フットボールリーグ(JFL) > 第1回日本フットボールリーグ

第1回日本フットボールリーグは、1999年4月18日から同11月7日にかけて行われた日本フットボールリーグ(JFL)のリーグ戦である。横浜FCが初優勝した。

第1回日本フットボールリーグ
シーズン 1999
優勝 横浜FC
昇格 水戸ホーリーホック
(J2加盟)
試合数 108
得点王 マルクス(22得点)
最多観客動員
11,283人 - 横浜FC vs ジャトコ
(第2節・4月25日)
最少観客動員
113人 - 国士舘大学 vs ジャトコ
(第4節・5月8日)
平均観客動員 1,083人
2000

目次

参加クラブ編集

当初は1998年度の第7回ジャパンフットボールリーグ(旧JFL)に参加したチームのうち日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟しなかった7チームと、全国社会人サッカー連盟推薦で参加する横河電機サッカー部をあわせた8チームによるリーグ戦の予定だった。しかし、1998年限りで横浜マリノスに吸収合併された横浜フリューゲルスのサポーターが中心となって創設された横浜FCがJFLへ「準会員」資格で参加が認められたため、9チームによるリーグ戦となった。

なおこの年はJリーグ・JFLの再編に伴う処置として、前年の地域リーグ決勝大会における成績上位クラブの参入は行われなかった。

呼称 正式名称 備考
本田技研 本田技研工業株式会社サッカー部
大塚 大塚製薬サッカー部 大塚FCヴォルティス徳島より名称変更
デンソー デンソーサッカー部
ソニー仙台 ソニー仙台フットボールクラブ
水戸ホーリーホック フットボールクラブ水戸ホーリーホック
国士舘大学 国士舘大学サッカー部
ジャトコ ジャトコフットボールクラブ
横河電機 横河電機サッカー部 全国社会人サッカー連盟推薦で加盟
横浜FC 横浜FC JFL準会員資格

レギュレーション編集

リーグ・試合形式編集

  • 年間3回総当り、1チーム24試合(全108試合)を行い、勝ち点により順位を決定する。所属チーム数が奇数のため、1節に1チームが試合の無い状態となる。よって全27節により行われる。全27節を9節ごとに3つのステージに分け、それぞれのステージ内の順位によって後述の強化費の支給及び天皇杯の出場権が与えられる。従って、ホームゲームは12試合であるが、対戦によって同じカードのホームゲームが2回行われた試合がある。
  • 試合は前後半90分で決着がつかなければVゴール方式の延長戦を行い、それでも決着がつかなければ引き分けとなる。90分終了時点での勝利には勝ち点3、延長勝ちには勝ち点2、引き分けには勝ち点1、敗北には勝ち点0が与えられる。
  • Jリーグ参入の成績面の条件は年間順位2位以上。その上でJリーグ臨時理事会の承認を得られれば次年度からJ2に参入することができる。
  • 地域リーグへの降格に関する規定はなし。

天皇杯への出場枠編集

第1ステージ終了時の上位3チームに第79回天皇杯の出場権が与えられる(ただし準会員の横浜FCと大学チームである国士舘大学を除く)。

強化費編集

各ステージごとの上位チームに以下の強化費が支払われる。

  • 1位-150万円
  • 2位-100万円
  • 3位-80万円
  • 4位-50万円

年間順位編集

順位 クラブ 勝点 得点 失点 備考
1 横浜FC 55 18 3 3 57 32 +25
2 本田技研 50 18 1 5 69 34 +35 [1]
3 水戸ホーリーホック 45 16 0 8 48 32 +16
4 デンソー 34 11 4 9 46 38 +8 [1]
5 ソニー仙台 26 9 1 14 29 42 -13
6 大塚 25 8 2 14 35 47 -12 [1]
7 ジャトコ 25 8 3 13 40 53 -13
8 横河電機 20 7 0 17 26 43 -17
9 国士舘大学 16 6 0 18 36 65 -29
  1. ^ a b c 天皇杯出場権獲得

備考

Jリーグ参入ライン

得点ランキング編集

表彰編集

入れ替え編集

JFL→J2編集

1999年11月16日に開催された日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の理事会において3位の水戸ホーリーホックのJリーグ加盟が全会一致で正式に承認された[1]

地域リーグ→JFL編集

全国地域リーグ決勝大会で優勝したアローズ北陸と準優勝した栃木SC、全国社会人サッカー連盟の推薦により教育研究社全日本大学サッカー連盟の推薦により静岡産業大学がそれぞれJFLへ昇格した。

横浜FCについて編集

横浜FCはこの年「準会員」としてJFLに参加していた。次年度については「4位以上で正会員、5位以下なら全国地域リーグ決勝大会に参加し、そこから改めてJFL昇格を目指す」ことになっていたが、優勝したため正式にJFLに参加することとなった。

海外遠征編集

JFL選抜チームを編成し、8月から9月までバングラデシュで開催されたバンガバンドゥカップ1999英語版に出場した。

選手編集

Pos 選手名 所属
GK 水原大樹 本田技研
GK 本間幸司 水戸ホーリーホック
GK 佐々木仁 水戸ホーリーホック
DF 武川勝徳 ソニー仙台
DF 井口博一 デンソー
DF 百武義成 デンソー
DF 小井土佳央 大塚
DF 渡辺卓 水戸ホーリーホック
DF 依田博樹 横河電機
MF 横瀬善行 大塚
MF 徳重隆明 デンソー
MF 安間貴義 本田技研
MF 片岡功二 大塚
MF 阿部裕二 ソニー仙台
MF 磯野修久 水戸ホーリーホック
FW 鈴木滋 本田技研
FW 高橋隆 国士舘大学
FW 松木秀樹 ジャトコ

出典:[2]

試合結果編集

グループD編集


JFL選抜 5 - 0   セメン・パダンFC
松木秀樹   -分-分-分
鈴木滋   -分
渡辺卓   -分

  U-19クウェート代表 0 - 1 JFL選抜
松木秀樹   -分

準決勝編集


1999年9月5日
JFL選抜 3 - 2   U-19韓国代表
横瀬善行   -分
鈴木滋   -分
渡辺卓   -分
曺宰榛   -分
李天秀   -分

観客数: 10,000人

決勝編集


1999年9月7日
JFL選抜 3 - 2   ガーナオリンピック代表
片岡功二   -分-分
高橋隆   -分
Razak   -分
Amadu   -分

観客数: 35,000人

この結果、JFL選抜がバンガバンドゥカップ英語版の初優勝を果たした。

脚注編集

  1. ^ 「念願達成「やったー」ホーリーホック、サッカーJ2昇格」朝日新聞、1999年11月17日、2016年7月4日閲覧
  2. ^ 「ニュース・スクエア」 『週刊サッカーマガジン』 ベースボール・マガジン社、1999年9月29日号 No.730、96頁。

関連項目編集

外部リンク編集