第38回アニー賞は、2010年のアニメ作品やアニメの振興に貢献した人物を対象としており、2011年2月5日ロサンゼルスロイス・ホールで授賞式が行われた。

ヒックとドラゴン』がノミネートされた全10部門全てを制した[1]

受賞・ノミネート編集

作品賞編集

長編アニメ映画賞編集

短編アニメ映画賞編集

テレビコーマーシャルアニメ賞編集

  • Children's Medical Center - DUCK Studios
    • Frito Lay Dips "And Then There Was Salsa" - LAIKA/house
    • ‘How To Train Your Dragon' Winter Olympic Interstitial "Speed Skating" - ドリームワークス・アニメーション
    • McDonald's "Spaceman Stu" - DUCK Studios
    • Pop Secret "When Harry Met Sally" - Nathan Love

テレビアニメ賞編集

子供向けテレビアニメ賞編集

アニメゲーム賞編集

部門賞編集

アニメ映画視覚効果賞編集

テレビアニメ・キャラクター賞編集

アニメ映画・キャラクター賞編集

実写映画・アニメキャラクター賞編集

テレビアニメ・キャラクターデザイン賞編集

アニメ映画・キャラクターデザイン賞編集

テレビアニメ監督賞編集

アニメ映画監督賞編集

テレビアニメ音楽賞編集

アニメ映画音楽賞編集

テレビアニメ美術賞編集

アニメ映画美術賞編集

テレビアニメ・ストーリーボーディング賞編集

アニメ映画・ストーリーボーディング賞編集

テレビアニメ声優賞編集

アニメ映画声優賞編集

テレビアニメ脚本賞編集

アニメ映画脚本賞編集

功労賞編集

ウィンザー・マッケイ賞編集

参考文献編集

  1. ^ 38th Annual Annie Nominations” (英語). アニー賞. 2011年3月4日閲覧。

外部リンク編集