メインメニューを開く

東部方面後方支援隊(とうぶほうめんこうほうしえんたい、JGSDF Eastern Army Logistic Support Troop)は、東京都練馬区朝霞駐屯地に所在する東部方面隊隷下の後方支援部隊である。方面直轄部隊および富士施設通信高射学校並びに同校隷下の教導隊に対する後方支援・不発弾処理を任務とする。

東部方面後方支援隊
創設 2002年平成14年)3月27日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 武器科需品科輸送科
兵種/任務/特性 後方支援
所在地 東京都 練馬区
編成地 朝霞
上級単位 東部方面隊
担当地域 関東甲信越静岡県
テンプレートを表示

平成13年度末に東部方面武器隊および東部方面輸送隊、方面直轄部隊の整備要員を統合して編成した。

目次

沿革編集

  • 2001年(平成13年)3月26日:東部方面武器隊本部に編成準備隊を設置。
  • 2002年(平成14年)3月27日:東部方面隊の補給・整備機能を集約・統合して東部方面後方支援隊が新編。
    • 通信学校整備課を廃止し、通信教育直接支援中隊を新編。
  • 2011年(平成23年)4月22日:
    • 第6地対艦ミサイル連隊の廃止に伴い、第301特科直接支援中隊を廃止。
    • 第31普通科連隊が新編された東部方面混成団隷下に異動したことに伴い、第1後方支援連隊第2整備大隊第2普通科直接支援隊を廃止し、東部方面後方支援隊第302普通科直接支援中隊を新編。
  • 2013年(平成25年)3月26日:第48普通科連隊東部方面混成団隷下に異動したことにに伴い、第12後方支援隊第4普通科直接支援小隊を母体に、第303普通科直接支援中隊を新編。
  • 2016年(平成28年)3月28日:第389施設中隊の廃止に伴い、第102施設直接支援大隊第1直接支援中隊古河派遣隊を廃止。
  • 2017年(平成29年)3月27日:第302弾薬中隊(霞ケ浦駐屯地)を新編。
  • 2018年(平成30年)
    • 3月26日:第364施設中隊(駒門駐屯地)の座間駐屯地移駐に伴い、第102施設直接支援大隊第1直接支援中隊駒門派遣隊を廃止。東部方面輸送隊第102輸送業務隊を廃止し、中央輸送隊の第3方面分遣隊に改編(3月27日)。
    • 3月27日:第103補給大隊を新編[1]

部隊編成編集

特記ないものは朝霞駐屯地所在。

主要幹部編集

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
東部方面後方支援隊長 1等陸佐 重村和幸 2018年03月23日 陸上自衛隊関東補給処古河支処長
副隊長 1等陸佐 浅見勇学 2019年08月01日 陸上自衛隊関東補給処装備計画部長
歴代の東部方面後方支援隊長
(1等陸佐(一))
氏名 在職期間 職種 出身校・期 前職 後職
01 松永國博 2002年03月27日 - 2003年04月01日 高射特科 防大15期 東部方面総監部装備部長 退職(陸将補昇任)
02 大久保利通 2003年04月01日 - 2005年01月11日 通信科 防大18期 陸上幕僚監部装備部通信電子課長 通信団
03 山下富雄 2005年01月12日 - 2007年07月02日 武器科 生徒16期 陸上自衛隊研究本部主任研究開発官 陸上自衛隊北海道補給処副処長
04 小林英彦 2007年07月03日 - 2009年07月20日 通信科 金沢大学大学院
昭和56年卒
北部方面総監部人事部長 第1師団副師団長
練馬駐屯地司令
05 相澤傑 2009年07月21日 - 2011年08月04日 警務科 防大24期 陸上幕僚監部警務管理官 警務隊
06 滝口龍治 2011年08月05日 - 2013年08月21日 通信科 防大27期 中部方面総監部人事部長 第6師団副師団長
神町駐屯地司令
07 池田一敏 2013年08月22日 - 2016年03月23日 高射特科 防大27期 西部方面総監部総務部長 退職(陸将補昇任)
08 福田洋司 2016年03月23日 - 2018年03月22日 武器科 防大30期 中部方面総監部装備部長 陸上自衛隊九州補給処副処長
09 重村和幸 2018年03月23日 - 防大31期 陸上自衛隊関東補給処古河支処長

主要装備編集

脚注編集

関連項目編集