メインメニューを開く

第54回ベルリン国際映画祭2004年2月5日から15日まで開催された。

目次

概要編集

コンペティション部門の長編映画23本を含め、365本の作品が上映された。最高賞である金熊賞を受賞したのは、トルコ系ドイツ人監督ファティ・アキンの『愛より強く』であった。

受賞編集

上映作品編集

コンペティション部門編集

長編映画のみ記載。アルファベット順。邦題がついていない場合は原題の下に英題。
題名
原題
監督 製作国
20.30.40の恋
20 30 40
シルヴィア・チャン   香港  台湾  日本
冬の25度
25 degrés en hiver
ステファーヌ・ヴュイエ   ベルギー  フランス
  スペイン  ロシア
やさしくキスをして
Ae Fond Kiss...
ケン・ローチ   イギリス  ベルギー  ドイツ
ビフォア・サンセット
Before Sunset
リチャード・リンクレイター   アメリカ合衆国
親密すぎるうちあけ話
Confidences trop intimes
パトリス・ルコント   フランス
イン・マイ・カントリー
Country of My Skull
ジョン・ブアマン   イギリス  アイルランド  南アフリカ共和国
Die Nacht singt ihre Lieder
(Nightsongs)
ロムアルト・カルマカル   ドイツ
僕と未来とブエノスアイレス
El abrazo partido
ダニエル・ブルマン   アルゼンチン  フランス
  イタリア  スペイン
赤信号
Feux rouges
セドリック・カーン   フランス
Forbrydelser
(In Your Hands)
アネット・K・オレセン   デンマーク
愛より強く
Gegen die Wand
ファティ・アキン   ドイツ  トルコ
La vida que te espera
(Your Next Life)
マヌエル・グティエレス・アラゴン   スペイン
そして、ひと粒のひかり
Maria Full of Grace
ジョシュア・マーストン   アメリカ合衆国  コロンビア
モンスター
Monster
パティ・ジェンキンス   アメリカ合衆国
Om jag vänder mig om
(Daybreak)
ビョルン・ルニイェ   スウェーデン
Primo Amore
(First Love)
マッテオ・ガローネ   イタリア
サマリア
사마리아
キム・ギドク   韓国
Svjedoci
(Witnesses)
ヴィンコ・ブレシャン   クロアチア
The Beautiful Country ハンス・ペテル・モランド   アメリカ合衆国  ノルウェー
ファイナル・カット
Final Cut
オマー・ナイーム   カナダ  ドイツ
ミッシング
The Missing
ロン・ハワード   アメリカ合衆国
エレニの旅
Τριλογία - Το Λιβάδι που Δακρύζει
テオ・アンゲロプロス   ギリシャ  イタリア
  フランス  ドイツ
三重スパイ
Triple agent
エリック・ロメール   フランス  イタリア  スペイン

コンペティション外編集

日本映画編集

コンペティション部門に日本映画は出品されなかった。パノラマ部門において、荒戸源次郎の『赤目四十八瀧心中未遂』、石橋義正の『The Fuccon Family ザ・フーコン・ファミリー』、行定勲の『きょうのできごと a day on the planet』が、フォーラム部門で三池崇史の『着信アリ』とSABUの『ハードラックヒーロー』、清水宏の『簪』『港の日本娘』『歌女おぼえ書』、森崎東の『ニワトリはハダシだ』、青年映画部門で荻上直子の『バーバー吉野』が上映された。

審査員編集

外部リンク編集