信越地方

長野県と新潟県の総称

信越地方(しんえつちほう)は、長野県新潟県の総称である。令制国名の信濃国越後国に因むが、旧佐渡国である佐渡島も一括りにすることが多い。

信越地方のデータ
2県の合計
日本の旗 日本
面積 26,167.69km2
推計人口 4,163,593
(2023年1月1日)
人口密度 159.1人/km2
(2023年1月1日)
位置

北陸3県富山県石川県福井県)と併せて、北信越地方(ほくしんえつ)や北陸信越地方と呼ぶこともある。また、群馬県と併せて上信越地方山梨県と併せて甲信越地方と呼ぶことがある。

「信越」を冠する企業・名称など編集

地域編集

新潟県・長野県はそれぞれ上越中越下越佐渡北信東信中信南信に区分できるが、このうち両県の結びつきが強いのは上越地方と北信地方である。

上越地方の海水浴場は「長野県の海」と称されるほど、夏期には北信に限らず塩尻市以北からの利用客も多い。上越地方から長野市内に越境通勤、通学する人も、多くはないが見られる。上越市にはかつてながの東急百貨店のサテライトショップもあった[1]

一方、長野県の東信佐野坂峠以北を除く中信南信、新潟県の十日町市中魚沼郡を除く中越下越佐渡では相手の県との繋がりは薄い。

交通編集

県庁所在地である長野市新潟市を直通する公共交通機関としては、長電バス新潟交通が運行する高速バス長野 - 新潟線がある。かつては国鉄・JRが特急「みのり」や急行「赤倉」などを運行していた。

以下、新潟県と長野県の両方に関連するもののみ掲載。

鉄道編集

道路編集

高速道路
一般国道

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “ながの東急百貨店、上越市から集客強化―来月のセール、チラシ3万枚配布”. 日本経済新聞. (2000年2月16日). p. 3 地方経済面 長野 

関連項目編集